【PS4】人生で絶対やった方がいいと言えるおすすめゲームランキングベスト25!人気RPG・アクション・ゾンビ系の買ってよかったゲームをご紹介!【最新版プレイステーション4おすすめゲーム】

かれん
こんにちは!PS4ソフト何買おうかな・・・と迷われている方に向けて、100本以上プレイしてきた中で「ぜひこれは!」と思う個人的なおすすめのゲームランキングをご紹介したいと思います。
かれん
今回はPS4限定で、RPG・アクション系&ゾンビ系としてそれぞれおすすめソフトをご紹介します。あくまで私のおすすめですが、人気ソフトなのでぜひプレイしてみてください!ゾンビ系は私が好きなので・・・(笑)
カテゴリー別新着記事

最新記事はこちらからどうぞ♪

絶対プレイしたい!PS4ソフトおすすめベストランキング!RPG・アクション・ゾンビ系を解説!

スポンサーリンク

最初にps4RPG(アクション&RPG)のおすすめゲームベストをランキングにしてご紹介します!

おすすめランキングの選定基準は、

・今からPS4を買ってプレイして充分楽しめること。今からプレイするとしたら?最新作にも近く、話題や続編にもつながりやすいもの。

初心者さんでもプレイしてまず間違いがなく面白いこと。

・話題性や人気度・皆の評価が高いもの

個人的に絶対プレイして欲しい、ドはまりしたもので、人生が変わったと言えるもの(リメイク・リマスター含む)

という4つの基準で選んでいます。

既にスイッチやPS4を持たれている方はプレイしたものも多いかもしれません。

また、RPGとアクションを厳密に分けようと考えたのですが、PS4のおすすめソフトということで考えた場合、アクション要素多めのRPGも多いため、今回は同じ分類としました。

どのソフトもすべて絶対プレイしてほしい!後悔しない!と心から思えるものを選んでいます。

そのため、本当は入れたいけど、初心者さんには難しすぎるとか、好き嫌いが非常に分かれる作品は今回別枠にしています。

また、ホラーが苦手な人のためにホラー要素のあるゲームは(ゾンビ系)と載せています。

1ラストオブアス1&2(ゾンビ系)

1ラストオブアス ps4版

もはや言わずもがなの名作中の名作。

ノーティドッグの一番と言っていいほどの大作。

個人的には、絶対プレイしたいps4ソフトナンバーワンと言ってもいいほどの名作。

200以上ものメディアでゲーム・オブ・ザ・イヤー(GOTY)を獲得している

全米脚本家組合賞ビデオゲーム部門を受賞しGOTYを含む10部門で受賞となる快挙を成し遂げた。などなど。

とにかく、映画の世界を旅しているような画質と、主人公ジョエルとエリーの冒険、親子愛にも似たキズナが芽生えていく感動ストーリー、アクションなどなど、全て完璧と言っていい作品です。

これをプレイしていないのはもったいない、と言えるくらい好きです。

今作は厳密にいえば、ゾンビではなく、キノコの菌に感染した人間と崩壊した世界が舞台です。

ランナー、クリーガーなど種別もあり、場合によっては一撃でやられたりもします。

ですが、フォールアウトのような複雑な工程や、自由さがなく、あくまでストーリーは一本道なので、進めやすいと思います。

ストーリーは以下に記載していますが、ぜひプレイしてほしい・・・。

ラストオブアスは本当にプレイした人の人生を変えるレベルで面白いです。

ちなみにドラマ化も決定しています!

2ラストオブアス2

世界的名作ラストオブアスからやっと満を持して発売されたのが、ラストオブアス2!

2020年6月にようやく発売されました・・・長かった・・・。

ただ、正直なところを書くと、ラスアス2は非常に賛否が分かれる内容となっており、実際に評価は激しく二分されています。

そのため、ラスアス2は人を選ぶ内容なのですが、個人的には好きです。

だから、2は絶対おすすめ!とは言えません。

でも、ラスアス1だけは絶対プレイしてほしい・・・それだけの価値がありますし、1だけでも物語はしっかり完結しています。

ちなみに2のストーリーはそのまま1からの続編となっており、主人公だったジョエルとエリーの旅の完結編となります↓

2バイオハザードシリーズ(ゾンビ系)

言わずもがなの名作にして、日本の代表作バイオハザード。

ラスアスがゾンビ系なので、それに負けない作品としてご紹介します。

ただのホラーゲームではなく、巨大組織VS主人公だったり、敵にもつらい過去があったり、壮大な野望に溺れて自分がゾンビになったり、ストーリー&謎解きがとにかく面白い!

バイオハザードシリーズは、本編にあたる1~8(2021年発売)があり、それに枝分かれして、途中の時系列を埋める形の作品が複数あります。

ただ、これからPS4でプレイするとしたら、ぜひ以下の作品をプレイしてみてください。

実際の物語はそれぞれ完結しているため、まったく分からないということはないです。

1バイオハザードRE2

ご存知バイオハザード2のフルリメイク版!

2019年1月に発売されましたが、めちゃくちゃ高評価です。

とにかく2はストーリーがいいです。

バイオハザードシリーズの主役である「レオン」と、謎の美女「エイダ」の初めての出会いと極限の恋も描かれます。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

