ヒラリー・クリントン大統領になったら日本への影響は?メール問題でFBIは逮捕を狙っている!何が問題なのか分かりやすく解説します。政策まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

hillary-1694488_960_720

画像はpixbayより

さくら
前回の投稿で、トランプさんが大統領になった場合どうなるのかは分かったのですが、ヒラリーさんが大統領になった場合はどうなるのでしょうか?
かれん
うんうん。今日はヒラリーさんの政策について簡単にまとめてみるね。メール問題は何が問題なのか、そして日本への影響を分かりやすく解説します♪
新着記事

その他の最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

ヒラリーさんが大統領になったら、日本への影響は?政策を分かりやすく解説します。メール問題は何が問題なのか。

スポンサーリンク

1 国内政策は医療保険制度改革がメイン

ヒラリーさんは民主党内でも、社会保障の充実を求める改革推進派で、

大統領になった後、オバマケア(医療保険制度)を国民皆保険にしていく!と宣言しています。

処方薬の価格引き下げも公約に。

さらに、雇用創出とインフラ整備、最低賃金の引き上げ、男女の賃金格差の解消をメインテーマとし、富豪ではなく、通のアメリカ人」のための経済政策を行うことを公約にしています。

それでは、対外政策として、日本への影響はどのようなものになるのでしょうか?

以下詳しくみてみましょう♪

2 TPP(貿易自由化)は?

TPPに関しては、トランプ候補と同じく

「不参加または離脱」を掲げています。

「アメリカ国民の雇用創出や賃金引上げ、安全保障につながるのであれば賛成するが、現時点でその条件を満たしていない」

と主張。

TPPにアメリカが不参加の場合は、

日本の米農家・畜産農家にとっては「アメリカの安すぎるお米やお肉」と価格競争しなくてよくなるため、大きなメリットに。

一方、自動車・繊維・機械・加工食品産業にとっては、デメリットになります。

日本はそのため、二人の候補が大統領になる前にTPPを可決してしまおうと急いでいますよね。

3 貿易は?

「日本や中国は為替操作によって、意図的に商品を安くしている。不正行為には報復措置をとる」と明言。

現在、日本は円安のために海外輸出が有利な状況ですが、

今後円高にするように圧力をかけてくる可能性があります。

もっとも、円高になると、「石油・食品・ガス・日用品」が安く日本に入ってくるため、メリットもあります。

4 対中政策は?

「中国はサイバー攻撃で大量の政府情報を盗んでいる!ルールを守れない場合は、責任をとらせる」と主張。

一貫して、中国への強硬姿勢を崩していません。

そのため、日本をより重視し、中国をけん制していくものと思われます。

そうなると、中国に進出している日本企業にとってはマイナスに。

一方、日本のアメリカへの競争力は上がります。

専門家の意見では、中国vsアメリカとなれば、

親中国vs反中国(日本含む)の構図は避けられず、

世界が再び冷戦状態になるのでは?という見方があります。

5 日米同盟は?

上記の理由から、日米同盟を重視。

これがトランプ候補ともっとも大きく違う点。

国務長官時代に「リバランス戦略」を主導していました。

これは、中東での失敗を踏まえ、今後の世界戦略は「アジア・太平洋」を中心に展開していく、という戦略です。

貿易はもちろん、軍事、経済にいたるまで、アジア重視。

そのため、日本を拠点として日米安保に重きを置いています

ヒラリー候補のメール流用問題は、一体何が問題なのか。分かりやすく解説します。FBIは大統領就任後の逮捕を狙っている!?

スポンサーリンク

1 メール問題を簡単に解説

問題になっているのは、ヒラリー候補が国務長官時代(2009~2013)に、アメリカ政府の機密情報を私的なサーバーを通して、私的なメールアカウントを使って送受信していたこと。

アメリカでは、「公務に関する情報は公務専用のサーバー・アカウントを利用しなければならない」という決まりがあります。

公務に関する情報=国家の所有物であり、必要に応じて公開する義務もあります。

それを私的に流用していた、ということは「なんらかのやましいこと」があるのではないか?

と疑われているのです。

これに関して、ヒラリー候補は、「必ず公開する」とツイッターで宣言していますが、

5万5000ページに及ぶ内容は未だ非公開。

一体、何が書かれているのでしょうか・・・。

ただ、ヒラリーさんに献金しているのは、

モルガン・スタンレー、ドイツ銀行、フィデリティ証券、ゴールドマン・サックス、UBS、そして噂のCME、GEを筆頭に、各分野の協会団体・業界圧力団体等です。

2年間の講演謝礼総額だけでも、約2166万ドル(約22億円)というとんでもない額。

そして謎のメール。

なんとなく、裏の匂いがしてしまいます・・・。

2 FBIは大統領就任後の逮捕を狙っている!?

再びメール問題で捜査が開始されています。

選挙ギリギリの段階で今更!?Σ(゚Д゚)と思ってしまいますが、

これは意図されたものなのか、オバマ大統領も「今の段階で持ち出すことではない」批判しています。

国際弁護士の湯浅弁護士によると、FBI長官は今の段階で「大統領就任後に夫妻ともども、逮捕を狙っている」ということ。

大統領の不祥事というと、ニクソン元大統領のウォーターゲート事件が有名で、それでニクソン大統領は退任に追い込まれました。

もしもそれを再びしようとしているのなら、すごいです・・・。

FBI長官はそれを成せば、これ以上の名声はないでしょうし、それを狙うのが「今の長官であり、アメリカだ」と湯浅さん。

真意は明らかではありませんが、トランプさんにしろ、ヒラリーさんにしろ、大統領になった後も問題は山積みのようです。

かれん
いよいよ11月8日が大統領選挙!どうなるのか目が離せません!

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございました♪よろしければこちらもどうぞ☆