夜明け告げるルーのうたのストーリー紹介&キャラクター考察(一部ネタバレ注意)オススメ映画をご紹介します♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

かれん
今日は個人的に楽しみにしている新作映画「夜明け告げるルーのうた」のストーリーやキャラクターをご紹介します♪
さくら
湯浅監督の最新作ですね☆
かれん
うん!湯浅監督といえば、名作アニメ「四畳半神話大系」や「ピンポン」が有名だよね。でも、今回は監督が一番作りたかった作品なんだって♪
さくら
人魚のルーちゃんがとってもかわいいです♡どことなくポニョに似ていますが、これはまったりアニメなんですか?
かれん
うん。基本はまったりアニメみたいだけど、コンセプトは「心から好きなものを好きと言いたい!」という哲学的なテーマも含んでいるんだよ♪さらにかなり疾走感のあるアニメみたい。以下、考察してみるね!
新着記事

その他の最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

【新作映画】夜明け告げるルーのうたのストーリー紹介&キャラクター考察(一部ネタバレ注意)オススメ映画をご紹介します♪

スポンサーリンク

以下、画像は公式より引用します。

(著作権などは「夜明け告げるルーのうた」制作委員会に帰属します☆)

実際に見た後の感想&ストーリー考察は↓よりどうぞ♪ネタバレ注意です!

1夜明け告げるルーのうたってどんな作品なの?

出典:公式より以下同じ。

夜明け告げるルーのうたは、私もとっても楽しみにしているアニメ作品で、人魚の「ルー」と主人公 カイが出会い、友達になるお話から始まります。

ルーちゃんは人魚なのですが、目がくりくりしててとってもかわいい女の子です♪(n*´ω`*n)

ここまで聞くと、「あれ?ポニョ?( ̄▽ ̄)

と思っちゃう方もいらっしゃるかも。。。(;´▽`A“

ですが、ポニョと違い、今作ではどちらかというと青年~大人向けの哲学的なテーマを含んでいます。

それが湯浅監督のいう、

若い人に限らないかもしれませんが、「人と違っている、変わっている」と思われるのが嫌な人が多いように見えますね。

若いうちは生きている世界が狭いですが、 世界はもっとずっと広いし、本当にいろいろな人やいろいろな場所がある

その中にはとても自由で、自分に影響なければ他人に寛容な場所もある。

(中略)

知らず知らずのうちに周囲に合わせちゃってるんです。

近年の雰囲気は、王道から外れたり、危険とされてる道に入ると、すぐに外野から「専門家がこう言ってるから、できるわけがない」「戻れ」「変更しろ」なんて声が飛んでくる。

前へ進もうとしているのに足を引っ張られたりして障害になる事もある。

そんな、いろいろな 呪縛に固められた少年の心を開く存在として、人魚のルーがやってくる。

(中略)

やれると思ったことは、大概やれる。

これは人魚が少年の心を解放する物語です。

出典:湯浅監督インタビューより一部抜粋

つまり、世間体や他人の目線を気にして、知らず知らずのうちにカラにこもり、窮屈な思いをしている――そんな方に向けて、

本当は世界はもっと自由で広い。もっと好きに自由に生きようよ!」というメッセージを送ってくれる作品のようです♪

(私も気にしぃなところがあるので、耳が痛いかも。。。( ̄▽ ̄))

脚本はなんと「けいおん!」「ガールズ&パンツァー」の吉田玲子さんが担当されています!

これだけでも期待大!

以下、ストーリーをご紹介します。

完全にシロの状態で観たい方にとってはネタバレになりますので、ご注意ください!

2実際に夜明け告げるルーのうたはどんなストーリーなのか考察します☆(ネタバレ注意)

1主人公カイくんの過去とは?

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしています。

(父親役はまさかの柔道家、篠原さん!篠原さんの演技にも注目です!)

カイはもともと東京育ちでしたが、両親は離婚

そしてお父さんに引き取られてこの街に引っ越してきました。

父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。

唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。

家庭環境に問題があり、それを言いだせないまま暮らしているカイくん。

そんな彼の趣味は音楽の制作です。

今作はこの音楽も重大テーマの一つになっています。

2バンド加入&ルーとの出会い

 ある日、クラスメイトの国夫(左)と遊歩(右)に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われるカイくん。

国夫は、将来自分の神社を継ぐしかないから、今をできるだけ楽しもうとしています。

一方、遊歩は、すごく目立つ存在なのに本当は自分に自信がありません

キャラクターたちもそれぞれ思うところや悩みがある様子。。。

そんな彼らが練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが現れます!

楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。

ルーちゃんは「人間を食べる存在」とされる人魚ですが、

本当は人間と仲良くしたいと思っている女の子

カイは、そんな自由で無邪気なルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていきます。

これが一番の見どころかも♪

個人的にも天真爛漫で自由なヒロインや主人公と触れ合える作品は大好きです。

「歌はいいね・・・そう思わないかい?」のカ〇ルくんはもちろん、

天体のメソッドのノエルちゃんも大好きです♪

©天体のメソッド

天真爛漫なノエルちゃんもかわいかったです(#^^#)

彼らや彼女を見ていると、しがらみとか規則に囚われた心がε-(´∀`*)ホッと解放されたような気持ちになります。

3しかし、ルーは禁忌の人魚。街の人たちから嫌われて?

ただのまったりアニメではない今作。

日無町では、人魚は災いをもたらす存在とされているそうです。。。(´;ω;`)

そしてルーと町の住人たちとの間に大きな溝が発生。

さらに街の危機も怒ります。

ここからが物語のクライマックスにつながるシーン。

はたしてカイは囚われたルーを守り、街を救うことができるのか

他人の目線を気にせずに、本当にやりたい夢をかなえることができるのか?

そして、自分の中の気持ちを吐き出し、世界を変えることができるのか??

これがクライマックスで描かれるようです。

ただのまったりアニメではなくて、ハラハラするようなシーンも含み、ここはかなり疾走感のある展開になるとのこと。

私とさくらちゃんは涙もろいので(四月は君の嘘や君の名はのときは、2人ともぽろぽろ泣きすぎて映画館から出られないという・・・(;´▽`A“←むしろ恥ずかしくて席を立てない(笑)。)

悲しい展開にはなってほしくないですが、どうやらその心配はなさそうです。

スポンサーリンク

3映画の動画&詳細をご紹介

PVを見てもルーちゃんがかわいすぎます♪

街に伝わる「人魚は人を食べる」「わざわいをもたらす」の真相とはなんなのか。

カイの心は自由になれるのか。

これらの要素もメインに鑑賞したいと思っています。

また映画を観終ったら考察したいです☆

最後に映画の情報を載せておきますね(#^^#)

【夜明け告げるルーのうた】

公開日 5月19日より。

上映劇場 上映劇場は夜明け告げるルーのうた劇場一覧よりご覧ください。

『夜明け告げるルーのうた』湯浅政明監督ティーチインイベント
・日時:2017年5月25日(木)18:30の回
・場所:TOHO シネマズ日本橋
・登壇者(予定):湯浅政明監督 ほか

【チケット販売情報】
・劇場Vitオンラインにて、5月12日(金)24:00~(=5月13日(土)0:00~)

このほか上映劇場で前売り券が発売されています。

かれん
というわけで、今回はオススメ映画としての「夜明け告げるルーのうた」のストーリーをご紹介しました♪今からすごく楽しみです。5月はあと、バイオハザードの映画も見るつもりです☆こちらも楽しみです。(#^^#)

スポンサーリンク

君の名は、はBDも7月26日に発売されます。おそらくテレビ放送もあると思いますが、初回限定版はプレミアになると思いますので、要チェックかも☆

「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray同梱5枚組 (初回生産限定)(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)