ASKAさん復帰へ。不起訴理由の「お茶すり替え」と逮捕原因の「自ら110番」はなぜ?分かりやすく経緯をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

最新記事

最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

ASKAさん不起訴理由の「お茶すり替え」と逮捕原因の「自ら110番」はなぜ?経緯を分かりやすくまとめました。復帰へ。

1ASKAさん不起訴へ。理由はなぜ?

逮捕された歌手のASKA(アスカ)(本名・宮崎重明)さん(58)を

嫌疑不十分で不起訴処分にした東京地検は、

「被疑者(ASKAさん)が任意提出した液体を鑑定した結果、薬物が含まれていたから使用の罪で逮捕・勾留した」

「しかし、捜査の結果、被疑者(ASKAさん)の尿と立証するのが困難だと判断した」

とコメントを発表した。

出典:ヤフーニュースより引用 一部、薬物に改編。

つまり、逮捕した時点で任意に提出された尿からは、

薬物が検出された。

しかし、

「その尿が本人のものと特定するのが難しかったから不起訴」

ということが分かります。

2では、誰のものだったのか。尿のすり替えがあったと自白。

これに関しては、本人のものなのですが、

実はその際、お茶とすり替えた、と検察は話しています。

以下、検察側の証言です。

ASKAさんが、警視庁に任意で提出した尿は、お茶であったと、本人が言っている
そして、任意で尿をとる時に、警視庁の捜査員が、後ろから立ち会っていたということだが、

トイレの個室で、手元までは確認できるような場所ではなかったということで、尿を採取する瞬間というのは、見られていない。

出典:ヤフーニュースより引用

ここで分かりやすく「なぜ不起訴になったのか」を考察してみると、

1 検察の主張としては、任意で鑑定した尿から薬物反応が出たので、逮捕した。

これが11月28日の2度目の逮捕になります。

2 その後、ASKAさんはそれは「ただのお茶で自分の尿ではない」と主張。薬物疑惑を一貫して否認。

ASKAさんは「自分は1度目に逮捕されて有罪判決を受けてから、

薬物を使っていない」と一貫して主張していました。

そして、検察の「ASKAさんの尿から薬物が出た」という証拠が「実はお茶だった」と暴露

「そもそもお茶だったのなら、ASKAさんの尿ではない」→「証拠として使えないいう結果になってしまったと言えます。

「え?でも、鑑定したものから薬物が出たんだよね?(。´・ω・)?」

と思ってしまいますが、

これに関しては、非常に少量だったため、1度目の鑑定で薬物反応が出たものの、

「ただのお茶」という証言を覆すための分量が残っておらず、

「そもそも本人の尿なのか」「お茶であったのか」という重大な点に欠陥を残してしまった、ということです。

4他の道具などの物的証拠がなかった

これも不起訴になった大きな理由です。

非常に少量の「お茶」と言われるものだけでは、

ASKAさんを起訴して裁判に持ち込むだけの有力な証拠になりえない、

つまり検察側が負ける可能性がある

と踏んでの苦渋の決断だったと言えます。

今回の不起訴の根本の原因は、「毛髪鑑定をしなかったこと」や「尿検査の立ち合い」が甘かった検察(警察)側の落ち度があった、と言えるかもしれません。。。

3なぜ「お茶」にすり替えたのか、その理由を本人のブログから徹底考察。

ASKAさん本人の自白では、

警察が来る前にスポイドにお茶をとり、警察が尿検査を要求してきたときにそれを入れた

と証言されています。

「え!?スポイドでお茶を準備してた??Σ(゚Д゚)」

つまり、「このままではまずい」と思い、お茶にすり替えた、という推測が立ちます。

明らかにだった、ということですよね・・・(´;ω;`)

これが私が最初に思ったことであり、多くの方にそう思われても仕方ないと思います。

「警察の追及を逃れるために、尿のすり替えをし、それがうまくいったのだと・・・」

しかし、本人のブログを見るとそれとはまた違ったことが書いてあります。

以下、引用します。少し長いです。

みなさんが、今回の事件をどのような思いで見つめているのかを。

そして、絶えず思い繰り返していることがありました。

これで、有罪になるようなことがあれば、

この国は異常だと。

なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?

