バイオハザード7エンドオブゾイのストーリー考察(ネタバレ注意)ゾイは最後どうなったのか?ジョーの正体とは?

かれん
ついに12月14日に、楽しみにしていたバイオ7の追加dlc「not a hero」が配信されます!そしてそして・・・
さくら
ゾイさんを主役にした、「エンド オブ ゾイ」というDLCも配信されるんですよね!
かれん
うんうん! そうなんだよ~♪バイオ7にはミアルートとゾイルートがあって、ゾイルートを選んだら、ゾイが途中で灰になり、ミアも救えない・・・というバッドエンドだったよね。今回は、ミアルートで、ゾイは最後どうなったのかが描かれるみたい!
さくら
ゾイさんはイーサンを助けるためにかなり努力していましたから、正規ルートではぜひ救われてほしいです。。
かれん
うんうん。そうだよね~。今回はなんと新キャラクター「ジョー」も登場して、彼がゾイを救うストーリーになるみたいだよ♪最後彼女はどうなるのか・・・ジョーの正体も考察してみよ~♪

最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

バイオハザード7エンドオブゾイのストーリー考察(ネタバレ注意)ゾイは最後どうなったのか?ついに明らかに!

※当記事は、発売前情報を総まとめして、バイオハザード7本編と「エンドオブゾイ」のストーリーとPVをご紹介する内容になっています。

発売&クリア後に詳細レビューと考察を載せたいと思います♪

スポンサーリンク

1まずは簡単にバイオハザード7のストーリーをおさらい♪

発売が1年近く前なので、もうストーリーもうろ覚え・・・という方のために、簡単にバイオ7のストーリーをご紹介したいと思います。

詳細なストーリーは以下のページに載せています。

以下、ネタバレ注意です!

舞台はアメリカの田舎。

そこに暮らしていたベイカー一家(画像)は、ある日「エブリン」と呼ばれる少女を嵐の中、救出します。

しかし、エブリンは組織が作り出した「BOW(生物兵器)としての人間」

カビの宿主として、彼女はベイカー一家を感染させ、

彼らを凶暴かつモンスターへと変貌させてしまいました。。。

(次第に家族が狂っていく、そのいきさつは以下のページにまとめています)

時は流れ、バイオ7の主人公「イーサン」は行方不明となっていた恋人「ミア」を探しに、ベイカー邸へとやってきます。

主人公、イーサン。プレイヤーは主人公目線なので、実際にその姿が確認できるのは、倒れたこの場面だけという仕様でした。

しかし、イザ、ベイカー邸に入ったが最後、そこは、

変貌したミア、いくら倒しても倒れずに追ってくる「お父さん ジャック」、ランタンを持った「お母さん マーガレット」、「サイコパスにして天才 ルーカス」

という4人の敵と、変貌した人間の成れの果て、「モールデッド」たちの巣窟だったのです。

恋人だったはずのミア。正直、一番怖い。

始めてすぐにゲームを投げ出したくなった思い出(深夜)。

お父さん ジャック。本当はすごく優しい人。歴代バイオでは最強の耐久力。

このゲームは中盤までお父さんに追いかけられるゲームと言っても過言ではない。怖い。(´;ω;`)

最後はモンスターになるが、これはあんまり強くない。

マーガレットお母さん。虫に好かれている。彼女も優しい人(たまに「逃げなさい」と声をかけてくれる)。

一番最初にエブリンによって、変異。とにかく不味い料理を食べさせようとする。ここまで来るとほとんど怖くない。

ルーカス。天才児にしてサイコパス。家に来た人間や友人を実験台にして遊んでいた。

ゾイと同じく耐性があり、意識を保っている。

最後、イーサンによって爆弾を投げ返されて自爆。(´;ω;`)

しかし、逃げおおせており、NOT A HEROの敵として登場。

そんな彼らとの闘いの末、真実を知っていくイーサン。

物語は、

1実はミアは組織の工作員だった。

エブリンはとある組織によって、南米へ運ばれる船の中で暴走したBOW。その結果、船の乗員はミア以外全滅。ベイカー家の近くに難破したことで、ベイカー家が巻き込まれる。

という結末にたどり着きます。

イーサンは幻覚のエブリンを追い、最終的に老婆として存在していた実在のエブリンと対峙。

実は、少女の姿のエブリンは彼女が見せていた幻であり、実際は老婆。

しかし、BOWとしての彼女は通常の25倍で老化するため、精神はまだ少女

そう思うと、すごくかわいそうな気がする。

・・・でも、エブリンも凶暴かつサイコパスなので、危険に変わりはない。

ラストは、巨大化したエブリンと戦い、イーサンは無事救出したミアと共に脱出するのでした。

・・・というのが、正規ルートのストーリーでした♪

スポンサーリンク

2ゾイエンドと正規ルートの違いって?エンドオブゾイのルートは?

