韓国大統領パククネ問題点を分かりやすく。驚きの癒着と辞任理由を簡単に。逮捕秒読みか?最新情報まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

画像はPixbayより

さくら
韓国大統領のパククネさんが問題になっていますね・・・
かれん
うん。朴槿恵大統領だよね。今回は非常に大きな癒着があって、もしかしたら現職大統領初めての逮捕になるかも。デモが230万人を突破してるんだよ。
さくら
230万人!すごいです・・・あまり詳しく分からないのですが、一体何が問題だったんでしょうか?
かれん
うん、今日は朴槿恵大統領の問題について、すっごく分かりやすく、何がいけなかったのか、騒動の一連の流れについて簡単にまとめてみようと思います

韓国大統領パククネ問題点を分かりやすく。驚きの癒着と辞任理由を簡単に。逮捕秒読みか?

最初は朴槿恵大統領の紹介、後半に事件の一連の流れをまとめています。

弾劾以降の最新情報はこちらからどうぞ♪

カジノ法案の分かりやすい解説はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

1 朴槿恵大統領とはそもそもどんな人なの?

画像はwikiより

朴槿恵さんは、韓国の18代目の大統領にして、現在64歳です。

漢字が難しいですが、「パク・クネ」と呼びます。

お父さんがそもそも朴正煕(パクチョンヒ)という第5~9代大統領で、日本名は「高木正雄」という非常に親日だった方でした。

韓国併合時代に日本の士官学校で学んだ超エリート。

さらに戦後、韓国と日本の国交正常化を成し遂げた方でもあり、韓国の経済を急成長させた人物です。

しかし、民主化の弾圧なども行ったため、側近に命を狙われ、1979年最後を迎えます。

そのときにお父さんのファーストレディー役として政界入りしていたのが、パククネさんであり、お父さんの後を継ぐ形で立候補していきます。

なぜファーストレディーになったのか、ですが、

朴正煕大統領夫人である陸 英修(ユク・ヨンス)さん(パククネ大統領のお母さん)は、1974年に在日朝鮮人の文世光が撃った銃弾に倒れています。

そのため、代役として務められていたんですね。

2 人気は高く、政界のジャンヌ・ダルクとまで称される

お父さんの影響力があり、

なおかつフランスの大学に留学していた経験や、

ハンナラ党の女性党首としてズバズバ発言する姿勢から、

当初「ジャンヌ・ダルク」とまで呼ばれていました。

その後、日本の竹島(韓国名:独島)に上陸したり、北朝鮮に厳しい姿勢をアピールすることで、支持率はなんと63%まで上昇します。

基本的に反日の姿勢で支持率を上げた方です。。。(^_^;)

3 しかし、2016年に癒着が発表され、支持率は0~5%まで下落。辞任発表へ。

人気に陰りが出たのは、

経済政策の失敗と、セウォル号沈没の際の対応の悪さでした(後述)。

セウォル号での対応とは?