これは、2014年に逮捕された時からの経緯が含まれています。

当日、瞬く間に警察が9人家にやって来ました。

被害を訴えて警察に連絡したはずでした。

「appleのアカウントが、一週間で2回も書き換えられてしまいました。何度も、このような目に遭ってきました。もう、我慢ができません。

警察のサイバー課の方を紹介してください。

喋ったのは、わずかこれだけです。

警察は、

「わけのわからないことを言っている人がいる。」

僕の名前を、確認すると、

薬物などを専門に扱う「組隊五課」に、連絡をしたのです。

これが、今回の出来事の始まりでした。

対応した警察官が、

「apple」「アカウント」「書き換え」

こんなことも知らないのですから。

いや、そのくらいは理解できたのかもしれませんが、

「わけのわからないことを言っている。」

人権問題です。

「組隊五課が、到着しますから。」

「組隊五課?」

薬物などを専門に扱う部署です。

「検尿を求められるだろう。」

メヂィアに、

「ASKAが、意味不明なことを言っているので、検尿をした。」

発表しかねません。

それだけでも、大きな記事になるでしょう。

目の前にお茶がありました。

仕事部屋に置いてあったスポイトを思い出しました。

「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう。見つかったときには、素直に検尿に応じればいい。」

間も無く「組隊五課」が、やって参りました。

「これは、もう何をやっても事件にしようとするだろう。」

「ASKAさん、尿検査をさせてください!」

これは、僕の斜めからの思考だと思ってください。

ちょっと、意地悪な回路をくぐり抜けたのがしれません。

「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう。」

あまり詳しいことは書けませんが、

3日目には、陽性となりました。

ありえません。

この経緯に関しては、もう少し語らなくてはならなくてはならないことがあります。

そして、その後、さらに更新されました。

あれでは、警察が一方的に悪者になってしまいますね。

失礼しました。

実は、陽性になったのには、ひとつの理由があるのです。

科捜研に間違いはないと思います。

出典:以上ASKAさんのブログより。一部薬物に表現を改編。

簡単にまとめると・・・

1「サイバー攻撃があると思って」警察を呼んだ。

2しかし、警察は「薬物をしている」と決めつけてきた

3そのため、尿検査されると判断し、その前に「お茶」をスポイドで取って隠しておいた

4思惑通り、尿検査を求められたので、お茶を入れた。

5しかし、そのお茶からなぜか「薬物反応」が出た。それは科捜研という一流の検査であったのに。

6結局、検察は、それが「本人の尿」か「お茶」かの分析をできず、不起訴にした。

ということになります。

一体どういうことなのか。

一番の謎は、科捜研の検査で「薬物反応」が出たこと。

ただのお茶であったなら、出るはずがありません。

それはASKAさんの証言、

「出してしまったら、必ず陽性にされると思った」

「科捜研に間違いはない」

の二つの言葉がカギだと思います。

推測するに、

ASKAさんの意見では、警察や裏にいる何者かにハメられており、絶対に逮捕されると分かっていた。

尿検査で薬物反応が出たのは、「ただのお茶を入れたのではない」、つまり、「薬物」に関係のあるものが含まれていた、ということです。

それをASKAさん自身が入れられたのか、その裏にいる人物がいれたのかは、不明です。

これが本当なのか、

あるいは、ASKAさんの作り出したシナリオなのか、

真相は、ますます(。´・ω・)?な状態になってきています。

そこで少し、これまでのいきさつをまとめてみることにします。

4では、そもそもなぜまた逮捕されたのか。いきさつを簡単に。

1最初の逮捕と有罪判決

ASKAさんが最初に逮捕されたのは、2014年の5月でした。

それ以前から雑誌などで、薬物疑惑が報じられていましたが、確実な証拠をつかんでの逮捕となり、

その後執行猶予4年付きの懲役3年の有罪判決が出ました。

2更生施設で復帰に向けて活動

それからは更生施設で治療を受けている姿が報じられ、

「僕は4ヶ月の隔離病棟生活の中で、何と髪の毛ががっつり抜けてしまいました。特に、頭頂は激しく、フランシスコ・ザビエルのようになってしまいました」

「僕は、似合わないんです。これで、ラブソングを歌えるのだろうかと」

とご本人がブログでつづられ、復帰の意思を見せられていました。

そして、今年は

「ザビエルの部分に、芝生のようになった毛が、びっしりと生えてきました。あと、4ヶ月もすれば、元どおりになるでしょう。一安心です」

と報告されていました。

3 2度目の逮捕の原因。なぜ自ら「110番したのか」?