1の後の世界の話ですが、2はまた別の主人公と物語のつながりになっており、1をプレイしていなくても全く問題ないです。

さらに本当にゾンビ!強いゾンビが帰ってきた!バイオハザードです。

バイオと言えば、もともとゾンビなのですが、最近はゾンビからかなり離れていましたよね。

「いまさらゾンビ?弱いでしょ?笑」

と思うことなかれ。

今作のゾンビはめちゃくちゃ強いです(笑)。

ヘッドショットを決めても3~5発は必要だったり、全部のゾンビを倒していたら弾薬が足りなくて終わったり、

「ゾンビってこんなに脅威なんだ・・・そりゃ町も壊滅するよ・・・」

と思わせてくれる、「殲滅」ではない「恐怖の逃走」ゲームになっています。

ゾンビはできるだけスルーして、リッカーには見つからないように・・・というよりリアルな戦術が求められました。

ゾンビを撃ちまくってヒャッハーしたい!という方にはまったく向きませんが(一応無限もありますが、最初苦痛だと思います)、

リアルなゾンビがはびこる町を探求したい、バイオハザードシリーズの原点ともいえる

「レオンとエイダ」「クレア」「シェリー」などの主要人物の物語を見たい!という方にはぜひおすすめです。

詳しいストーリーやプレイ後の感想などは以下にまとめています↓

ちなみに、18歳以上対象で表現が過激なz版と17歳以上対象のD版(通常版)、さらに過激な北米版がありますので注意(↓は左がz、右がD)

2バイオハザードRE3

2をプレイしたら、続いてプレイしてほしいのがRE3。

こちらは2020年に発売されたばかりの作品です。

時系列は2とほとんど同じで、同じ町での別の主人公の話が描かれます。

RE3はプレイ時間もすごく短く、5時間もあればクリアできる内容。

さらに、アクション要素もかなり強く、RE2よりも初心者さん向けかもしれません。

その分、ホラー要素は薄めですが、サクッとバイオハザードの世界を体験したい方にはこちらがおすすめ。

追跡者である「ネメシス」に追いかけられる恐怖がなかなか癖になります(笑)。

ここから、バイオハザードに何を求めるかでおすすめソフトが変わります。

まずは、もっとホラーを!と思った方向け。

3バイオハザード7VR

こちらもバイオハザードシリーズの本編に当たる作品。

バイオハザードシリーズでも最恐の怖さ・・・。

ホラー作品でバイオ7は名作に入る圧倒的な恐怖感を得られます。

今回はアクションメインだった4~6までとはまた違い、どちらかというと、1に近い狭い空間での圧倒的恐怖を描いた作品でした。

お父さんとミアの恐怖はトラウマもの・・・(´;ω;`)

VRでプレイした私は未だにお父さんが夢に出てきます。。_(┐「ε:)_。。。コワイヨ・・・。

本気で怖いホラー体験がしたい方は、ぜひVRでプレイすることをおすすめします。

遊園地のお化け屋敷が余裕になるかも・・・(?)

慣れると、恐怖よりアクションが楽しくなりますし、無料のDLCでは、歴戦のクリスを操作してアクションメインで楽しめます♪

4バイオハザード4

ちなみに全作プレイしてみて、やっぱりバイオハザードで一番好きなのは、バイオハザード4です。

バイオハザード4は、アクションメインに路線変更した3部作の1作目のような存在。

2の主役であるレオンとエイダが再び登場し、寄生体に侵された村人たちとの闘いを描いた作品です。

ホラー要素はあるにはありますが、どちらかというとアクションメインのため私はあんまり怖いとは思いませんでした。

ちなみにバイオ4には、未だにトラウマになっている方も多い、バイオで恐怖を感じたクリーチャーの代表「リヘナラドール」も出てきます。

でも、本当に初心者でも大丈夫だから・・・!ぜひプレイしてみてね♪(小声)

こちらはぜひバイオ未プレイの方にもプレイしていただきたいです。

1~3プレイしていなくても大丈夫!

PS4ではリマスター版も出ています。

その後、バイオにホラー要素を求める方は、1やリベレーションズ1&2を。

アクションを求める方は、バイオ5&6をまずプレイするのがおすすめです。

特にバイオ5&6はホラー要素がおまけのような感じで、ほとんどアクションゲームなので安心して?楽しめます♪

3キングダムハーツシリーズ

1キングダムハーツ3

言わずと知れた大作RPG「キングダムハーツ」シリーズの最新作です!

「キングダムハーツなにそれ?(。´・ω・)?」

という方のために簡単に解説すると、

「とにかくディズニーが大好き&ディズニーファンならまずこれをやろう!」と言えるほどの作品。

日本ではFFシリーズと並んで大人気のRPGであり、最新作3が出るまで10年ほど待たされたファン待望の作品であり、1~3までの物語がこの3で完結する、というものです。(;^ω^)

ストーリーは「光と闇」の戦いをテーマに、主人公ソラが世界を闇に染めようとする敵「マスター・ゼアノート」と彼の部下「13機関」を相手に闘っていく・・・というものですが、

とにかくバトルアクションが面白い!

また、一番の特徴としてディズニーの世界を探索し、ディズニー映画の物語を追体験&補完しながら各ワールドを冒険できる!というものがあります。

「え?でも、3なら1~2までやってないとダメでしょ?」

と思うことなかれ。

初見でもディズニー映画の世界で冒険するだけでも楽しいですし(本当に映画そのもの!)、

パイレーツオブカリビアンでジャックと一緒に大砲を撃ちまくる海上大戦やら、トイストーリーでおもちゃになって冒険したり、アナ雪の世界を追体験したり、と各ワールドだけでも楽しめます。

また、1~2までの物語や重要な内容は↓にも記載していますので、3から始めても大丈夫!

さらにキングダムハーツシリーズは今後も4以降も続いていきますので、今はじめても今後何年、下手したら数十年楽しめる作品になっています。

4スパイダーマン

個人的にオープンワールドの真髄を見た作品。

大都会を縦横無尽に駆け回れる作品はこれ以上のものはないと言えるほど。

プレイステーション4を持っているなら絶対にプレイしてほしいです。

ちなみに続編の発売も決まっています。

まさにPS4版の「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」と「龍が如く」のいいところを融合させた感じです

何より面白いのはリアルなニューヨークの街を本当に縦横無尽に駆け回れること(マンハッタンがオープンワールド)!

世界の規模はゼルダより小さくとも、ビルを駆け上がったり、ビルとビルの間をスパイダーウェブでスピード感満載でダイブしたり、とにかく自由!

