ドナルド・トランプ大統領の政策(公約)と発言・核戦力強化について分かりやすくまとめました。日本への影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

donald-trump-1757583_960_720

画像はPIXBAYより

さくら
前回のお話しで、アメリカ大統領選の仕組みについては分かったのですが、トランプさんの政策はどのようなものなのでしょうか?
かれん
うん。今日は、トランプさんが大統領になったら?というテーマで、政策と日本への影響、発言について簡単にまとめてみるね♪
さくら
わぁ☆気になります。日本にどんな影響があるのでしょうか・・・

ドナルド・トランプ氏が大統領になったら?政策(公約)と発言を分かりやすくまとめました。日本への影響は?

トランプさんのすごすぎるプライベートについてはこちらからどうぞ♪

スポンサーリンク

1  まずはドナルドトランプ氏の政策について簡単にまとめてみます。

1 税政策は? 法人税を大幅カット!相続税廃止!

トランプ氏は、法人税について現行の最大35%から15%への大幅減税を主張しています。

さらに相続税についても、完全撤廃を主張。

これは、アメリカ社会のため、というより自身の企業にとっても、すごくプラスになるから当たり前のような気がします。

現在10歳の息子さんのことを考えても、相続税は廃止したいですよね(^^;)

一方で、租税回避を行った場合の懲罰措置や、富裕税の導入も主張。

年収570万円以下の夫婦世帯および年収280万円以下の単身者に対しては、所得税を免除して国民の間の格差も是正するとしています。

育児費用の税控除も主張。

え!?意外!(゚Д゚;)

と、思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、トランプさんの支持層というのは、比較的低所得で、不満を持っている方が多く、

その支持を集めるためにもこういった主張は必須です。

これがアピールのためなのかは不明です。

ただ、共和党内では、批判も出ています(共和党は小さな政府を主張する団体)。

2 TPPは即時離脱 自由貿易協定には反対。

「TPPは最悪の協定だ。これ以上日本の自動車メーカーを裕福にする気か?」とTPPには断固反対の姿勢をとっています。

それもそのはず、トランプさんは、NAFTA(北米自由貿易協定。カナダ・アメリカ・メキシコ間は自由貿易)にも反対しており、

「メキシコや中国からの輸入品は35~45%の高関税をかける!」

と言っています。

基本的に自国の産業を守ろうとする保護貿易の考え方です。

3 移民反対。シリア難民の受け入れも拒否 イスラム教徒の入国は拒否

「メキシコからの移民が仕事を奪い、不法活動を行っている。キシコとの国境に万里の長城のような壁を作る。費用?もちろん、メキシコ持ちさ」

と主張。

アメリカは生地主義なので、アメリカ生まれの移民の子供はアメリカ国籍を持てます(日本は血統主義)。

そうなると親も移住権を得られるため、不法移民が増える原因になると、この政策にも反対しています。

実際にメキシコからの移民は年間数万規模とかなりやってきていて、いずれアメリカはスペイン語が公用語になるんじゃないかとも言われています(事実ヒスパニックがアメリカで将来最も多い民族になるとされています)。

4 グローバリズムではなく、アメリカニズムが今後の課題

アメリカニズム、という言葉を持ち出し、国際社会のことより、まずはアメリカ国内のことが一番だと主張しています。

「中国、メキシコ、日本、その他多くの場所から、仕事を取り返す。私は我々の仕事を取り返し、我々にお金を取り返す」

と中国との協調を主張しながらも、対中国・対日本の姿勢を持っています。

「ロシアはアメリカに敬意を払っていないが、もしイスラム国を攻撃したいのならロシアに好きにさせればいい。イスラム国を排除させるのだ。我々もイスラム国を排除したいのだから気にすることなどない」

ロシアに対しては、対抗姿勢は持たず、「好きにさせておけ。協力したいときすればいい」

という考えです。

5 海外米駐留軍を撤退させる

「狂気じみた北朝鮮が何かするたびに米国は艦船を派遣するが、事実上、米国が得るものは何もない。どうして日本を守るために巨額の費用を我々が払う必要がある?日本は守ってほしければ費用を全額負担すべきだ!」

トランプさんは基本的には対外政策は重視せず、在外米軍の駐留経費を削減する意向を示しています。

中東に関しても、「(サウジアラビアを)守りたいが、彼らはいくら負担してくれるんだ?」

と発言。

「何が起こったか見てくれ。リビヤは大惨事だ。大災害だ。イラクも大災害。シリアも大災害。中東まるごと大災害だ。全部、ヒラリーとオバマの時代に吹き飛んでしまった」として、

中東から手を引くことを示しています。

6 オバマケアの完全撤廃

オバマケアとは医療保険制度改革のことです。

日本では当たり前に健康保険があり、医療を安く受けられますが、

アメリカにはつい最近まで健康保険制度がなかったんですね。

そして現在、国民全員が加盟する国民皆保険制度を推進しようとしています。

それを完全に撤廃し、「保険は入りたい人が入ればいい。入りたくない人にまで保険料を払わせるのか?」と主張。

7核戦力を大幅強化する! 12月23日追記

「世界が核に関して、思慮分別をわきまえるまで、アメリカは核戦力を大幅に強化・拡充しなければならない」

とツイッターで表明しました。

この真意について、MSNBCテレビに対して

「軍拡競争すればいい」と回答。

これはプーチン大統領の

「アメリカのミサイル防衛システムに迎撃されないようなミサイルを開発する必要がある」

という発言への対抗とみられています。

専門家は、「冷戦時代の軍縮プロセスが終わりかねない」と懸念しています。

ちなみに現在の核保有数は、

ロシアが7300発

アメリカが7000発

で、世界全体の9割以上を2国が占めています。

ですが、オバマ政権時代も、核戦力の近代化を図っており、

30年間で118兆円の経費をかけて冷戦時代の老朽化した核戦力を改善しようとしていました。

これは「核なき世界」の理想に反する、として批判もされています。

やはり、建前と本音は違う、というのが世界です。。。

2 大統領になったらどんな影響があるの?

つまり、トランプさんの政策は、「アメリカの国益のためだけに動く。他のことは知らない。まずは内政をしっかりしてアメリカ国民を大切にしたい」

という一貫した姿勢が見れます。

貿易においては、もし保護貿易主義をとった場合、アメリカ自体が輸出入に依存している以上、大打撃になると思います。

一番問題なのは、海外米駐留軍撤退です。

撤退する、となると、これまで均衡を保ってきた地域のバランスが崩れます。

特に東南アジア。

専門家の意見では、

仮にアメリカが撤退した場合、東南アジアは「親中国派」「反中国派」に二極化するとされています。

フィリピンのドゥエルテ大統領の過激な発言(「アメリカと決別する!」)の裏には、

「これ以上、アメリカからの経済援助は見込めない。なら中国に近づいて援助してもらおう」

という意図があります。

そして中国は「ここぞ!」とばかりに進出するでしょう。

それを恐れた「反中国」の国は、自国を守るために核を保有する必要性も問われます。

韓国からその話がまず間違いなく出てきて(北朝鮮に対抗するため)、次に日本も同じく出てくると思います。

中東でも、アメリカ軍が秩序を維持している地域がたくさんあります。

それが一斉に撤退した場合・・・

そして、アメリカの民間企業は軍需産業もたくさんあります。彼らを推進した場合・・・

起こりうることは、想像に難くないと思います。

3 それなら誰がトランプさんを支持してるの?

これは主に移民や海外企業に仕事を奪われた労働者階級(白人・黒人・ヒスパニック問わず)や、生活に不満を持っている貧困者層が主な支持層です。

アメリカは日本以上に、知識人階級と労働者階級の差が激しく、その不満も大きいです。

意外なのは、こうした労働者階級の移民の一部がトランプ候補の支持をしているということ。

移民廃絶を唱えるトランプ候補なので、反対の立場かと思いきや、

一向に改善しない生活苦や不満のはけ口として、トランプさんの過激な発言に同調し、支持に回っているというのです。

「え?政策?知らないよ!」

という方も大勢いる様子(日本では考えられませんが、それくらい教育格差も大きいのです)・・・大金持ちのトランプさんを、不満のはけ口として支持する姿はよくよく考えると悲しい気がします(´;ω;`)

4 トランプさんが大統領になったら、日本への影響は?

img_c73297dd94c0c1942879f7c0413cb1ca130814

出典:http://diamond.jp/articles/-/90700

まずはTPP。

TPPが実現しなければ、米農家や畜産関係は競争にさらされることがなくなるため、メリットがあります。

一方、自動車産業や食品産業、機械産業などは、関税をかけられるために、これ以上伸びることはありません。

対中国政策も日本にとっては悪影響になります。

一番の問題はやはり在日米軍の撤退または、維持費用の全額負担になるでしょう。

さらに経済政策でアメリカが中国に歩み寄れば、日本は外交上軽視され、

一方、アメリカが中国と敵対すれば日本企業の中国展開が厳しくなる、というどっちに転んでもマイナスになってしまいます。

※ドナルド・トランプ大統領が決まりました。

関係者の感想と日本の対応、さらに詳しい影響についてまとめています。

さくら
トランプさんが大統領になっても、日本にはあまりいい影響はなさそうですね・・・
かれん
そうだね~。実際はなってみないと分からないし、イザなってみると周囲の人々の意見で丸くなって、意外とリーダーシップでいい大統領になるかもしれないけれど、今のところは過激な発言ばかりでちょっと心配かも(笑)
さくら
そういえば、トランプさんって不動産王なんですよね。私生活はどんな感じなのでしょうか?
かれん
あ、やっぱり気になるよね!じゃあ、次回はトランプさんの私生活に焦点を当ててみよっか♪メラニア夫人、息子さん、資産はもちろん、破産からの復活劇や生い立ちも見てみよう!

 

スポンサーリンク

よろしければこちらもどうぞ♪

アメリカ大統領選の裏側に迫ります。

いいね!シェアする♪