タキソールの効果と副作用とは。使う前に知っておくべきこと、ブログまとめ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

タキソールの効果と副作用とは。使う前に知っておくべきまとめ

個人的に、私の家族も腫瘍治療を行っていましたので、抗がん剤治療薬についてこちらにまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

1 タキソールとは?

現在、小林麻央さんががん闘病において使用されている抗がん剤です。

がん細胞の分裂阻害薬として使われています。

ちなみに同じような名前でタキソテールというお薬がありますが、こちらは別の医薬品になります。

【タキソールとタキソテールの違いについて】

効果はどちらも、がん細胞分裂阻害薬ですが、

タキソテールの方が投与量・副作用共に少なく、タキソールよりもより効き目があるようです。

但し、副作用については両方とも確認されています。

両方とも全身倦怠感を伴い、タキソールは痺れが長期持続。

タキソテールは筋肉痛、爪下炎、それと浮腫が治療後まで2,3か月続く。

以下、医師の回答。

「タキソテールの浮腫は、どれくらいの方に起きるんでしょうか?浮腫の方がまだましに思いますが」
⇒浮腫は、かなりおこります。

 私の感触では「半数以上」と思います。
 ただ程度は様々であり、「言われてみれば」という程度から「夜には下半身がだるくて何とかして欲しい」という程度まで様々です。

 浮腫は「ステロイド経口」でかなり対処できます。

http://nyuugan-plaza.com/question/taxol-taxotere/

2 タキソールの効果と副作用について

主に臓器がんに効果を発揮します。

(非小細胞肺がん・胃がん・子宮がん・乳がん・卵巣がん・子宮頸がんなど)
 
ただし、副作用も強く、
骨髄抑制・末梢神経障害・過敏症・関節痛・脱毛などが起こります。
 
 

3 以下、ブログ記事から重要な点をまとめてみます。

参考としてまとめておりますので、さらに詳しく知りたい方は各ブログのリンクから、ご参照ください。

副作用とその発現時期について、以下にまとめてみます。

この日は夜、わりと激しく下痢しましたが、他は異常なし。

翌日と翌々日の日中も問題ありませんでした。

ところが、投与翌々日の夕方から、体のあちこちが痛み始めたのです。

熱の出始めに体の節々が痛くなる、あの感じ。

案の定、投与から3日目、熱が出てきました、37度ちょい。

再び激しく下痢もして、かなりキツいと感じる体調になってきました。

熱は上がったり下がったりで37度前後。

とにかく体が痛い。

なんとか対処法はないものかと検索したところ、「L-グルタミン」というものがヒット。

早速アマゾンでデカ・ボトル入りをゲットしてみたところ、なんとこれが結構効く!

私は、痛みが来てるな、と思ったら、大さじ2杯分飲んでました。

私の場合、完全に痛みが消えるわけではないのですが、かなりラクにはなりました。

投与7回目。

体調の基本パターンは同じ。

ですが、ついに頭髪に異変が。

微妙に抜け毛が多いような・・・と思ったら、急激に変化が訪れました。

まず、襟足と耳の上、要するに天辺と後頭部を除く下の方が、猛烈に抜け始めました。

投与12回目、のはずだった日。

この前週に、CTスキャンを受けていました。

その結果は、「変化なし」。

残念ながら、目立った変化はなかったのです。

—–「変化なし」というのは、「進行を止めた」とも言えるのでは??

いいえ、パクリタキセル/タキソールを始めてすぐ行ったCTの結果と比べて変化がなかったので、「効果なし」と私は判断します。

なぜなら、そもそもパクリ開始のころのCTの結果が、昨年12月のCTの結果からも「変化なし」だったので。

パクリ投与の期間中「変化なし」だったのは、薬のおかげではなかったと私は思います。

というわけで、12回目の投与はキャンセルし、私の初の抗がん剤治療は、あえなく失敗に終わったのでした。

 
以上、カネのかかる女http://costsalot.blog.jp/archives/1007241028.htmlさんより引用。
 
かなり苦しい副作用だと思われます・・・。
ただ、このブログの著書の方は、タキソールでの治療は効果がなかったと、結論付けておられます。
 
この方は、タキソールによって、しこりが小さくなった(効果があった)ようです。
 
つまり、効果があるかどうかには個人差があり、効き目がなく副作用が強い場合もある、ということのようです。
 
この判断は非常に難しいですね・・・。
実際に試してみて、判断するしかないようです。
 
私の家族は、抗がん剤ではなく、切除によって事なきを得ましたが、
親族は、抗がん剤治療の結果、効果を得られず・・・となってしまいました。
お医者さんの中には、抗がん剤治療は一切するべきではない!
と主張する方もいて、非常に難しいです。

切除できるものは、切除。

できないものや比較的軽いものは、抗がん剤治療という判断が一般的ですが、

(他に重粒子療法もありますが、こちらは治療費が数百万円で、さらに限られたがん、限られた施設でのみ受けられます)

実際、どうするかはもっと勉強の上で決めていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
最後までお読みいただきありがとうございました。
もしお役に立てましたら、いいね!やブクマなどでシェアしていただけるとすごくうれしいです☆(#^^#)
タキソールの効果と副作用とは。使う前に知っておくべきこと、ブログまとめ 
この記事をお届けした
まったり☆お役立ちねっと (ˊᗜˋ*) otakaranet.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ブログランキングはこちらから♪