セウォル号沈没により、韓国の修学旅行生が大勢(約300名)被害に遭いましたが、

報告を受けてから、防災本部を訪れるまで7時間もかかり、

なんとその際に美容師を呼び、1時間半以上も髪をセットして対応に当たったとのこと。

これに現在韓国国民が激怒しています。

これは当たり前だと思います。

そして癒着問題が発覚し、辞任を発表することになりました。

大規模デモに発展。与党議員の電話番号流出へ。

しかし、国民の怒りは収まらず、なんと最多の230万人が韓国大統領府(青瓦台)前に集まりました。

画像はwikiより

こちらが青瓦台の画像です。

さらに、議員の電話番号が流出し、そこにクレームが殺到する事態に・・・。

以下がデモの様子です。規模が日本と違いすぎますよね。。

地鳴りのように響く朴槿恵政権反対の声が目の前に広がる。

引用:ハフィントンポスト

一体何が問題だったのか、パククネ大統領の癒着問題を簡単に

いよいよ核心に入ります。

癒着関係を以下に簡単にまとめてみます。

1 崔 順実(チェ・スンシル)氏との公私を問わない癒着関係

引用:http://bloseum.com/chyanshiho-mei-dare-gazo5973-2

チェ・スンシル氏とは、現在60歳で主に不動産業を行っている韓国の実業家です。

ニューヨーク・タイムズは、「現代のラスプーチン」とまで言っています。

なんと、民間人でありながら、青瓦台に顔パスで入場していたほどの親密ぶり。

その癒着内容とは、

1 パククネ大統領はチェスンシル氏に政治相談を行っていた。

個人的にこれからどうすべきかを、スンシル氏に伺いを立てていたそうです。

これがラスプーチンと言われた所以です。

2 国家機密や経済情報などを私的にスンシル氏に流していた。

実業家であるスンシル氏に有利な情報を流していたとのこと。

日本でいう、インサイダー取引(事前に情報を仕入れた不正取引)に相当するものですね。

外交日程・軍の情報・演説文・北朝鮮情報・外交関連文書などなど。

これがあれば、いくらでも市場を動かせる気がします。

3 国家権力を使い、スンシル氏のために財団を2つ作らせた。

4とも関連しますが、大統領権限を使い、財団を2つも作らせていたとのこと。

そこに大企業からの70億円を超える資金援助を強要しています。

韓国は財閥が強く、わいろやこういった贈収賄問題が頻発しています。

4 国の「国民体操」として莫大な振興予算が投じられたヌルプム体操はスンシル氏の進言だった。

一番、話題になったのが、これです。

ヌルプム体操とは??(。´・ω・)?という方は下の動画をちょっと見てください♪

結構、リズム感があって個人的には好きなのです。。。(わいろがなければ(´;ω;`))

この日本でいう、ラジオ体操のようなものを国の予算で作り、国家ぐるみで官僚がわいろを受け取り、不正に誘導していたとのこと。

それをプロデュースして、利権を得ていたのが、スンシル氏と関係者だったのです(後述)。

2 そもそもどうしてパククネ大統領とスンシル氏は知り合ったのか?そこには怪しい宗教家の影が・・・。

引用:朝日新聞デジタル

出頭するチェ・スンシル氏。

これは上述の朴正煕大統領(パククネさんのお父さん)の後を継ぐ形で

ファーストレディーになった際に、手紙を通じて知り合った宗教家チェ・テミン氏の影響です。

当時、パククネさんは22歳にして、お母さんを凶弾によって失う、という悲しい事実に直面していました・・・(上述)。(´;ω;`)

そこに加えて、ファーストレディーとしての重圧。

どれほどの心労だったかわかりません。

そんなときに、「宗教家」から誘いを受け、結果、この宗教団体に出入りするようになり、

家族ぐるみで付き合うようになりました。

この宗教家の娘こそ、スンシル氏だったんですね。

そして2012年に大統領選挙に立候補した際も、スンシル氏のアドバイスと援助を受けて見事に当選しました。

つまり、双方ともに40年来の付き合いと強力な利権の結びつきがあったことになります。

3 この一大スキャンダルをリークしたのは、なんとチェ・スンシル氏の愛人であるコ・ヨンテ氏

画像引用:http://caro-caro.com/3520.html

1 コ・ヨンテ氏とは?

コ・ヨンテ氏の年齢は40歳。

スンシル氏の愛人にして、謎の財団「Kスポーツ」の幹部でもあります。

元フェンシングの韓国代表で、1998年のバンコクアジア大会では金メダルを獲得しています。

フェンシング引退後は、なんとホストをしていたそうです。

確かに整った顔立ちです。。。(;´∀`)

そのときに、お店でチェ・スンシル氏と出会い、愛人関係になったのだとか。

スンシル氏は超絶お金持ちですから、当然の帰結だったのかもしれません。。。

その後、自社ブランドバックの会社を経営されています。

この会社ももしかしたら、というか間違いなく、スンシル氏の援助あってのものでしょう。

※現在は経営難によって閉鎖されたという情報もあります。このあたりもスンシル氏との関係悪化に関係している可能性があります。

2 どうして情報をリークしたの?

