【続編】ラストオブアス3ストーリー考察(ネタバレ注意)ラスアス1と2からの伏線から考察してみた【ラスアス3最新情報まとめ】

かれん
ラスアス3の制作が検討されている段階ですが、今日は制作陣の最新コメントやラスアス1と2に残された伏線から、ラスアス3のストーリーを考察してみたいと思います
カテゴリー別新着記事

最新記事はこちらからどうぞ♪

【続編】ラストオブアス3ストーリー考察(ネタバレ注意)ラスアス1と2からの伏線から考察してみた【ラスアス3最新情報まとめ】

画像はラストオブアス©から引用して考察します。

また、ラスアス3の最新情報もこちらのページに追記していきます。

ネタバレを含みますのでご注意ください!

スポンサーリンク

1ラスアス3が制作?最新情報

最後にエリーがどうなったのか?謎のまま終わったラスアス2。

ラストオブアスという世界観では、新たにラットキングやシャンブラーという新種が出てきたり、まだまだ広がりを見せそうな感じですが、実際ラスアス3が続編として作られるのか?

これについて、既にクリエイティブ・ ディレクターを務めたニール・ドラックマンが「続編」を示唆するコメントをしています!

「作品が完成に近付くと、少しずつ責任感から解放されていきます。そうすると、次回作について考えずにはいられなくなるんですよ」

『The Last of Us Part III』になるかもしれませんし、 新しい作品になるかもしれないですね」。

「1作目を制作していた時は期待感に縛られず、何でも出来るぐらいの感覚でした。ただ、キャラクター、テーマ、プロセスが確立してしまった中、『Part II』を制作する際には、ファンを満足させる作品に仕上げるだけでなく、1作目の核心と一致するようなアプローチを施す必要があったんです。なので、同じような核心を見い出せなければ、『Part III』を制作する意味はありません。登場人物たちの生い立ちや、感染爆発の発端については既にたくさん描いてきました。なので、これまでのストーリーに匹敵するほど感情を揺さぶる体験を考えなければなりませんね。ただ、現時点では思い付いていません。」

出典:英GQによる発売前のインタビューより一部引用

残念ながら、ラスアスの続編を制作する可能性には言及していますが、まだ実際のところは未定のようです。

ただ、「ラストオブアス」というブランドが確立し、バイオハザードやサイコブレイクなどとも違った世界観で、広大な世界が作られた以上、Naughty Dogがそれを放っておくはずもなく。

さらに、ラストオブアスのドラマ化も決定しています。

※ラストオブアスのドラマ化

もともとは2014年に映画として発表されたラストオブアス。

しかし、その後ドラマに変更。

映画の脚本は完成していたため、それをもとに作成されると思われます。

2019年に設立されたPlayStation Productionsが製作を担当。

詳細はまだ不明。

サム・ライミがプロデューサーを務め、ニール・ドラックマンがドラマの脚本・製作に携わるるとのこと。

これを考えると、ラストオブアスのドラマ化で盛り上がったところで、ラスアス3の制作が確定するという可能性も高そうです

また、続編の内容について以下のようにコメントされています。

「“キャラクターを一新して続編を制作して欲しい”、もしくは、“ヨーロッパか日本を舞台に全くもって新しいことをやって欲しい”という声があったんですよ」

スアスの続編は、キャラクター一新&舞台が日本かヨーロッパの可能性が!

個人的にめちゃくちゃ楽しみです。

ちなみにラスアス2はラスアス1の完結編という位置づけで、ジョエルとエリーの物語から目を背けるのは「臆病者がやること」とドラックマン氏は考え、『Part II』では「リスクを背負うことにした」とのこと。

つまり、ジョエルとエリーの物語としてのラストオブアスは、1と2で完結し、ラスアス3はまったく別の世界で、もしかしたら別のタイトルとして発売される可能性があります。

ただ、それだとラスアス1と2で残されたいくつかの伏線が気になる・・・。

ということで、ラスアス3という続編が作られた場合の気になる伏線をいくつか書きたいと思います!

2ラストオブアス3への伏線とストーリー考察

1ラスアス2からの新キャラアビーとレブのその後

ラスアス2のラストで、ラトラーズから逃れて新天地へと旅立っていったアビーとレブ。

彼女たちが目指したのは、ファイアフライの新拠点であるカタリーナ島。

そこには200人ほどのファイアフライの残党がいるとのこと。

最後は戦うことを放棄したアビーとレブが再び主人公として出演する可能性は低いと思いますが、アメリカ全土に広がっていたファイアフライ(の残党)が、ラスアス3に出てくる可能性はあると思います。

その時におそらくファイアフライの構成員として、アビーとレブが再び出てくるのではないでしょうか?

