【ネタバレ注意】トイストーリー4ストーリー考察&感想!ラストのエンディング内容と続編、ヒカキンや声優についてレビュー!【トイストーリー】

かれん
こちらもすごく楽しみにしていたトイストーリー4を今日ようやく見れたので、ストーリーについて感想を書きたいと思います。
かれん
ストーリー内容はすごく簡単に振り返りますが、賛否両論のエンディングについていろいろ思うところがあるので、そちらをメイン書きます♪ネタバレにご注意ください!
カテゴリー別新着記事

最新記事はこちらからどうぞ♪

【ネタバレ注意】トイストーリー4ストーリー考察&感想!ラストのエンディングと続編,ヒカキンや声優について【トイストーリー】

スポンサーリンク

以下、画像はトイストーリー©ピクサー©ディズニー©より一部引用して考察します。

ネタバレを含みますのでご注意ください!

1トイストーリー4のストーリー考察(ネタバレ注意)

まずはじめに、トイストーリー4のストーリー(あらすじ)をすっごく簡単に復習をかねてまとめてみます。

トイストーリー3までのお話は、アンディ(画像)という男の子が幼いころから大学生になるまでがメインでした。

アンディとずっと一緒に暮らしてきたバズ(左)とウッディ(右)。彼らの頭の中は、いかにアンディを守るか、大事にするか、一緒に遊んでもらえるか、でいっぱいでした。

でも、アンディが大学生になって「おもちゃ」を必要としなくなり、彼らはボニーという女の子のもとに行くことになります。

ボニーという女の子にプレゼントされたウッディたち。

トイストーリー3では、すごく喜んでいたボニーでしたが・・・

トイストーリー4では、ウッディはクローゼットの中にほぼ置き去りにされ、

「ボニーに選ばれない」おもちゃになってしまっていました・・・(´;ω;`)

アンディ時代におもちゃたちのまとめ役であり、今でも一番一生懸命なウッディにとって、すごくつらいとき。

でも、それでもウッディはボニーのことを一番に思って、幼稚園に入るときも一緒について行って、ボニーが不安にならないように、世話をやくのです。

もう、この時点でウッディの気遣いと、そっと見守る親心を感じて泣きそうになりました。

そんな中、ボニーが幼稚園で自分で作り出した新しいおもちゃ「フォーキー」がやってきます。

まさかのゴミから作り出されたフォーキー。

フォーキーは「僕はゴミだ!」とすぐにゴミ箱に戻ろうとしますが、それをウッディは、

「お前は、もうボニーにとって一番大切なおもちゃなんだ」

とフォーキーにおもちゃの先輩として世話をやきながらも、ボニーのフォローをしていました。

まるで、衰えていく自分の役目を次の世代に譲るような・・・そんな哀愁も感じます。

そんな中、ボニーとその家族は移動遊園地近くのオートキャンプ場にやってきます。

そこで、ウッディは、かつてトイストーリー1と2に出ていて、9年前に別れ離れになったボー・ピープと再び再開したのです!

かつては、おしとやかであり、しっかりものだったボーピープ。

ウッディとは両想いだったけど、9年前にボーピープは他の子どもに引き取られ、その後、アンティークショップで3年間ほこりをかぶっていました。

そして、そんな生活から抜け出すために一人の子供に縛られない「迷子」のおもちゃとして生きていくことを決意。

トイストーリー4では左のかなりワイルドな姿になっていました。

かつての恋人(?)との再会と、変わった姿に驚くウッディ。

二人の価値観はこの時点では、まったく異なっていました。

ウッディ「おもちゃは一人の子どもを見守り、たとえ捨てられることになっても一緒にいるべきだ!」

ボー「子供はすぐにおもちゃを捨てるわ。次から次に。そんな世界より、もっと広い世界を見るべきよ!世界はこんなに広く、子供たちはたっくさんいるんだから!」

そんな中、ボニーの大事にしていたフォーキーがアンティークショップのボス、「ギャビーギャビー」に捕まってしまいます。

ギャビー(女の子の人形)は、作られた時からボイスレコーダーが壊れており、それで誰にも引き取られなかったかわいそうな人形。

一度でいいから、女の子と一緒に遊びたいという願いを持っており、そのために、ウッディの背中のボイスレコーダーを奪い、自分のものと取り換えるのが狙いです。

正直、この設定と人形の顔は、同時上映のチャイルドプレイを見てるの?というホラー展開で、びっくりしました。。(;^ω^)

