バイオハザード7主人公は?内容レビューあり(ネタバレ注意)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

26e4f884

前のページに続いて、ここからは体験版のレビューになります。

ネタバレ注意です。

気になる主人公は・・・?

最後に、ラスボスや主人公までのストーリー詳細記事を書いていますので、

よろしければご参照ください。

スポンサーリンク

3 バイオハザード7 体験版の感想 結局主人公は誰なの?

まず、主人公視点で物語が始まります。

舞台はとある廃れた洋館(廃屋)。

歩き回っていると、外人男性2人と合流。

一緒に内部を探索していきます。

主人公の手を見ると、どうやら女性のよう・・・。と思いましたが、

息遣いは男性っぽいです。

名前はクランシー。

クランシ―はカメラマンのようです。

どうやらプロデューサー含むクルーと一緒に撮影に来た様子。

所々、カメラのポーズが入ります。

ひたすら暗い館の中を、懐中電灯で進んでいきます。

途中にはマネキンやら腐った食べ物やら・・・。

本当にバイオハザード1を彷彿とさせます。

正直、怖いです。

深夜にプレイできません。

さらに進んでいくと、

クルーの一人が突然いなくなり・・・

探すと、既に何者かにやられています。

館から脱出しようとすると、

突然何者かにボコッとやられ、縛られた状態で復活。

そして・・・。

それを仲間にほどいてもらっていると、背後から来たナニモノかに仲間が・・・。

リアルすぎる・・・。

次にそのナニモノかは主人公の方をギラリとみます。

そして最後に、ナニモノかの顔が画面に広がります。

あれ?これで終わり?

再び、最初に戻ります。

もしかして、正規ルートを見つけなきゃ、ダメなのかな・・・。

いろいろアイテムを探したり、マネキンを動かしたり。

でも、結局最後は同じような展開で終わり。

うーむ。

どうやらカメラマンの過去を探っているような感じで、何度もリピートされながら、正しい道を探す感じなんでしょうか。

ちょっとわかりませんでした。

というか、クランシ―って誰!?Σ(゚д゚;)

よく分かりませんが、とりあえず体験版の感想はここまでです。

たぶんクランシ―他は皆・・・。

だから、本編でその調査から始まるのか、あるいは別の場所から始まるのか。

少なくとも、バイオハザード6の中国のように、散々荒らされた後、ゾンビがあふれた世界ではないようです。

カメラマンがいるということは、何かしらの異常があって、それをテレビ局が調査に来てた感じでしょうか。

そこから、どんどん感染が広がって・・・というパターンのようにも思えます。

結局はミサイルでどかーん、というパターンがお決まりですが、

サブタイトルが「The war ends now」なら、なんらかの形で決着がつくはず・・・。

というわけで、バイオハザード7体験版レポートでした!

バイオハザード7の発売日は2017年1月24日。

プレイステーション4にて、プレイステーションVRにも完全対応です!

また、ストーリーについてランタンやジャック一家から考察しています。

以下にストーリー詳細の最新記事を載せていますので、よろしければどうぞ。

バイオハザードの映画のネタバレは以下より。

よろしければどうぞ☆

いいね!シェアする♪