私はニューヨーク未体験なのですが、タイムズスクエアやセントラルパークなど知っている場所もリアルに体験できて本当に楽しかったです(散歩するだけで旅行気分で楽しい)。

映画並のストーリー構成も〇

ミッションを次々にクリアしていくスタイルながら、段々と意外な人物が黒幕だったり重厚なストーリーが描かれます。

かつての敵キャラと戦ったり、映画で出てきた嫌味なジャーナリストやら、そういう演出もうれしいです。

バトルシステムは龍が如くのスパイダーマン版みたいな感じです。

シームレスにバトルが展開され、潜入して背後から敵をメタルギアのように倒したり、ガジェット使って罠をしかけたり、戦略性も楽しめます。

とにかく夢中になって4日くらい中毒みたいになって遊びました。

すぐクリアできるのもグッド。

映画をリアルに体験してみたい!

オープンワールドで暴れてみたい!

龍が如くのバトルが好き!

気楽に遊びたい(難易度イージーやパズルスキップなど可能)

という方にはぜひおすすめです。

最初はスパイダーマン?と思っていた私が今年のベストかも!と思えたくらいです(笑)。

5龍が如くシリーズ

任侠ものを描いた超有名ゲームシリーズ。

「え?ヤ〇ザ?興味ない」と思うことなかれ。

題材は裏の世界ですが、ストーリーは映画以上の感動を得られること間違いなしの人情あふれる最高の作品です。人生勉強にもなる作品です。

登場人物は、0~6までが桐生一馬で、7からは春日一番に変わっています。

ただ、どこからプレイしても物語自体は毎回完結しているので、大丈夫です。

1龍が如く0

個人的ベストオブベスト龍が如く。

龍が如くシリーズはこれだけでもプレイしてほしい!と思える作品です。

逆に言えば、これをプレイせずして、龍が如くは語れない!というほどの作品。

ストーリー的には歴代最高。

正直、龍が如くシリーズで一番好きです。

この作品は、シリーズ主人公の桐生一馬(右)と真島吾朗(左)が主役のゲームですが、

個人的に真島さん(画像)による、真島さんの、真島さんのためのゲームというくらい真島さんがカッコいいです・・・!

もちろん、桐生さんのストーリーも面白いです。

普段はちょっと頭がおかし・・・ごほん、変わりものの真島さんですが、

この0では、彼の若い頃が描かれ、どうして彼は成り上がったのか、

つらい過去のいきさつと謎の盲目少女との関係などなど、とにかく真面目でカッコいい真島さんが見れます。

人間ドラマとしても、映画を見た以上の感動が得られ、人生勉強にもなった作品です。

最後に少女を前にした真島さん・・・かっこよすぎました・・・(´;ω;`)

アクションは殴る・投げる・蹴るなどの肉体系ですが、それも面白いですし、

リアルな歌舞伎町や道頓堀の風景が再現されているため、それも面白いです。暴れまわることができます(笑)。

不動産やキャ〇クラなど、お金持ちになるというミニゲームも満載。

とにかく、龍が如く未プレイの方でも楽しめますし、ヤっさんのコワイお話が苦手な方でも、人間ドラマとして楽しめると思います。

2龍が如く7

龍が如くシリーズの最新作。2020年発売。

主人公が春日一番に変わり、0~6を未プレイの方でも最初から入っていける作品です。

組のために罪をかぶって、10年以上服役していた主人公春日一番が、戻ったなり、大好きだったオヤジに撃たれ、目が覚めたらホームレスから始まる・・・という衝撃のストーリー。

ですが、主人公の持ち前の明るい性格と、困っている人を放っておけない優しい性格が本当に元気を与えてくれます。

最終的に成り上がりを目指し、東京都をも巻き込むという壮大なストーリーが描かれます。

最初は、バトルシステムに不満があったのですが、リアルドラクエと思えば面白いし、何よりも映画以上のストーリーだけを目当てに買う価値あり!

龍が如くシリーズで0の次に好きな作品になりました。

3ジャッジアイズ

こちらは2018年12月に発売されたキムタク主演のソフトです。

龍が如くの本編シリーズのスピンオフという立ち位置ですが、正直本編シリーズを超えた・・・と思う内容。

最初発表されたときは「え?キムタク?!」と、正直びっくりしてしまいました。。

ですが、さすが龍が如くの最新作であり、なおかつ一番すきな龍が如く0のスタッフ再集結なだけあって、本当に夢中で遊びました。

バトルシステムは龍が如くと同じで、神室町という舞台も同じです。

ただ、今作は探偵パートや尾行、裁判などの要素も入っており、サスペンス映画を見ているような緊張感があります。

おそらく、ドラマや映画でサスペンスやミステリーが好きな方は絶対ハマると思います

ストーリーは本当に面白いです。

バトルの爽快感よし、ストーリーよし、ラブストーリー一部あり、お笑い要素多めなので、仕事から帰って気楽に息抜きに遊びたいRPGとしてもかなりおすすめできる本作。

本腰を入れて遊ぶのは結構つらい方でも、20時間くらいでメインはクリアできちゃいます。

序盤ストーリーは↓にもご紹介していますので、ご興味のある方はぜひ♪

↓はネタバレありのため注意。

買って後悔しない面白さ、気楽さ、という点でジャッジアイズを高評価しました☆

龍が如くは、任侠に興味がない方でもとりあえず上の3作品は絶対プレイしてほしいですし、後悔しない内容になっています。

もし、龍が如くの世界観にはまったら、ぜひ1からプレイしてみてください!

スポンサーリンク

6モンハンワールド&アイスボーン

こちらも超有名アクションゲームの代表作。

2018年GOTY(ゲームオブザイヤー)のRPG部門を受賞しました!

