ラドン温泉の効果と効用とは。ラドンの放射線って危険なの? 猿ヶ城ラドン療養泉&ジップライン体験記

img_8041

かれん
この前、話題のラドン温泉に行ってみたよ♪
さくら
ラドン温泉ですか!?すっごく体にいいって言われていますよね
かれん
うんうん。日本にはいくつかあって、有馬温泉のように有名な所も多いんだよ☆今日は鹿児島の猿が城温泉にお邪魔してみました
さくら
どうでしたか?やっぱりお肌つるつるなんでしょうか(わくわく)
かれん
うんうん。すっごくつるつるすべすべで驚いちゃった。ラドンの効果って他にもいっぱいあるよ♪今日は放射線やその危険性・効果効能も含めてレポートしたい思います☆

最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

ラドン温泉の効果と効用とは。ラドンの放射線って危険なの? 猿が城ラドン療養泉&ジップライン体験記

スポンサーリンク

1 今回お邪魔したのは、鹿児島県にある猿ヶ城温泉です

img_8092

9月の台風の影響で、通行止めになっていた道が開通し、10月1日から再オープンとなった猿が城温泉。

鹿児島に用事があったので、寄ってみることに。

鹿児島市内からは垂水フェリーに乗って30分。

そこから15分ほど車で行ったところにあります。

ここの運営は「財宝温泉水」で有名になった財宝という会社。

アルカリ水でなんとミネラルウォーターの売り上げナンバー1だそうです。すごい!

話が脱線しましたが(;´∀`)

ここにあるラドン療養泉は、高濃度で有名で、600ベクレル/kgが源泉に含まれているとのこと。

2 ラドンって何?ラドン温泉って放射線が危険じゃないの?

ラドンとは原子番号86のRnとかく原子の一つです。

無味無臭の気体として存在しています。

上位元素に、ウランがあり、

火山地帯に発生する放射線を発する気体です。

「え!?放射線!危なくないの!?」

というのが最初に出てくる疑問ですが、

ラドン温泉に含まれるラドンはきちんと調整されていて、

私たちが1年に浴びる自然放射線と比べても、ずっと小さいです。

だから安心して入れます。

3 ラドン温泉の効果と効能は?

「それでも放射線って危険なんでしょ?なんでわざわざ入るの?」

という疑問。

これは微量の放射線を浴びることによる「ホルミシス効果」を狙ったものです。

放射線は強すぎると細胞を破壊してしまいますが、

微量だった場合は、逆に細胞のよい刺激となり、細胞の治癒能力を活性化させます。

薬が大量だと、毒になり、

お酒が大量だと、中毒になります。

でも、どちらも適切な量だとプラスになりますよね。

これと同じで、微量なラドンを取り込むことで、細胞を活性化し、がんの治療や慢性疾患の治癒に効果を発揮します。

だからこそ、全国のラドン温泉が人気なんですね。

(本当に危険なほど高濃度な場所は管理地域で規制されています)

img_8086

気になる効果と効能ですが、

主に痛風とリウマチ、高血圧など、たくさんの効能があります。

さらにα波が脳内に出て、すごくリラックスするそうです。

そしてがんの原因にもなる放射線を逆に微量浴びることで、がんを抑制するのはとても不思議です。

4 どのくらい入ればいいの? 適切な入浴時間は?

ラドンが健康によいとはいえ、入りすぎはダメです。

ラドンは液体ではなく、気体の状態で、温泉の水面近くや空気中に含まれています。

そのため、温泉の中に入っていなくても、浴場にいるだけで呼吸によって取り込まれます。

(実際ラドンの取り込みは90%が呼吸によるものです)

ですので、浴場に長くいたり、眠ったりしないようにする必要があります。

適切な時間は浴場によって異なりますが、

img_8085

猿ヶ城の場合は、5分入浴⇒10分浴場内の椅子で休憩⇒最後に5分入浴の15分ほどがよいようです。

その後、一旦浴場を出て休憩し、数時間ごとに入る、というやり方もあります。

私は今回は、合計で1時間ほど入りました。

でも、体がつやつやになっただけで、不調などはなかったです。

img_8084

お風呂の中はこんな感じです。

プライベート風呂もありました。

水風呂や露天風呂はなく、洗い場と温泉のみのシンプルな作りです。

5 ビックリするほど、つやつやになったねと言われてうれしい☆

これがうれしかったです。

本当に触ってすべすべでした。

ぜひまた行きたいと思います。

ちなみに猿ヶ城には軽食のレストランやエステ、マス釣りやアスレチックなど家族連れで一日

遊べる場所が盛りだくさんです。

6 ジップラインにも挑戦してみました。

img_8082

名物のジップラインにも挑戦してみました。

これは谷の上にロープを引き、そこをワイヤーで滑るという遊びです。

img_8049

ちょっとわかりにくいですが、谷の上を空を飛ぶみたいにスーッと滑走していきます。

子供はもちろん、大人も女性でも楽しめます!

鳥になった気分になれるのでぜひ♪

(ただし、本当に崖から崖へ行くので、高所恐怖症の方はやめておいた方がいいです。最初飛び降りるときは私も怖かったです(´∀`;))

ちなみに、山の上にはトラクター?で温泉入り口から連れて行ってもらえます。

受付は温泉と同じ場所です。

山の上まで約5分で、付き添いも可能。

全部で2本滑って、20分くらいで帰ってきました。

img_8093

田園風景とその奥に桜島を見ながら、帰ります。

猿ヶ城まで車だと垂水フェリーが往復5千円ほどかかってしまうのが難点ですが、

バスで迎えもあるようなので、徒歩でも大丈夫かもです。

とにかくここはまた行きたいな~♪と思える場所でした。(#^^#)

フォローする

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございました♪

もしお役に立てましたら、シェアやお気に入りなどしていただければすごくうれしいです☆(#^^#)

この記事をお届けした
まったり☆ストーリー考察部屋 otakaranet.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
自由掲示板
以下、自由コメント欄です。(n*´ω`*n)
コメントはすぐ反映されますが、不具合やスパム・言葉等によっては表示されないこともあります。考察掲示板としても利用できます☆(*´▽`*)