仲間たちも集合し、フォーキー奪還作戦が決行されます。

最終的に、人質になったフォーキーを助けるために、ウッディは自分のボイスレコーダーをギャビーに譲ることになるのです。

つまり、この時点で、ウッディは不完全なおもちゃとして生きることになった(自分の中で一つの覚悟ができたのかも)とも言えます。

2トイストーリー4エンディング

無事にボニーのもとに戻ってきたフォーキー。

ボニーはうれしそうに笑います。

そして、ウッディは再びボニーのもとに戻ろうとしますが・・・

「彼女なら大丈夫だ。ボニーなら大丈夫だ。私たちがついている」

というバズの言葉にウッディは足を止めます。

ずっと好きだったボーピープ。一度離れ離れになって、二度と会えないと思っていたボーと再会し、また分かれることになってしまう・・・。

ウッディの中には深い葛藤があったのです。

そして、ここで物語は急展開します。

これまでのウッディであれば、「それでも俺はアンディ(ボニー)のおもちゃだ!」と戻っていたはずですが、

トイストーリー4のウッディは、「一人の子供にとらわれない」迷子のおもちゃとして、ボーと一緒に生きていくことを決断したのです!

ウッディは仲間たちと別れ、親友であるバズとも別れ、ボニーの家には戻らずに、移動遊園地と一緒に、世界各国を回りながら、一緒にいろんな子供たちと遊び、いろんなおもちゃと出会い、子供たちのもとへと送り届ける・・・そんな生活を選んで、トイストーリー4のラストになります。

このエンディングが、賛否両論となっているようなので、最後に私の個人的な感想を書きます♪

スポンサーリンク

3トイストーリー4感想と考察

一番悲しかったのは、アンディの時代からずっと一緒だった仲間たちとここで別れるという展開。

特に、大親友であり、トイストーリーのメインでもあったウッディとバズ。

この二人の別れが、トイストーリーという物語の完結としては悲しすぎる・・・・という気持ちがありました。

ただ、これは視聴者目線、おもちゃ目線によって見解がかなり違ってくると思います。

トイストーリーファンの私

「おもちゃとして、一生懸命子供に尽くすウッディが好きで、これからもバズたちと一緒のアンディが見たかった。最後の場面で、これまでのウッディなら【それでもボニーを見守る】選択をしていたと思うし、ストーリーとして、ボーも含めてボニーのもとに行って、みんな一緒で仲良しハッピーエンドがよかったかなぁ」

と映画が終わったときはちょっと寂しい感じがしていました。

でも、おもちゃ目線で考えると、

「ウッディはもうボニーには必要とされず、フォーキーがボニーの一番の友達になった(次世代への交代)」

ボニーにはウッディだけじゃなくて、実はいっぱい彼女を見守る仲間たちがいて、バズはそれを最後にウッディに教えてくれた。アンディは【必要とされるべき・自分しかいない】という価値観に縛られすぎて、自分の本心を見失っていた」