これは面白さもそうですが、

・従来のモンハン以上に、初心者として参入しても存分に楽しめる設定であること。

・世界的人気で、1000万本突破というカプコンの最高記録樹立。

・対人ゲームが苦手でも、モンハンは協力プレイであるため安心であること

・装備・武器作成でやり込み要素があり、これ1本で100時間以上充分遊べること。

アクションゲームとして最高峰の仕上がりモンスターを攻撃する・回避する・その他アクションが一つ一つ楽しい!

という点を高評価としました。

ちなみに2019年の秋には追加コンテンツであり、これまでのG級相当の

「アイスボーン」も発売になりました。

ゲームはそんなにたくさん買えないし、1本でとことん長く遊びたい・・・と思う方におすすめです!

ちなみに難易度ですが、歴代モンハンより難しくはなく、苦手な方でも装備を一つずつ作っていけば、ほとんどのモンスターが倒せます。

さらに、「救難信号」というシステムで、強い方が助けに来てくれたりもします(オンライン)。

一方、装備品を集めるのが面倒だったり、アクションゲーム主体なのがあんまり好きじゃない、ストーリーを映画みたいに楽しみたい、という方には向いていません。

ここは好みが分かれるところ。。

7ニーアオートマタ

PS4おすすめソフトで、ぜひ挙げたいのがニーアオートマタです!

こちらの作品は、私が2017年個人的ベストゲームと認定したRPG作品で

あまりの人気に既に続編の制作が発表されたほどのものです。

おすすめポイントは↓

ストーリーが重厚であり、独特の世界観・美しすぎる美麗な世界を冒険できる

悲しい泣けるRPGが好きな方、哲学的な内容が好きな方におすすめ

アクションも圧巻の楽しさ!

・エンディングが複数あるため、周回も楽しい!

・キャラクターがかわいい・かっこいい。

1年たった今でなお売れ続けている名作です!

ただし、ストーリーは悲しいものが多めのため、悲しい話が苦手な方・明るい話が好きな方はやめておいた方がいいかもしれません。

ストーリー考察もしています(ネタバレ注意)↓

8ドラゴンクエスト11

次におすすめするのは名作ドラゴンクエストシリーズの最新作「ドラクエ11」です!

言わずもがななRPGの定番にして、王道中の王道。

日本の二大RPGとして、ドラクエとFFが挙げられるほどの存在です。

ストーリーが深い!途中、まさかの展開があり、エンディング後がまた楽しい!

キャラクターの個性が豊かで、一緒に冒険して本当に楽しい。ソロプレイでも全然飽きない。

本当に、世界に入り込んで「冒険」している気分になれる

ネタバレになるので、ストーリーを明かせませんが、プレイして絶対のめり込む内容です。

純粋に王道のRPGを楽しみたい!

日本のゲームの最高峰を体験したい!

物語がやっぱり大切!

という方にはぜひプレイしてほしいです。

純粋な冒険がとにかくしてみたい!という方にはおすすめの一本。

ドラクエ11のストーリー考察もしています。こちらもネタバレ注意です。

スポンサーリンク

9ゴッド・オブ・ウォー

全世界で1か月で500万本という記録を打ち出した、2018年のゲーム・オブ・ザ・イヤーになりうるのが、「ゴッドオブウォー」!

※2018年GOTY(ゲームオブザイヤー)総合1位を受賞しました!

正確には、ゴッドオブウォーの4にあたる本作ですが、今回はタイトルからナンバーも消えて、完全新作として未プレイの方でも十分楽しめる内容になっています(一応3のストーリーの続きですが、知らなくても大丈夫)。

一番いいところは、やはりアクション!

視点が背中越しになり、これが思った以上に快適。

斧を投げて戻して、息子に弓の指示飛ばして、謎解きをして、敵(難易度によっては雑魚的でも一撃終了)がわんさか出てきたところをどうクリアするか、という戦略性含めて、近年まれに見る「戦闘が面白すぎる神ゲー」です。

ロードなしの完全シームレス。

物語もさくさく進みますので、飽きるということもありません。

無口な父とわんぱくな息子の親子愛にも大注目(ラスアスみたいな愛表現好きな方はハマるかも?)。

ストーリーとしては母の遺灰を山頂にまく、という目的のために始まっていくのですが、導入部分の「謎の男(ネタバレなので秘密)」との決闘から、既に大興奮!

正直、このグラフィックとアクションはPS4の性能を全て出し切ったのでは?と言えるくらいのものでした。

こちらを実際に見ていただくのが速いと思います。

個人的にはストーリー〇、アクション最高、という2018年GOTY。

ただし、18歳以上対象なので注意。

また、いい意味で一本道なので、オンラインでわいわいやりたい方には向かないかもしれません。

現在、最高難易度でプレイ中ですが、「うん・・・無理・・・_(┐「ε:)_」というくらい超絶難しいので、ハードゲームを求める方にも推奨。

逆に、ストーリーメインの方はイージーだと、無双シリーズみたいにサクサク進むと思います(イージーからハードまでは途中でも選べます)。宝箱の謎解きも多いですが、そこもストーリーだけならスルーでも可です。

アクションゲームで爽快感を求めたい方や、最高グラフィックでのめり込みたい方にはすごくおすすめです♪

10レッドデッドリデンプション2

あの有吉さんが、発売前から楽しみにしていたと言っていた作品。

オープンワールドの傑作と言える作品です!

本当に現実から一気に西部に飛びます。

見ての通り西部のアメリカが舞台ですが、映画の世界に入り込んだ感じで楽しめます。

海外の映画が好きという方にはぜひプレイしてほしい作品。

ストーリーよし、探索よし、とにかくオープンワールドがすごすぎて現実と区別がつかなくなるほど()。

ただし、評価が分かれるところですが、字幕表示だったり、主役が悪になるということで低評価も結構あります。

今作は何をするにも時間がかかることが非常に多いため、あんまり時間がない方にはおすすめしません。

ただ、のんびりと現実を離れて釣りしたり、探索したり、悪者になって追われたり、西部で生きてみたいというロマンを完全にかなえてくれる作品なので、「西部が好き」な方にはぜひプレイしてほしいです。

11デスストランディング

かのメタルギアの小島秀夫監督の最新作です。

発売前から期待大であり、その期待を見事に裏切らないというか、良い意味で+に裏切ってくれた作品でした!

