仕事で成功する人の共通点と特徴。成功者は早起きで神社によく行く!そのお得すぎる理由は?


今日は前回ご紹介した、成功者に共通することについて、第二弾を紹介させていただきます。

私も仕事をしていると、つい怠け心が出たり、休日はダラダラと過ごしがちです・・・反省。( ̄∇ ̄)

そんなとき、実際成功されている方は、どのようなライフスタイルを送っているのか気になり、調査してみました。

本日は特にその中でも気になった時間の使い方について考えてみたいと思います。

それではレッツゴー!(o^∇^o)ノ

最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

成功する人の共通点と特徴。成功者は早起きでよく神社に行く人だった!そのお得すぎる理由は?

スポンサーリンク

1 成功者は早起きだった!

まず驚くのが、成功者たちの多くは朝、すごく早起きであるということ

オバマ大統領、スティーブ・ジョブス(アップル創業者)、リチャード・ブランソン(ヴァージングループ創立者)、ロバート・アイガー(ディズニーCEO)などなど、超一流の人たちが実践しています。

皆さん起きるのは大体4時か5時。

それから、二時間の内に重要な仕事を処理し、ゆったりと朝食をとるのだそうです。

2 その理由は?

夜になると日中で疲れ切った脳はその制御能力を著しく低下させます。

感情が高まり、一見して楽しく仕事がはかどったように感じたりもしますが、ミスジャッジも多くなるそうです。

某通販番組が深夜に放送されるのはそのためらしい、というのは秘密の話。

感情のまま、ついポチっとボタンを押してしまうため、夜に通販サイトを見る方は散財も多いのだそう。

小説家や漫画家には、夜に書いた原稿は翌朝必ずチェックしなければとても見れたものじゃない、なんて言う方もいます。

さらに、朝起きてからの二時間は脳にとってのゴールデンタイムで、一日で最も判断力に優れ、創造性にあふれた時間になるのだそうです。

だから起きてすぐにスマホやテレビ、メールチェックはもったいない!

この時間こそ管理や頭を使う判断などに時間を使いましょう。

それが終わってから、一息つきながらの朝食も以前にもまして、ほっとできるようになり、素敵だと思います。

3 朝起きてすぐ仕事ができない・・・そんな場合は?

朝起きてすぐ仕事なんて・・・という方は、朝のお散歩や掃除なども良いそうです。

血行がよくなり、セロトニンの分泌が促されるため、やる気が出て日中の仕事がはかどります。

まず仕事をする前に、手や足を動かすことで脳の活動領域を活性化し、

やる気を出させるんですね。

そして午前中に重要な仕事を終わらせ、判断能力の落ちてきた午後にメールその他、あまり頭を使わずにできる仕事をこなします。

夜は判断能力が落ちているうえ、食事で満腹になるとほとんど自制心が消えてしまいます。

そのせいでダラダラとテレビを見たり、お菓子を食べたり、お酒が止められない方も多いのでは・・・?

朝早く起きることを習慣にすれば、夜は必然的に早く寝ることになりますから、そういった危険な時間帯を少なくできて、さらに仕事の効率もアップ! これはもう真似するしかないです。

4 まずは10分ずつ改善してみましょう♪

いきなり朝4時に起きるのはつらいと思いますので、始めは少しずつ10分間隔で早めていくくらいがいいそうです。

人よりも早く起きて仕事をしている、という感覚もさらにプラスに働くみたいです。

いかがでしたか? 朝早く起きて、午前中に重要な仕事をこなし、午後はゆったりとして、夜早く寝る。

これだけで日々の作業効率は何倍にもアップするようなので、皆さんもぜひ真似してみてくださいね。ヽ(=´▽`=)ノ

但し、人によっては、朝型、夜型と能力が発揮できる時間が異なる場合があります。

それは大体自然に寝つき、起きられる時間にもよりますので、

もし「朝がどうしてもつらくて夜の方が元気だ」という方は、無理に朝型にはせず、ご自身のペースを大切になさってください。

 

5 成功者は神社によく通っていた!

かの松下幸之助しかり、徳川家康しかり成功した人々は神社によく参拝していた――。

現在話題になっている「成功者はなぜ神社に行くのか?」という本は、基本的には神社作法やスピリチュアルな話が多い気がしますが、

なるほど、と思える点があります。

かのスティーブジョブスも、起業する前、インドにヨガと仏教の修行に行っていたというエピソードが残っていますよね。

禅の思想が非常に大好きだったようです。

禅の思想はお寺が主体ですが、根本的なところは似ていると思います。

よく言われているのが、

神社は、お祈りをする場所というより、誓いを立てる場所ということですよね。

「してください、叶えてください」ではなく、

「します。絶対やり遂げます」と、誓いを立てる。

つまりそもそも神社に行く人は、

「叶えたい目標」があって、

「それを自分自身に強く誓って」(暗示をかけて)、

「それを実行する」

から成功するのだと思います。

さらに祈ることは脳内にシータ波を発生させるので、リラックス効果と集中効果があります。

上記の本では、神社の神秘的なスピリチュアルパワーについて主に触れていますが、

個人的には心理学の点から

神社に行けば叶うのではなく、

目標があるということ・誓うということ・実行する動機をさらに強くすること

の3つが成功要因になっていると思います。

何も実行せずに「叶えてください」と神社に毎日参拝しても、う~ん、ではないかと(;´∀`)。

お金については、心屋仁之助さんの著作などでは、お賽銭箱に1万円札を入れろ、とか、

上記著作では500円玉がいい、と述べていますが、

それは心持ちでいいと思います。

1万円を入れる意味は、他の自己啓発でも言われていますが、

「お金はただの紙に人が信用をおいているだけのもの。つまりお金とは信用そのものだから、紙幣自体に囚われないようにする」

という意味で行うようです。

つまり、お金=信用なら、信用を気づくことでいくらでも得られるようになるよ、と。

確かに一理ある気がします。(#^^#)

スポンサーリンク

よろしければこちらもどうぞ♪

フォローする

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございました♪

もしお役に立てましたら、シェアやお気に入りなどしていただければすごくうれしいです☆(#^^#)

この記事をお届けした
まったり☆ストーリー考察部屋 otakaranet.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
自由掲示板
以下、自由コメント欄です。(n*´ω`*n)
コメントはすぐ反映されますが、不具合やスパム・言葉等によっては表示されないこともあります。考察掲示板としても利用できます☆(*´▽`*)