2エリーは最後どうなった?ラスアス3に登場する可能性

ラスアス2の最後に、農場を訪れてジョエルとの思い出(ギターがその象徴)と決別したエリー。

彼女は最後どうなったのか?

私は、最後エリーは自分の命を自ら断った可能性があると考察していますが、

もしも続編を作るとしたら、「エリー」はぜひ登場させてほしいと思うのがファン心。

そして、エリーという人物で最も重要なのが、彼女は完全な抗体持ちということ!

ファイアフライに残されていたテープでは、「エリーが抗体を持っていても、もう手術できる人間はいない(だから、もう世界を救う手立てはない)」という音声が残されていましたが、

おそらく、エリーのような完全抗体の人間を探すよりも、ジュリーのような外科医(脳神経外科ができる人物)がまだ生きている可能性はありえると思います。

エリーが世界に絶望し、自ら命を絶とうと思うならなおさら、最後に大切なジャクソン、ディーナやJJを助けるために、自分の抗体を活かせる人間を探す旅に出るというシナリオも充分あり得るのではないかと。

その先はヨーロッパかもしれないし、もしかしたら日本かもしれません。

そう考えると、ラスアス1が崩壊、ラスアス2が復讐、そしてラスアス3が救済というテーマで描かれてもよさそうな気がします。

3新しい敵ラットキングの存在

ラスアス2で登場した新敵であるラットキング!

感染者は、時間の経過によって菌をばらまく→仲間を増やして融合していく、

という経過をたどることが明らかになりました。

つまり、菌は最終的に拡大と融合を目指して、コロニーを形成していくということ。

そこに菌の意思があるのかどうかは不明ですが、これまで謎の存在だった、「ただの菌(キノコの胞子)」が、少しずつ解明されていく可能性が高いです。

ウォーキングデッドのように、全員感染していてもう救いようもないし、そんな世界でやっていくしかない、、、という物語になる可能性もありますが、ラスアスはゲームである以上、なぜ菌が発生し、その向かう先に何があるのか?というゲームの根本に迫る可能性がありそうです。

4新しい組織「セラファイト」と「ラトラーズ」「WLF」

ラスアス1で出てきた「ファイアフライ」「ハンター」に続いて、今回「セラファイト」と「ラトラーズ」「WLF」が出てきました。

セラファイトは狂信的な組織で、今作でWLFによってほとんど壊滅させられましたが、だからこそ残った人間たちが復讐目的で次回作に出てくる可能性も。

WLFもボスであるアイザックが撃たれましたが、まだ命を落とした描写はなく、トミーのように生きているかもしれません。

そうなると、組織を裏切ったアビーを追ってくる可能性もあります。

ラトラーズについては、まったくの謎。

最後エリーによってめちゃくちゃにされましたが、かなりの規模の組織だった上に、ボスの最後も不明だったため、こちらも出てくる可能性があります。

5個人的なラスアス3予想

ただ、個人的には、↑の通り次回作の舞台はアメリカからヨーロッパか日本になる可能性の方が高いと思っていて、そうなると

1エリーが再び主人公として、抗体を活用できる人物を探して旅に出る

2全く別の世界で、菌の解明と排除を目的とした旅が展開される

の2つがありえるのかなと。

エリーの復讐も終わり、これからエリーが主人公となるには1の展開が最も妥当だし、

アメリカの旅も東海岸から西海岸の端までで一応完結しているため、

もしかしたら、時代も飛び越えて、ラスアス3は別の地域が舞台になるのでは?と思っています。

舞台はヨーロッパ。

エリーの時代から20年後。

菌は変わらず拡大を続け、さらに新種とラットキングの巨大化が進む。

しかし、「エリー」という一人の人物が残した「脳髄」がアメリカからヨーロッパに渡ったことで、状況は変わり、新しい主人公はその脳髄から摘出された抗体を届ける旅に出る・・・。

その中でセラファイトのような現在の世界を唯一と考える組織と戦い、新ハンターと戦い、研究機関に抗体を届ける・・・

という物語だったら救いがありそうだなと笑。

まだドラマもいつになるか不明ですし、脚本もできていない状況ですが、ラスアスの暗い世界観は残しつつ、2とも違う救いの物語になってくれればと思います。

スポンサーリンク

かれん
個人的にラスアス2の物語は結構好きなのですが、ラスアスという世界を構成する物については謎のまま多く残されたので、今度はマクロの視点の世界が展開されたらなと思います!
スポンサーリンク
スポンサーリンク