ノーマン・リーダスが主役となり、「ポーター」として荷物を運ぶ・・・ゲームなんですが、

最初から謎だらけの展開で襲われ、生と死のハザマの世界を行きかい、最初から頭の中が??と謎だらけで始まります。

ただ、だんだんとその謎が解明されていき、最後のクライマックスでぼろ泣きしてしまうという。。。そして1周目ではよくわからないところを考察して2周やるという・・・。

最初は単調で退屈な荷物運びのはずが、壮大な映画をいつの間にか体験させられていた・・・という不思議な感覚になります。

実際、評価は結構分かれるところがあって、序盤のムービーがとにかく長い!1時間くらいムービーで、しかも最初は荷物運びがしんどいです(笑)。

でも、装備を整えて段々と苦痛だった荷物運びがクセになっていき、襲ってくるBT(敵)との闘いも楽しくなります。

なんというか、物語は哲学的で科学的でエヴァンゲリオンの感覚に近いです。

個人的には、自然が好きで、謎めいた考察が好きで、映画が好き(ムービーが本当に長いので苦痛でない人)なら絶対はまると思います!

12ホライゾン ゼロ ドーン

こちらは、あまり知らないという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ストーリー・アクションともに最高峰の作品です。

洋ゲーだとオープンワールドでこれ以上の作品はなかなかないです。

世界滅亡後、「機械の獣」が人間を襲う世界。

そこに生きるノラの少女の成長と、復讐・世界の謎を求めて冒険します。

主人公は、忌み嫌われた存在で、そんな自分を大事に育ててくれた恩人を物語の序盤で襲撃によって失います。

なぜ、世界は機械の獣が支配するようになったのか、

そしてそれを利用する黒幕の存在、

自分の出自などなど、謎だらけの世界を冒険していくことになります。

イメージとしては、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのリアル版という感じで、とにかく広大なフィールドを駆けまわり、自由に大冒険する感じです

機械の獣を乗り回したり、戦ったり、洗脳したりするのも楽しい要素。

もちろん対人アクションも面白いですし、ストーリーも重厚です。

スイッチのゼルダにハマった方はこちらもはまる可能性大。

とにかく広いオープンワールドを自由に駆け回って冒険できます。

13ウィッチャー3

こちらも名作中の名作。

2015年のゲームオブザイヤー受賞作です!

この作品もPS4を持っているならプレイしないと人生もったいないと思える作品で、ファンタジーの王道中の王道ともいえる作品。

ちなみにウィッチャーはポーランドのファンタジー小説『ウィッチャー』が原作で、魔物退治の専門家であるゲラルトが主人公です。主人公がダンディなのもいいところ。

子供のころ、だれもが憧れたはずの中世ファンタジーの世界がここにあります。

「これほどの壮大、巨大な作り込まれた世界観のゲームは他にない」

ストーリーも壮大ですが、クエストも楽しく、この一本でとことん遊べて飽きさせません。

個人的に時間を忘れて3日徹夜したゲームはなかなかないです。。。

14ファイナルファンタジーシリーズ

ドラクエと並ぶ日本の二大巨頭、ファイナルファンタジーシリーズ。

PS4を持っているなら、プレイしておかないともったいない名作です。

ファイナルファンタジー(FF)は、本編が1~15まで出ていますが、それぞれの作品に相互関係はほとんどなく、それぞれが別個の作品として完結しています。

毎回ファイナル。それが、ファイナルファンタジー・・・。( ・´ー・`)

_(┐「ε:)_ずこー

1FF7R(ファイナルファンタジー7リメイク)

2020年4月についに発売された、ファイナルファンタジーの最新作にして最大人気を誇る7のリメイクです。

ストーリーはもちろん、驚いたのはアクション!

本当にFFの世界に迷い込んだような街の細かい作りだったり、主人公クラウドの動きだったり、驚きの連続すぎて、個人的2020年のゲームオブザイヤーです。

ミッドガルという町を舞台にした本作。

正直、暗めの要素が多いですが、日本が世界に誇る大人気作品の真髄を見れます。

ただ、問題はFF7Rは分作ということ・・・(´;ω;`)

本来のFF7からしたら、まだ序盤の段階で今作は終わるため、それが残念。

そして、おそらくFF7R2が出るのは数年後でしょう。。

2FF15

こちらは名作FFシリーズの本編の最新作。

発表から発売まで「まだかまだか」とかなり長く待たされた作品です(笑)。

戦闘もシームレスに行われ、戦闘アクションがとにかく楽しい本作。

ストーリーは賛否別れるものとなっていますが、

王道オープンワールドRPGと言える作品でした。

主役は王子様。最初はやっぱり生意気で「これ主人公?」と思うほど。。

男同士4人旅で、途中主人公にとって鬱になるような出来事が連続しますが、それでもなお立ち上がって進む背中がだんだん好きになります。

今作はかなり悲しい内容が多く、人によってはマイナス評価も多かったのですが、

アクション・画質の美麗さ・音楽の美しさを含め、やはり日本を代表する作品だと思います。

ちなみに、ロイヤルエディションが現在は発売されているため、こちらを購入するのが吉。

3FF10リマスター 一番好きな名作☆

FFでは私が一番好きなRPGをご紹介♪

これまでの人生では天使の詩(PCエンジン)、FF7、8と大好きな作品がたくさんありましたが、FF10はやっぱりなんどプレイしても感動します。。

FF10-2ではなく、FF10だけでいいので、未プレイの方にはぜひプレイしてほしいです。

おそらく、これを超える名作RPGはしばらく出てこないんじゃないか・・というくらい好きです。

人生を劇的に変えた作品はFF10以上にはありません。

そのため、絶対プレイしてほしい!というこの記事の趣旨から考えると、

FF10こそ、人生で絶対プレイして後悔しない作品です。

南国から始まり、最後に感動的なフィナーレを迎えるまで、パーティと本当に旅している気になります。

死とは何か?安息なのか?この世界は何か?を小さい私に突き付けた作品でした。

最後はとにかく泣きます。。。(´;ω;`)

