バイオハザードヴェンデッタ黒幕の組織&グレン・アリアスの正体と悲しい過去とは?(ネタバレ注意)【バイオハザード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

かれん
今日はヴェンデッタの黒幕の組織は一体なんだったのか。そして、グレン・アリアスはどうしてこんな事件を引き起こしたのか考察します♪
さくら
前回、最後にモンスターグレンを倒した後、指輪が落ちた・・・という描写がありましたが、それに関係あるのでしょうか?
かれん
うんうん!そうなんだ。グレンも実は過去に悲しい出来事があって今回の凶行に至ったんだよ。そして、彼を支援していたのはなんと・・・以下、ネタバレ注意です♪
新着記事

その他の最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

バイオハザードヴェンデッタ黒幕の組織&グレン・アリアスの正体と過去とは?(ネタバレ注意)【バイオハザード】

全体のストーリー考察は↓からどうぞ☆

ウィルスの正体についてはこちらからどうぞ♪

スポンサーリンク

著作権などはバイオハザードヴェンデッタ公式に帰属いたします。

以下、画像は公式より引用。

1黒幕グレン・アリアスの正体と目的とは?

今作のラスボスとしてクリスたちの前に立ちはだかったグレン・アリアス。

元軍人であり武器商人。国際指名手配犯でもある。

ある事件をきっかけに、新型ウイルスを使ったバイオ・テロを目論む。

現在の肩書は武器商人。

しかし、元々は理論派で冷静沈着な実業家で、飲料水の製造に限らず幅広い展開を行っている「アグア社」の設立者でもある、となっています。

今回のテロも、アグア社(A-GUA)のミネラルウォーターにまぜたウィルスをばらまき、全員に感染させた状態から始まりました。

つまり、肩書きとしてはアグア社という世界的な飲料水メーカーの社長であり、かつ武器商人でもあったということです。

グレンの目的は、

「理不尽な世界の不均衡を正すこと(冷静)」

「愛した人々をよみがえらせること(愛情)」

「世界を崩壊させ、ゾンビだけの世界にすること(復讐)」

という3つに分かれていました。

なぜ、そんな考えを持つに至ったのか・・・実は彼にはとても悲しい過去があったのです。。

2グレン・アリアスの悲しい過去とは?

捕らえられたレベッカが連れてこられたのは、プロジェクターで結婚式の風景が映し出された部屋。

そこでグレンは彼の過去を語り、愛する人の写真を見せます。

グレンはもともと飲料水の社長でしたが、武器商人もやっていたために某国の指名手配犯になります。

そして、とある日。

そこには若き日のグレンと親族、そして隣には愛する妻となる女性がいました。

彼女の名前は「サラ」。

その姿はレベッカそっくりなのです。

さらに側には、上記画像のマリア・彼女のお父さん(または夫)であろうディエゴの姿がありました。

ディエゴはグレンの友人だったようです。

サラはグレンに微笑み、時は結婚式の際中。

サラにグレンが結婚指輪をはめる場面でした。

2人ともとても幸せそうな顔をしています。。

しかし――。

そこで某国は指名手配犯のグレンに向けて、プレデター(無人攻撃機)によるスマートミサイルで爆撃をしかけます。

幸せで平和な結婚式は一瞬で惨劇の舞台に・・・(´;ω;`)

生き残ったのは、グレン、ディエゴ、マリアの3人だけ。。。

そしてグレンの手にはサラの腕だけが残っていました。

結婚指輪をはめるときにつかんでいた腕だけが・・・。

これが若き実業家グレン・アリアスを凶行へと導いた原因だったのです。。。

スポンサーリンク

3その後、グレンは黒幕組織と接触。バイオテロを決意

その後、グレンは地下に潜ります。

表舞台からは姿を消し、

組織に接触。

ウィルスを手に入れます。

全ては自分の家族、そしてサラを奪った世界に復讐を果たすために。

その黒幕の組織が、かつてバイオハザード4ででてきた「ロス・イルミナドス教団」だったのです。

東欧の田舎の村の領主だった「サラザール家」に取り入り、そこに眠っていた「寄生体プラーガ」を復活させ、村人たちに感染させた教団です。

最後はレオンによってモンスターとなった教主は倒され、教団は滅亡したかのように見えました・・・。

しかし、実は残党が生き残っており、今回のウィルスの種を提供したとのこと

ウィルスについては詳細を次の記事に書きますが、プラーガと同じ特色を持っています。

まだバイオ4の組織が生き残っていたんですね!

これには結構驚きました。

4グレンの悲しい最後

「あのとき、私の時間は止まった・・・」

と寂しそうに語るグレン。

そして

「もう一度止まった時間を動かそう」

と、グレンはサラそっくりのレベッカをさらい、彼女を自分の嫁にしようとしていました。

周囲には棺桶に入れられ、動いている彼の親族たち。

サラの腕も冷凍保存され、そこには彼がかつて渡した指輪が残っていました。

「結婚式をやり直す。今度は君と。私は過去を克服する!」

「いいアイディアがある・・・君の腕とサラの腕を交換しよう。きっと君も心が代わるよ」

ともはや精神的におかしくなってしまっているグレン。

最終的にレベッカに拒否されたことで、彼はレベッカをモンスター化させてしまおう(そうすれば、忠実な僕になる)と考えます。

ここから本編での手術につながります。

彼の親友だったディエゴそして、マリアも同じく復讐のためにグレンに協力します。

3人はともにウィルスによって肉体を強化。

特にディエゴは、拘束具がなければウィルスに完全に汚染されてしまい、完全な触手のモンスターになってしまいます

(おそらくウィルス耐性がなかったのか。あるいはプラーガの親玉を体に入れているせいかも)

マリアもかつては笑っていた感情豊かな美女でしたが、今では肉体改造の結果、感情を失い、ミッションをこなすだけの存在になってしまっています。。

そして、最終的に触手のモンスターとなったディエゴをグレンが取り込み、

こんな姿に。。

そしてクリスたちによって最後を迎えます。

最後に彼の指から落ちたのは、サラに渡していた結婚指輪という結末でした。

彼やサラもまた悲しい戦争の犠牲者だったんですね。(´;ω;`)

そしてラストに出てくるのは、やられたディエゴの仮面を見つめ、復讐に燃えるマリアの姿・・・。

復讐の連鎖はまだ続きそうです。

彼女が今後どのように絡んでくるのか。

バイオハザード8で黒幕組織に接触するのか。

あるいは続編で描かれるのかは分かりません。

でも、カプコン公式の映画なので、今後間違いなく再登場すると思います。

かれん
う~ん、やっぱり悲しい復讐の連鎖はまた復讐を生むだけなんですね・・・グレンもまた悲しい過去があったということ。次回は、原因のウィルスについて詳細を考察します。今回のウィルスはかなり特殊なので、面白いです☆

スポンサーリンク

バイオハザード7およびシリーズの黒幕考察もよろしければどうぞ(^^♪