この理由が驚きでした。。。

最初は上から目線の発言や部下への侮蔑的態度が不満だったから、と述べていますが、

きっかけは、

スンシル氏の娘であるチョン・ユラ氏の犬を預かってほしいと言われたが、置いてでかけてしまい、それに激怒したスンシル氏が彼に文句を言ったことだというのです(聴聞会での本人の証言)。

それを不服に思ったコ・ヨンテ氏が情報を各所に流し、今回の騒動になったとのこと。

「え!?Σ(゚Д゚)この騒動の原因はだったの!?」

「・・・」

しばらく空いた口がふさがりませんでした。

それでケンカしたって、

子供か!(゚Д゚;)」

というツッコミまででかけました。。。

さらにまわりまわっていくと、

後述するチャ・ウンテク氏(ヌルプム体操を作った人)とスンシル氏が愛人関係になり、

それが気に食わなかったんだそうです(嫉妬ということ)。

まさに痴話ケンカ・・・。

でも、これがこんなに大騒ぎになって、さらに大統領、国際社会にまで影響が及び、結果的に不正が暴かれたのは良かったのかもしれません。(;´▽`A“

証言として、「スンシル氏は大統領に大量のバッグと100着の服を贈った(つまり明白なわいろ)」と述べています。

4 これを受けて関係者が次々に逮捕される事態と動向まとめ。

1 まず、パククネ氏の側近の起訴

秘書官のチョン・ホソン氏は「情報漏えい」、さらに大統領府首席秘書官のアン・ジョンボム氏は「資金提供の強要」の罪で起訴されています。

2人ともパククネ氏の罪をかぶった形のようにも見えます。

国家機密ろうえいと、ロッテ、LGなどの大企業に約73億円の資金をチェスンシル氏の財団に出すように指示した容疑です。

2 そしてヌルプム体操関係で、逮捕と起訴

チェスンシル氏の愛人である、映像プロデューサー、チャ・ウンテク氏、わいろを受け取っていた文化体育観光省の第2次官、キム・ジョン氏、スンシル氏の姉チェ・スンドゥク氏とその娘、チャン・シホ氏(この方が主に計画を実行していたそうです)が共謀と運営資金横領の容疑で逮捕・起訴されています。

引用:http://silkyhair.top

出頭後、日に日に変わっていくチャ・ウンテク氏が今ネットで話題になっています・・・。(´;ω;`)

そこは放っておいてあげて・・・。

3 チェ・スンシル氏の娘のチョン・ユラ氏の不正入学で総長辞任

引用:http://www.huffingtonpost.jp/

こちらも話題になりました。

韓国の名門・梨花女子大の推薦入試を受け、翌春に入学した彼女。

乗馬で金メダルを獲得したのが受かった理由だそうですが、メダルを取ったのは願書締め切り後だったらしいのです。

つまり、裏金があったということ。

以下、憤った学生の意見です。

「試験が目の前なのにチョン・ユラのことを聞くと本当に頭にきて意欲がそがれる。品性のかけらもない、文章もろくに書けない奴が『母親の後押し』一つで名門大学に行けるなんて、公正な社会なのか」

「自分たちは何のためにこんなに苦労して勉強するのか、と思った。試験が迫ったときにこんな話を聞くと、本当に腹が立つ。結局、入試なんて、努力とは関係なく、『金のスプーン』(金持ちや有力者など、持って生まれた有利な環境)が『土のスプーン』を押しのける構造になっているんじゃないか」

引用:ハフィントンポストより一部引用

このような意見が噴出し、

結果、大学の総長が辞任する騒動になりました。

おそらく本人は逮捕とはならないと思います。

現在、学位取り消しにもなっていません。

5 今後、大統領の逮捕はあるのか?歴代大統領の末路と不正。

引用:http://www.chosunonline.com/

廬武鉉大統領は、親族が収賄で逮捕され、自分も逮捕されると秒読みでしたが、自宅の裏山から飛び降りて・・・という結末になっていました。

これを見ると、韓国大統領がいかに不正が多いか、

韓国に収賄がはびこっている様子が分かる気がします。

パククネ大統領および、スンシル氏という2大巨塔ですが、逮捕される場合は、国家機密漏えい、収賄容疑で無期懲役もありうるという専門家の意見が出ています。

そして朴槿恵大統領は来年4月の辞任を発表。

11月29日、パククネ大統領が突如、辞任を発表しました。

「大統領職の任期短縮を含む進退問題を国会の決定に委ねます。与野党が国政の混乱と空白を最小化し、安定して政権を移譲できる案を作ってくれれば、その日程と法手続きに従い、大統領の職を退きます」