そして、FF10-2、FF10-2.5(小説)もあります

さらに、FF10-3が発売されるという噂も存在しており↓今後も目が離せません。

FF10-3の設定画。発売されるかは未定。ティーダがジェクトっぽくなってます。

PS4版には、FF10に10-2、永遠のナギ節など、全て入っているので、ぜひ♪

FFシリーズは人によって最高の作品が変わりますが、どの作品も最高です。

個人的には、ベストが10。次が8で、9。そして7と6。それから13と12という感じです。

15デビルメイクライ5

スタイリッシュアクションと呼ばれる、まさに「スタイリッシュに技を決めまくる」爽快アクションゲームの最新作が、デビルメイクライ5です。

全世界で大人気のデビルメイクライシリーズの待ちに待ちすぎた一本ですが、

今作は過去作と比べてもアクションが面白いです!

ストーリーとしてはすごく単純なのですが、とにかくバトルが面白いのでさくさく進みます。

アクションが苦手な場合はHUMANという難易度を選んで簡単にプレイすることも可能。

ストレス発散に悪魔をバンバン狩りまくるストレス解消ゲームにもなっています。

「デビルメイクライシリーズは未プレイだし・・・・」

という方も大丈夫!↓

デビルメイクライ1~4までのストーリー(あらすじ)と登場人物、前半のストーリーは以下にまとめていますので、ネタバレ注意でぜひどうぞ。

16ペルソナ5

PS4おすすめソフト、こちらも名作シリーズのペルソナ5!

『日本ゲーム大賞 2015』フューチャー部門を受賞し、2017年12月1日に、全世界累計出荷本数200万本を突破した作品です。

ペルソナは日常パートと二重の独特の世界観と異能力を駆使して戦うRPGですが、

名作揃いのペルソナシリーズでも、今作は屈指の良作。

ペルソナはストーリーが重要なので、少し冒頭をご紹介すると、

物語が始まる数ヶ月ほど前、街では交通事故や工場の爆発、地下鉄の暴走が立て続けに発生していた。

加害者達は突如豹変したかのように事件を起こし、事が終わった後に「なぜそんな事をしたのかわからない」と語っている。世間ではこれを「精神暴走事件」と呼び、人々は恐怖していた。

主人公はある理由により、春から東京の秀尽学園への転入を余儀なくされる。

転入初日、通学途中に出会った同級生の坂本竜司とともに学校へ行くも、着いた先は学校ではなく謎の古城である「パレス」だった。

わけも分からず異形の存在「シャドウ」に追い詰められる中、謎の生き物「モルガナ」と出会い、主人公は「ペルソナ能力」に目覚め、シャドウを撃退する。

その後、竜司やクラスメイトである高巻杏達を虐げる教師・鴨志田を改心させたことをきっかけに主人公達は怪盗団を結成し、世間の悪人達の「改心」を始める・・・。

今作は音楽がまた名曲揃いで、日常パートも面白く、今作も時間を忘れて遊びました。

ただし、アニメ絵なので、それが苦手な方にはおすすめできません。

アニメが好きな方は絶対プレイしてほしい作品です。

17仁王シリーズ

こちらは2017年発売の仁王。

そして仁王2も発売されました!

和製「ダークソウル」と呼ばれる名作です。

その名の通り、高難易度のアクションゲーム。

とにかくやられる、何度も理不尽にやられる、そのたびに研究して立ち回りを考えて、装備を強くして強敵と戦う・・・という途中で最初は投げ出したくなるゲーム。

でも、やっているうちにハマってしまい、慣れたらやめられなくなる中毒性があります。

アクションゲームが苦手な方にはおすすめできませんが、モンハン飽きたし、ちょっと似た感じのゲームしたいな~という方にはおすすめ。

ただし、モンハンの難易度と比べると最初泣きます。(´;ω;`)

じっくり時間をかけて遊びたい方向けかもしれません。

アクションをとにかく楽しみたい!派手に暴れたいという方にはおすすめ!

ストーリーもよくて、関ケ原前の日本を舞台に、跋扈する妖怪をバッサバッサ倒していく歴史ものにもなっています。

仁王が気に入った方はゴーストオブツシマやダークソウルシリーズもぜひ♪

18アンセム(ANTHEM)

アマゾン評価は低いけれど、個人的にかなりはまったのが、アンセム。

(アマゾン評価は日本は特に低評価つきやすいので、当てにならないと思っています・・・)

2019年2月に発売され、2019年上半期でもっとも期待大のゲームとされていました。

実際に発売されてからは、

「バグがひどい」

「オンラインでしか遊べない」

など低評価もありましたが、

空中を自由に飛び回り、モンハンのように対人ではなく、対モンスターで銃を撃ちまくるオープンワールドという設定はやはり最高だと思います。

実際に、オンライン加入必須(PSPLUS加入必須)であり、ストーリーはあってないようなもの(英語音声で日本語字幕だが、忙しくて分からない)、たまにエラーでミッション中断、などまだまだ未完成ですが(だからアマゾン評価が低い)、

今後アプデが続いていき、長い目でみればかなり期待できる作品です。

ストーリーうんぬんより、空中自由に飛んで、銃撃ちまくって、CODなどのようにオンラインで対人戦闘が苦手だけど、モンハンみたいに協力プレイするのは好き!という私にはピッタリ!

(逆にゲームとしての完成度やストーリー、エラーを気にする場合は不向き)

ストーリーもマッチングで見知らぬプレイヤーと一緒に4人で行うため、気軽にオンラインを楽しめますし、協力しながら強敵を倒した時はやみつきです!

