イギリスのEU離脱による影響を簡単にまとめてみました。今後の動向はどうなる?(池上さん解説も)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ロンドン, 議会, イングランド, ベンベン, ウェストミンスター, タワー, 市, イギリス, 旅行

かれん
この前のEU離脱は歴史的な国民投票だったよね
さくら
正直なところ、どうして離脱しちゃったのか分からないです・・・
かれん
難しいよね。今日はこのニュースについて簡単にまとめてみたよ♪
さくら
楽しみです♪

イギリスのEU離脱問題を分かりやすくまとめてみた

スポンサーリンク

1 そもそもどうしてイギリスは離脱しちゃったの?

ロンドン, タワー ブリッジ, ブリッジ, モニュメント, 興味の場所, 建物, アーキテクチャ, 道路, 川

今回イギリスが離脱するまでの経緯を簡単に言うと・・・

1 イギリスにとってマイナス要素が多かった

EUの負担金は毎年1兆5000億円以上。見返りにEUから直接与えられる補助金などその半分に満たなかった。

・EU法は細かすぎて、2万6千の法規でイギリスを束縛。自由に物事を決められなくなった。

・同じEU加盟国のルーマニアやブルガリアでは月2万5千円ほどの最低賃金だが、イギリスは月15万円ほど。その結果、EU側の要請の移民受け入れ策で、移民が大量に流入。

人々(特に労働者階級)の仕事が奪われ、最低賃金も移民に合わせた結果、賃金も下がってしまった。

・一部の病院などは移民にあふれ、街中でも移民による勝手な主張や縄張り地域ができてしまった。一部で治安も悪化。

・イギリスは社会保障が手厚く、16歳まで学校は無料で、医療費も完全無料。それは税金を支払えない移民にも適用される。そのため、財政を圧迫。

2 そこをイギリス独立党、特に党首のファラージ氏が猛烈にアピール

国民の生活が苦しいこと、財政を圧迫しているのは、「全て移民のせい」と主張。

2兆円弱のEU負担金を国内で医療の充実などに使うべき!国のルールは自分たちで決めるべきとも主張。

人々は、生活の不満からこの主張に引き付けられます。

3 人々の不満が募り、離脱の声が高まると、「それを抑え付けるために」キャメロン首相があえて国民投票を決断

キャメロン首相の読み

「まず、離脱はありえない。だから国民投票をすることで離脱派の人に残留が国家の総意ですよと分かってもらおう」

「国民投票をすれば、EUにも離脱するぞと脅しをかけられるし、負担金減らしてもらったり、優遇してもらえるかも・・・しめしめ」

国民

「実際の離脱には反対だけど、少しでも不満があることを示しておこう→離脱に投票

結果

「離脱派が上回りました」

キャメロン首相・国民「そんな馬鹿な!!・・・orz」

Britainとregret(後悔)を合わせたBregretという言葉が誕生←今ここ

国民投票の怖さは、一部の扇動政治家によって、総意が感情で簡単に書き換えられてしまうことです。

これは古代ローマ帝国でも衆愚政治として横行していました。

民主主義だからって、なんでも国民投票にすればいいと言うわけではないんですね・・・。

4 結果、世界経済にも大打撃。なぜ?

今回の離脱問題を受けて、どうして経済が悪化したのかまとめてみると・・・。

【世界中の投資家たち】

「イギリスが離脱!?EUはイギリスが支えていたのに、抜けたらEUは大変だ!ポンドやユーロは売ってしまおう。買うのは、安定してる円がいいな

そして、円が99円台まで高騰。つまり、これまで108円ほどで買えたものが、日本円だと99円で買えてしまうということに。

円が高騰すると、海外のお金の価値が下がるので、海外では日本製品が高くなってしまいます。その結果、日本企業の業績が悪化(すると投資家は予想します)

結果的に、日本の株が売りに出され、日経平均株価はリーマンショックを超える勢いで下落しました。安倍首相のリーマンショック級の経済悪化がまさに実現されてしまったわけです。

2に続きます→結局、イギリスはEUから離脱して正解だったの?失敗だったの?