ここで今回の主役であるゾイについて。

彼女はベイカー一家の長女で、感染者なのですが、耐性があったためにエブリンに精神まで汚染されず、主人公イーサンを随所で助けてくれていました。

そして、途中で入手した「血清」をミアかゾイのどちらに使うか――。というのが分岐ルート。

ここで、ゾイを選んだ場合、

彼女はすぐに石灰化し、結局ミアも助からず、主人公一人で脱出する、というバッドエンドでした。

血清はすぐに打てば効果はあるが、感染から時間を経たものには効果がない。

結局ゾイはエブリンの支配から逃げ出せずに、完全にカビによって石灰化した。この後、ミアがどうなったのかは、下のページをご覧ください♪

つまり、ゾイを選んだゾイルートでは、二人ともいなくなるため、

正規ルートのミアを選んだ場面が今回「エンドオブゾイ」にて描かれるということです。

正規ルートでは、ミアに血清を打ち、その結果、ミアは汚染に打ち勝って、最終的に主人公と一緒に脱出します。

しかし、ゾイがどうなったのかは謎のままだったのです。

エブリンは倒したので、支配からは抜け出したはず。

しかし、感染は進んでおり、血清もないため救いようもない。

最後に出てきたのは、

主人公の頭の中で会話する、という場面だけでした。

感染者の頭の中は、カビのネットワークによってつながっており、そこでイーサンはゾイとジャックとつながりました。

ジャックは、血清を打たれていましたが、体が完全にモンスターに変異していたため、そのまま石灰となり、人間に戻ることは無理だったのでしょう。

しかし、ゾイは?というのが、今回描かれる内容になります。

長くなりましたが、いよいよエンドオブゾイのストーリー考察です。

3エンドオブゾイのストーリーを考察(一部ネタバレ注意)

以下、エンドオブゾイの最新情報とPVをまじえた考察になります。

こちらがエンドオブゾイのPVになっています。

と言っても、でてくるのは森の中で石灰化が進み、ほとんど動きが取れないゾイ。

物語は、バイオ7の本編→not a heroでクリスがルーカスを倒す→エンドオブゾイという一番最後の時系列になっています。

バイオ7の本編と違い、こちらはエブリンの支配から抜け出したからか、綺麗なクリスタル上の石灰となっています。

ゾイルートの石化したゾイではないか?という考察もありますが、

ゾイルートのゾイはあの場で〇んでいたはずで、また石化の進み具合も違うため、これはミアルートだと思われます。

ゾイルートのゾイ。首元を見ると違いがよく分かるが、腕といい、もはや生存している可能性は低い。また、エンドオブゾイでは髪がかなり伸びていることから、時間が経過していることが分かる。

そして再び動き出した彼女。

たどり着いた湖畔の近くの森で倒れ、そこで新たな登場人物「ジョー」と出会います。

ジョー。ジャックにそっくりだが、湖畔の小屋で一人で暮らしている。ゾイを森で見つけ、小屋に連れ帰って介抱する。

そして、エンドオブゾイのあらすじは、このジョーが主人公となって、ゾイを救うために奔走する・・・という話になるようです。

しかし、血清もなく、石灰化が進んでいるゾイを救えるのか・・・。

タイトルのエンドを考えても「ゾイの最後」として、最後は救われないんじゃないか?と想像してしまいます。

ただ、もしも、以前考察した「組織」が出てきて、そこで完全な血清を手に入れられたなら

ゾイは救われることになりえます。

場面は、ベイカー家より離れ、さらにnot a heroにて「クリスvsルーカス」が描かれるのであれば、敵としてありえるのは、

「研究対象としてのゾイを確保したい組織」

「感染が拡大し、範囲を広げたモールデッド」

「実はまだやられてなかったエブリン」

の3つだからです。

バイオ7では、エブリンを作った組織も、H.C.Fという巨大組織も謎のままでしたので、これが出てくる可能性もあります。

新しく進化した、モールデッドの姿も・・・?

燃え盛る小屋からゾイを抱えて逃げるジョー。

小屋がベイカー家のように複雑な研究施設である可能性は低く、だとするとこれは、序盤のシーンということになりえます。

ここからどこに行くのか。

ジョーは、人里離れて一人で暮らし、さらに自給自足のスキルも持っているということから、かつて軍人か、組織の人間という可能性もありえます。

彼の正体についても、エンドオブゾイの見どころになりそうです。

考察をまとめると、

1エンドオブゾイは、バイオ7の最後尾にあたる話である。

2ゾイはミアルートの生き残っていたゾイの可能性が高い。

3敵は組織の可能性が高い。有料なので、ボリュームも期待できそう。

4ジョーの正体とは?が一番気になるところ。

ということになります☆

クリア次第、ストーリー考察をネタバレありで、アップしたいと思います。

これからバイオ7をプレイされる方は、「ゴールドエディション」を購入されるのが良いと思います。

1.「ゲーム本編」
2.DLC「Banned Footage Vol.1&Vol.2」
3.DLC「End of Zoe」
の全てセットになって、4000円~となっています。

【エンド オブ ゾイのDLC価格と発売日】
配信予定日:12月14日
販売価格
・PS4/PC(STEAM版、Windows store版):1,389円+税
・Xbox One:1,400円+税
※既販売中の“シーズンパス”に本コンテンツは含まれていません。プレイするには別途購入が必要となります。

かれん
というわけで、今回はバイオ7のエンドオブゾイのストーリー考察でした。12月は他にFF15のDLCも出るので今から楽しみです♪そちらも考察予定です

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございました♪

もしお役に立てましたら、シェアやお気に入りなどしていただければすごくうれしいです☆(#^^#)

この記事をお届けした
まったり☆ストーリー考察部屋 otakaranet.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

以下は自由コメント欄です♪(n*´ω`*n)

批判や暴言などはお控えください(><)

また、管理人へはお問い合わせページよりお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