レベル上げで競うのが苦手で、じっくりと遊ぶよりも気軽に1ミッションだけ毎日プレイしたいという方にも向いていると思います。

19ワンダと巨像 フルリメイク!

もはや名作中の名作。

PS2でどれだけやりこんだかわからない名作が完全復活。

各賞を受賞した大作が、2018年2月8日にPS4版がフルリメイクで発売されました!

平成17年度(第9回)文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門・ゲーム/遊具/キャラ審査委員会推薦作品
Game Developers Choice Awards で以下6部門にノミネート

以下5部門を受賞:Innovation、Character Design、Game Design、Visual Arts、Best Game
The 9Th CESA GAME AWARDS FUTURE を受賞し、その後日本ゲーム大賞2006 優秀賞を受賞。
オールタイム100ビデオゲーム(All-TIME 100 Video Games )
米タイム誌が2012年11月15日に発表した歴史上最も偉大なビデオゲーム100本に選ばれる。

簡単に言えば、主人公ワンダを操作して、オープンワールドを冒険し、巨像と呼ばれる巨大な敵を探し出して撃破することを目指すゲームですが、

とにかくアクションが面白い!

ストーリーが悲しくも美しい・・・。

この独特の世界観に魅了される方が多数。私もPS2時代にハマりすぎた思い出があります。

PS4版は圧倒的に画質が向上しており、美麗すぎる世界を冒険するのがまた楽しいです。

時間がないので少しずつやっていますが、やっぱり名作。

物悲しい雰囲気と音楽、そして・・・(´;ω;`)

ネタバレなのでストーリーは書きませんが、広大なオープンワールドを楽しめます。

失われた少女の魂を取り戻すため、自身の何十倍もの大きさの巨像に、臆することなくしがみつきよじ登り、何度でも知恵と勇気で立ち向かう、ワンダ。

「少女を救う」、その一心で彼が向かう先は、希望か、それとも――

未プレイの方には絶対一度はプレイしてほしいおすすめソフトです。

ニーアシリーズが好きな方はおそらくハマると思います。

20イース8

こちらも名作RPG「イース」シリーズの最新作です。

実は先にVITA版が発売されたのですが、PS4版はさらに画質が向上して登場。

イース8はとにかく物語が良いです。王道ですが、引き込まれる演出が美しく、BGMも最高。

さらに、システムも快適でアクションが苦手な方でもサクサク進められます。

なんといっても、物語にのめり込むのでクリアまであっという間です。

簡単に序盤ストーリーをご紹介すると・・・

赤毛の冒険家アドル・クリスティンは客船のロンバルディア号にてエレシア大陸へと向かっていた。

しかし、その旅の途中で巨大な海洋生物に襲われ船は沈没してしまう。

海に投げ出されたアドルは九死に一生を得て呪われた島・セイレン島へと漂着する。この島には独自の進化を遂げた様々な生物が住みついていた。

アドルは漂着した仲間とともに拠点となる村を築いていく。

そして、アドルは夢の中で青い髪の少女・ダーナと出会う。アドルとダーナの冒険が描かれる・・・。

テイルズやドラクエなど魅力的な仲間との冒険が好きな方におすすめ。

イースシリーズ未体験でも、今作単体で楽しめます!

スポンサーリンク

21アンチャーテッド4 海賊王と最後の秘宝

アンチャーテッドシリーズ最新作。

映画を見ているような気になる作品です。

というより、映画にアクション要素があるような感じです(笑)。

インディジョーンズ?と思わせるトレジャーハントの内容ですが、アクションがとにかく面白いです!

かのラスアスのノーティードッグ制作のアクションRPGで、映画化も決まっています。

ストーリーもいいですし、銃や道具を使ったアクションが好きな方にもおすすめ。

PS4のゲーム史上最高傑作だと思うばかりか、私が今までプレイしたゲームすべてから比べても、これに匹敵するものはほとんどないと思います。

PS4を持っていてアンチャーテッドをプレイしていないのは非常にもったいないと思います。

このようにかなりの高評価も。

おすすめは4なのですが、ぜひ1から3もプレイしてみてください。

22テイルズオブベルセリア

こちらも名作RPGテイルズシリーズの最新作。

前回不評だった、ゼスティリアの過去のお話(個人的には好きでしたが)。

ですが、今作はかなりの高評価です!

簡単ストーリーは「復讐譚」ですが、仲間との出会いと、最後の展開には涙します。。

(´;ω;`)

この後にゼスティリアに続くのが、ちょっとまた悲しくなるのですが、単体でみると、ストーリー・アクションともに最近のテイルズシリーズではすごくおすすめ。

ちなみに私が一番好きなテイルズは、アビスとグレイセスとヴェスペリアです。(n*´ω`*n)

未プレイの方はぜひ♪

23二ノ国&二ノ国Ⅱレヴァナントキングダム

かのレベルファイブが制作するJRPGの傑作【二ノ国】の続編が2018年3月に発売されました!

私自身すっごく楽しみにしていた本作。

忙しくて5月にようやくクリアしましたが、やはり名作!

前作をプレイしていなくても大丈夫です(ちなみに1のストーリーは以下に紹介)

物語的な導入もすごくいいですが、戦闘システムが面白いというのが個人的には一番でした。

成長や移動もさくさくなので、快適♪

序盤から結構なダメージを受けるので、最初は慣れが必要なところはありますが、モンハンなどアクションメインが苦手な方でもとっつきやすいシンプルな設定。

逆に言うと、戦略性に少しかけるため、単純なバトルやごり押しが嫌いな方はマイナスかもしれません。またサブクエストが豊富ですが、こちらも比較的単純で苦手な方は苦手かも。

スタジオジブリの世界に入りたい方、久石先生の最高の音楽でRPGにどっぷりつかってみたい方にはおすすめします。

また、ストーリーですが、ネタバレのない範囲で簡単に最初だけご紹介すると、とある現実の大統領が事故でさまよいこんだのが、二ノ国と呼ばれるもう一つの世界。そこで大統領は青年となり、ゴロネールの少年国王エバンと出会います。エバンは国王ですが、まだ未熟な上、いきなり暗殺の危機に面している状態。

そこを理知的な大統領が一緒に脱出し、「真の国王」を目指して冒険にでる・・・というお話です。大統領は自分が正しかったのか、という自問の旅でもあります。

感動シーンも多めで、個人的には好きです。

ただ、ストーリー的には1の方が人物の背景が濃厚で、2はのめり込み方が少なかったため個人的には1の方がおすすめです。

よく言えば「分かりやすい」ので、小さな子にもおすすめできます。

ただ、ハードとしてはPS4より、購買層を考えてもスイッチの方が適切な気がしましたので、今回はランク外に。

フルボイスバージョンを希望。1か2かで迷われる場合は、私としては1をおすすめ。

24フォールアウト4

核戦争によって、崩壊した世界が舞台。

ゾンビゲームではありませんが、汚染された世界でクリーチャー(フェラル・グール)となった人間やモンスターが出てきます。

主人公は冷凍装置に入って核攻撃から救われるのですが、実はその冷凍装置もとある組織の陰謀で、妻をやられ、子供も奪われ、まず復讐のために荒廃した世界を探索します

その中で生き残った人々と仲間になったり、拠点を開発したりして、迫るモンスターやレイダーなどの人間と戦うために装備を強くしていくのもポイント。

とにかく自由なオープンワールドゲームです。

メインストーリーを進めるもよし、拠点を開発するもよし。

探索が面倒な方には向きませんが、じっくり長く遊びたい方にはおすすめです。

ちなみに最新作のフォールアウト76は、完全なオンライン専用のオープンワールドでしたが、

NPCが全くおらず、ストーリー性もほとんどなく、私には合いませんでした・・・。

知り合いとちょくちょく連絡を取りながらプレイするのは面白いのですが、一人で遊ぶにはフィールドが広くて寂しいし、やることも単調になりがちです。

そのため、今プレイするとしたらフォールアウト4の方がおすすめです。

25サイコブレイク2(ゾンビ系)

サイコブレイクシリーズ最新作。

1は正直いまいちでしたが、2は個人的に面白かったです!

前回のビーコン精神病院の事件から3年、セバスチャンは何の手がかりも得られず、再び酒に溺れていた。職も家族も全て失い、人々の精神を接続した装置「STEM」での出来事も信用してもらえず、失意の日々を送る。

そこへかつての同僚、キッドマンが彼の目の前に。火事によっていなくなったはずの娘リリーは生きている、組織「メビウス」に利用されかけているという。

「解放したければ、またあの精神世界『STEM』の中へ入り込むしかない」と彼女は告げる。キッドマンを信じ切れず葛藤するが、他に手立ても見つからず、疑心暗鬼ながらSTEMに飛び込むことを決意するセバスチャンだった・・・

今作は広いフィールドを探索出来る自由度の高いホラーゲームとなっていて、ドラマ性も高く、のめり込みます。家族愛の感動ストーリーに正直泣きそうになりました。。(´;ω;`)

クリーチャーもたくさん出てきて、さらに前作のような銃弾不足やシステム面での苦痛がなく、↑のラスアスのような雰囲気です。

ラスアスが好きな方にもおすすめ。

1をプレイしているのがベストですが、していなくても大丈夫です。

画像は怖くないですが、プレイするとあくまでホラーなのでやっぱり怖いです。。

※おまけデッドアイランド

ゾンビをバタバタ倒す系としておすすめのソフトとして、ゾンビ系をお望みの方におすすめです。

ただし、思ったよりコワイです。

リゾートがゾンビだらけになるという面白い設定。

ストーリーよりも、ゾンビサバイバルゲームとして楽しむのが吉。

格闘攻撃が主体で、銃の入手が難しかったりその辺がリアルでもあります。

すぐクリアできるので、空いた時間にプレイするのもいいかも。

このほかにも、WIIUから移植された「ゾンビ」やデッドライジングなどいろんなゾンビソフトがありますが、今回は私がプレイして面白かったものをメインに挙げています。

長くなりましたが、おそらくハズレがない・・・と思いますので、ぜひプレイしてみてくださいね♪

『【PS4】人生で絶対やった方がいいと言えるおすすめゲームランキングベスト25!人気RPG・アクション・ゾンビ系の買ってよかったゲームをご紹介!【最新版プレイステーション4おすすめゲーム】』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/03/25(日) 00:16:45 ID:b86ba61f5 返信

    去年は仁王、ニーアばっかやってたなぁ
    どちらも戦闘が楽しくてトロコンもしました。
    今はモンハンワールドやってるし戦ヴァルあるし、エスコンもあるしまだまだ楽しみなソフトがたくさんあります!

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/03/25(日) 07:27:56 ID:7e894fd38 返信

    自分は仁王とバイオ7が好きです。
    ワンダは発売知りませんでした。
    未プレイなので、ぜひやってみたい!

  3. 名前:かれん 投稿日:2018/03/25(日) 08:20:06 ID:7e894fd38 返信

    おはようございます!´ω`)ノ
    コメントありがとうございます♪

    今年2018年のソフトも気になるものばかりですよね。
    二ノ国2、戦場のヴァルキリア、ファークライ5、ゴッドオブウォー、エースコンバット、キングダムハーツⅢ、デスエンドリクエスト、…挙げるとキリないくらい期待しています。
    時間が〜_(┐「ε:)_ズコー

  4. 名前:匿名 投稿日:2019/01/20(日) 19:56:56 ID:b4fcdd459 返信

    仁王入っててダクソ入ってないとか

スポンサーリンク
スポンサーリンク