出典:産経ニュースより一部引用

と述べられています。

本来のパククネ大統領の任期は2018年2月までなのですが、1987年の民主化以降、現職大統領が任期途中に辞任するのは初めてなんだそうです。

検察は既に大統領を崔被告らと「容疑者」とみなしているそうです。

6 現在の状況は?国会聴聞会の様子。

現在、朴槿恵大統領は検察の事情聴取を拒否し続けています。

現役の大統領ですから、検察は今後さらに詳細を調べ上げ、確実な証拠をつかんだところで動くと思われます。

そして今週はついに国会の聴聞会が開かれました。

これは「嘘」や「証言拒否」、「出席拒否」を行うと、厳重に罰せられるかなり重たいもの。

サムスン電子の副会長、ロッテグループの会長などなど、大企業のトップが勢ぞろいしています。

理由は上述の「財団への70億円を超える資金提供」です。

「資金を出してほしいという説明があった。何に使われたかは分からない」とサムスン副会長。

現時点で当の本人であるチェ・スンシル氏は体調不良を理由に欠席しています。

議長は怒り、「出頭命令」を出しました。

しかし、ほとんどの親族が欠席する事態に

スンシル氏はなんと「パニック障害」を理由に欠席を貫き

上記にご紹介した姉のチェ・スンドゥク氏は体調不良。

スンシル氏の娘で不正入学したとされるチョン・ユラ氏にいたってはなんと行方不明とのことです・・・。

なんだこれ・・・_(┐「ε:)_ズコー。

おそらくですが、一生遊べるだけのとんでもない大金を持っている以上、

捕まったら懲役刑間違いなしなわけですから、国外に逃亡するつもりなんじゃないかと思います。

朴槿恵大統領はどうなるかわかりませんが、

国外にはもちろん口座を持っているでしょうし、

韓国に留まる理由がありません。

もしかすると、韓国の機密情報を手土産に北に逃げる、あるいは他国に亡命する可能性もあります。

果たしてどうなるのか・・・。

12月8日 追記1 野党3党「弾劾案が可決されなければ全員辞職」

弾劾案とは、「議会によって大統領の責任を問い、可決されればその時点で大統領権限が停止する」というものです。

野党3党は「これが可決されなければ全員辞職」とまで表明しました。

来年辞職などということは認めず、権限を停止し、退任させ、逮捕させようという目論見です。

これはほぼ可決される見通しです。

さらに、野党のアン・ミンソク議員は、「チェ・スンシル特別法」を作り、一族の全ての財産を没収して、国に返させようと法律制定を働きかけています。

こうなると、もう逃げ場なしですね・・・。

追記2 チャン・シホ氏はようやく出頭

上述しましたが、チャン・シホ氏は主に実行の立場にいた方です。

肩書きは「冬季英才スポーツセンター事務総長」

というよく分からない財団の代表です。。。(^_^;)

ヌルプム体操の運営資金を不正に横領した容疑で既に逮捕されています。

本日8日に起訴され、既に裁判が始まっています。

その証言は「私はチェ・スンシル氏の指示に従わざるをえない立場だった」

というものです。

あくまで、責任は私にはないという立場を貫くようです。

追記3 ついに弾劾訴追案が可決。12月9日

韓国国会にて、ついに弾劾訴追案が賛成多数で可決されました

与党議員も多数賛成に回る事態となり、

議会前の座り込みなど、かつてない規模の騒動になりました。

今後どうなるか、ですが、弾劾訴追案の効果も含めてそれを新しく記事にまとめてみたいと思います。

さらに細かい様子は追って、当サイトにて追記していきたいと思います(^-^*)/

よかったらまた観に来てくださいね♪

さくら
想像以上に癒着とか問題が大きかったんですね。ビックリしました!
かれん
うんうん。今後どうなるのか、もしかしたら任期中の逮捕もあるかもしれないよね。日本でも議員さんがたくさん辞任したけど、政治家にはつきものなのかな・・・。「議員には、お金が好きな人はなるべきではない。名誉で仕事ができる人だけを選ぶべき」という意見、結構、好きだったりします。(#^^#)

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございました♪

よろしければこちらもどうぞ。

いいね!シェアする♪