七つの習慣を簡単に要約してみました。成功と幸せを手にする内容と法則とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

さくら
スティーブン・コヴィーさんの七つの習慣ってよく聞くけど、まだ読んだことないんです
かれん
成功法則をまとめた本だよね。 今は漫画版も出てるし、ティーンズっていう分かりやすい本も出てるよ~♪ 今日は七つの習慣について簡単にまとめてみよっか♪
さくら
はい!お願いします。楽しみです♪

最新記事

最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

7つの習慣の内容まとめ

スポンサーリンク

 そもそも7つの習慣って?

七つの習慣は、リーダーシップ論の権威であるスティーブン・コーヴィーが提唱する成功法則です。

「成功は人格についてくる」の考え方で、まずは人格を成功者のものに変えていくことから始まります。

そのための習慣(毎日の生活に取り入れる考え方)がベストセラー「七つの習慣」です。

現在は、漫画版や子供向けのティーンズも出て、より分かりやすくなっています。

そしてその習慣とは以下のものです。

第一の習慣 主体的である

第二の習慣 終わりを思い描くことから始める

第三の習慣 最優先事項を優先する

第四の習慣 win-winを考える

第五の習慣 まず理解に徹し、そして理解される

第六の習慣 シナジーを創り出す

第七の習慣 刃を研ぐ

う~ん、これだけだとよく分かりません。

以下、それぞれを簡単にまとめてみました♪

第1の習慣 主体的である

主体的ってどういうこと?と思ってしまいますが、

コーヴィーさんによると、「自分の人生に責任を持つこと」らしいです。

つまり、なんでも他人のせいにするのではなく、行動したり、どう感じるか、どう受け取るかを決めているのは本当は「自分自身」だということ。

「あいつが悪い」

「あれさえなければ」

「どうしてこうならないんだ」

というのが、主体的でない生き方で、

「あの人はあの人。自分はこう行動しよう」

「今の自分の状況はこうだ。でも、こうすることで改善しよう」

「環境はこうだけど、自分はこう行動したい

このように、他のせいにするのではなく、

積極的に「自分は~する」と自分視点で行動することを勧めています。

他人や周囲の環境は、自分ではなかなか変えられないもの。

だからこそ、まずは自分が変えられることに意識を集中しよう!ということですね。

そして自分が変えられることは、ズバリ「自分の行動」だけ、ということです。

そこから影響の輪が広がっていき、良い結果に導かれるそうです。

第2の習慣 終わりを思い描くことから始める

終わりと聞くと、ドキッとしてしまうものですが、

人生には必ずいつか終わりが決ます。

そのとき、人生の最期に「本当に後悔のない最高の人生だった」と思えるかどうか。

もう一度、この人生を繰り返したいと思えるか。

これを今、想像してみます。

これが、終わりを思い描くということ。

そして、そこから

後悔のない人生を送るためにどうしたらよいかを自覚し、

本当に人生でやりたいこと、目的を定め、

人生でもっとも大切にしたいことを生活の中心におきましょう

とコーヴィーは述べています。

たとえば、人生の最後に「もっと家族と触れ合っておけばよかった」と後悔しそうなら、

人生の目的として、「家族と一緒の時間を増やし、共に楽しむ」と設定して、

最後に生活の中心に「そのために、なるべく残業はせずに早く家に帰る。実家にも年に数回は帰る」などと最も大切にしたい指針を置きます。

そして迷ったときは、その指針に立ち返って、選択をしていくのです。

「昇給は決まったけど、単身赴任or昇給を辞退して、家族と過ごす」など、では上記の指針なら後者を選択しよう!となるのです。

第3の習慣 最優先事項を優先する

第三の習慣は、最優先事項を優先すること。

これは、ビジネスではもっとも有名な法則です。以下にまとめてみました。

①緊急で重要なこと

今は最も優先するが、少しずつ減らしていくようにする。

締め切りのある仕事

大事な人との急な約束

病気や災害

②緊急ではないが、重要なこと

積極的に時間を作り、力を入れていく

人間関係づくり(家族含む)

投資や勉強、仕事の準備など

健康維持や自己啓発(適度なリラックス含む)

③緊急だが、重要ではないこと

人にまかせるなどし、積極的に減らしていく。勇気を出して断る。

日々の電話や会議、重要ではないメール

収穫のない飲み会やパーティーの誘い

突然の来客対応

④緊急でも重要でもないこと

やらない。あるいは減らす。

待ち時間

ダラダラとしたゲームやテレビ

SNSなどの閲覧

優秀な経営者は、基本的に①と②のみに注力し、他は人にまかせるようにするといいます。

人生においては、②がもっとも大切だとコーヴィーは言います。

人生の充実度を決めるのは、②をいかに大切にできたか、だそうです。

1週間のスケジュール表には、まず人生の目標から行動を決めた②の項目を書き出し、

その後、その都度①に対応します。

空いた時間は②にとことんつぎ込みます。

第4~は次のページにて。⇒