という点が大切かなぁと思いました。

そもそも作品のコンセプトとして、

「意思のあるおもちゃ」

というものがあって、

意思がある、ということは、「自分の生き方を自分で決められる」という「自由意志」が尊重されている気がします。

視聴者としての私は、「これからもボニーを見守って、仲間たちと一緒にいてほしい」と思ってしまいますが、これはウッディの意志をむしろ捻じ曲げてしまっていて、

そういう価値観の外には、実はすっごく広い世界が広がっていて、

「おもちゃは一人の子どものためにあるべき」

という価値観を壊し、もっと広い世界を見たっていいじゃないか!という

「すべき・あるべき」という価値観を壊そうという気持ちを感じたのです。

ある意味、アメリカっぽいかも(イメージ)。

ボニーはもうウッディを気持ちとしては必要としていないし、大切な友達ができた。

それはかつてのアンディと自分の関係のように。

ボニーを見守る仲間たちは、ウッディがすごく信用していて、安心してまかせられる。

この伏線があったからこそ、ウッディは最後に仲間たちと別れを告げ、自分の「次にしたいこと」に進めたんだと思います。

おもちゃに意思がある、という設定である以上、彼らが自分の意志で何を選んだって本当は尊重すべきなはずが、私自身も「おもちゃなんだから、見守ってほしい」「仲間と一緒にずっといてほしい」と縛っていたのかもしれません。

こういうのって、どこか親心というか、子離れの寂しい感覚にも近いのかも。

賛否あるトイストーリー4のストーリーですが、個人的にはアンディとの幸せな時代を過ごしたウッディにとって、「次のステップ」なのかな、とある意味感慨深いです。

続編がなさそうな終わり方ですが、

世界を見て回るウッディは「永遠の別れ」ではなくて、またバズ達と出会い、会いに行くことだって「自由」なはずです。

なぜなら、ウッディたちは自由に動けるし、ウッディはもう一人の子どもに縛られていないから!

だから、ひょっこり「旅」から戻ってたまに様子を見たりしつつ、世界中の子どもたちを笑顔にしていく、おもちゃを助け、次の子どもたちに送り届けるお手伝いもしていく、というウッディの生き方は続編にしても面白そうだな、と思います(短編でたくさん作れそう)。

ただ、ウッディの物語を人生にたとえるなら、

生まれて、おもちゃの本懐である大好きな子供に大切にされて、

その子と別れて、

新しい世代に譲り、次へ行く、という展開が、子供を育て、その子供が成長し、恋をして次の子を産み、老いて、役割を次の世代に譲る・・・という人間にも重なる気がしました。

どことなく切なくて、それがまたトイストーリー4の余韻になっている気がします。

スポンサーリンク

トイストーリー4声優一覧

ヒカキンさんも出演していました!真ん中のイーグル(鳥)役です。

ちょっぴりで私はわかりませんでした(笑)。

ちなみにフォーキー役は、竜星涼さん!フォーキーの不思議な感じが上手でした。

というか、声優さんだと思ってました。。うまいっ

ウッディ:唐沢寿明
バズ・ライトイヤー:所ジョージ
ボー・ピープ:戸田恵子
フォーキー:竜星涼
デューク・カブーン:森川智之
ギグル・マクディンプルズ:竹内順子
ジェシー:日下由美
ミスター・ポテトヘッド:辻萬長
ミセス・ポテトヘッド:松金よね子
レックス:三ツ矢雄二
ハム:咲野俊介
スリンキー:辻親八
ギャビー・ギャビー:新木優子
ダッキー&バニー:チョコレートプラネット

所さんと唐沢さんは本気で毎回すごいですね。

あと、チョコレートプラネットのお二人もすごかったです。

私は、最初に声優さんを知らなかったので、途中で「ティー」といったときに分かりました(笑)。

ちゃんと入れ込んでくるスタイル好きです(笑)。

ラストのラストで、ハイタッチできなかった白の軍人さんが、カブーンとハイタッチできてよかったです(クレジット後)。こういう演出もトイストーリーっぽいかも。

トイストーリー4の評価は☆5中☆4です!

家族で見るには最高の作品かも!

かれん
というわけで、トイストーリー4をネタバレありで考察&感想を書きました♪エンディングはいろいろレビューも意見がありますが、個人的には「次」を感じてよかったのかも、と今は思っています。

天気の子の考察もよろしければどうぞ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク