ハイビームとロービームの使い分けはどうしたらいいの? 霧の中ではフォグランプを。 Twitterでは意見はいろいろです。

「ハイビーム」の画像検索結果

出典http://matome.naver.jp/odai/2140197694319745201

さくら
ハイビームが話題になっていますが、使い分けっていつも悩んじゃいます・・・
かれん
うんうん。基本的にロービームで走ってる人の方が多いみたいだよね
さくら
ハイビームは眩しいから、すごく暗いときにだけ使った方がいいんでしょうか
かれん
ううん。実はハイビームが基本で、ロービームが例外なんだって。今日はその辺を調べてみよう!

最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

ハイビームとロービームの使い分けはどうしたらいいの? 霧の中ではフォグランプを。

スポンサーリンク

1 ハイビームの正式名称は「走行用前照灯」、ロービームは「すれ違い用前照灯」

事故時のライト選択でなんと96%がロービーム使用だったというニュースが飛び込んできました。

でも、確かに普段ハイビームなんてなかなか使わないよね・・・と思ってしまいがちですが、

実は車のライトは基本がハイビームで、なんとロービームは「すれ違い用」だということです。

ハイビームをしたら、眩しすぎるし、前の車にも悪いし・・・と思いがちですが、

基本的にはハイビームを使うようにすべきとのこと。

ハイビームのつけ方は、ライトを回してつけて、ハンドル横にあるその棒?のようなスイッチ全体を奥に押し込むだけです(一応※ただし車にもよります)。バイクの場合は、ハンドル等にスイッチがあります。

2 いつロービームにするの?使い分けは?

「ハイビーム」の画像検索結果

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00050003-yom-sociより

では、いつロービームにするのか、というと、

対向車がいるときと、前方に車が走っているとき、そして街中ではっきりと視界が見えるとき、です。

つまり、周囲に走っている車がなかったり、遥か先だったり、街頭が少ない場合は、遠慮なくハイビームにしてよいということですね。

3 ただ、これには意見も

確かに、自転車で走っているときや、対向車がハイビームのままで走ってくるときはつらいです・・・。

車がすれ違うときは、ローにする。

これを忘れてしまうと、かえって光が強すぎて見えなくなるので、注意が必要ですよね。

アオリはダメ絶対!

やってもやられてもいい気はしないはずです。

4 最近は、自動でハイビームとローを切り替える車も。霧のときにはフォグランプを。

最近は、勝手にハイとローを切り替える車もあります。

ただ、多くは手動ですよね。

霧の中はどうするの?という意見もあります。

霧の中でハイビームをすると、対向車が来た場合、まったく見えなかったり、反射して危なかったりもします。

こういうときは、フォグランプを使いましょう。

フォグとは霧のこと。

多くの車に実装されていますが、知らない方も多いです。

ライトをつけるハンドル横の棒?の先端を回すと、ロービームになりますよね。

その中間くらいに、もう一つ回す部分があって、そこを回すとフォグランプが点灯します。

ロービームよりさらに手前を照らせるようになり、霧の中の眩しさが軽減されます。

しっかりやってたよ!という方も、ローでしか走ってなかった・・・という方も、すれ違いと前方に車と、明るいとき以外はハイビーム。

私もより安全に運転したいと思います。

フォローする

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございました♪

もしお役に立てましたら、シェアやお気に入りなどしていただければすごくうれしいです☆(#^^#)

この記事をお届けした
まったり☆ストーリー考察部屋 otakaranet.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
自由掲示板
以下、自由コメント欄です。(n*´ω`*n)
コメントはすぐ反映されますが、不具合やスパム・言葉等によっては表示されないこともあります。考察掲示板としても利用できます☆(*´▽`*)