しかし、そんな中、2016年の11月25日に

「盗聴・盗撮されている。警察を呼んでくれ。」と自ら110番通報をしたそうです。

とご自身が自ら自宅から警察に電話。

そして駆けつけた警察官に対し、

意味不明な言動を繰り返していたため、

「薬物使用のおそれがある」

と警察は判断。

任意で尿検査を行ったということです。

そしてそこから薬物反応が出たため、2度目の逮捕になってしまった、ということですね。

盗聴されている・・・という言動は、

薬物使用による幻影や錯覚、というのは有名な話です・・・。

しかし、統合失調症の場合などにも起こり得る話なので、

一概には薬物の影響、とは言えません。

ただ、1度目の使用から考えると、非常に可能性としては高かったのではないかな?とも思いますし、

離婚するかしないか、という問題も経験されたことによる精神的な負担が、ASKAさんを追い詰めていたのかも・・・とも思ってしまいます。

4実際してたの?してなかったの?(。´・ω・)?

これは、検察側の証言を信じるならば、

最初の鑑定で「反応が出た」ということでしたから、、ということになりますし、スポイドでお茶をとっておいたという、明らかに不審な行動からもそう思わざるを得ない気もします。

一方、ASKAさんの証言を信じるならば、

「1度目の逮捕後は一切していなかった」

ということですので、誤認逮捕、ということになります。

つまり、何者かに「ハメられた」ということです。

弁護士がいるでしょうから、潔白を言わされた可能性もありますが、

今回不起訴ということは、

少なくとも使用は「疑わしいレベル」であり、

「疑わしきは罰せず」という日本の法原則を守ったとも言えます。

5どうしてASKAさんがハメられたのか?

そしてここからが裏情報なのですが、

苫米地英人博士によると、「この件は充分に考えられること」らしいのです。

なぜなら、

実は逮捕される前日に各メディアには既に「ASKA逮捕」の話がリークされていたというのです(苫米地博士は雑誌メディア「サイゾーのオーナー」)。

なぜか。

それは博士によると、「TPP強行採決」の日がまさに逮捕の日だったから。

日本では、国民に好ましくない法律を作る際には、こうして「有名人のスキャンダル」で目をそらす戦略が真実としてあるそうで、

今回がまさにその典型例だったようです。

ASKAさんのおっしゃっていた「僕はハメられた」はまさにそのことだったのかもしれません。

4今後の復帰はあるのか? 以下、復帰後の追記。

これはおそらく「ある」と思われます。

日本の芸能界は薬物や不祥事に対して、

非常に厳しいようでいて、

「復帰」に関しては

「需要がある」

「視聴率が取れる」

の理由から非常に優しい一面がありますよね。。。(;´▽`A“

ただ、個人的には

「一回悪いことをしたから、社会的にも絶対復帰は認めない!」

「悪は悪で更生は認めない!」

という社会よりも、

「更生があるのなら、また復活してもいい。」

「過去は過去。生活の手段として今後の出番も必要」

という意見の方が好みです。(場合にもよりますが。。。)

ASKAさんも上記にご紹介したブログのように「復帰の意思はある」ようですし、

今回、「不起訴」になったことで、

「犯罪者ではなかった」=「悪いのは検察。ASKAさんはいい人だった

という一部でこのような(ちょっと極端な)話が出る可能性もあります。

それに後押しされれば、

今後ワイドショーや新聞や雑誌などでASKAさん本人から「真相」を聞き出そうと依頼が来るでしょうし、

それで世間的に「許される」ムードになったら、

「歌番組」に呼ばれる可能性も出てくると思います。

追記。

ASUKAさんが早速youtubeに新しい歌をアップされました。

2016/12/24 に公開されています。

東京のスタジオを使用することができなくなった時、僕の前に道を拓いてくれたのが、ふるさと福岡でした。
「FUKUOKA」を聴いてください

早い・・・!と驚きましたが、とてもいい曲です♪

やっぱり声は素晴らしいと思います。

 

いずれにせよ、薬物からの更生は非常に、とんでもなくつらい・・・(´;ω;`)と聞きますので、

そこは個人的に頑張っていただきたい気持ちです。