ハルケンブルグの念獣の能力と本人の能力が覚醒!目的のために最強の能力者として参戦【ハンターハンター最新話382ネタバレ考察】

かれん
ハルケンブルグの能力がついに覚醒しましたね!驚いたのは、彼もまた能力者になったことでした。
カテゴリー別新着記事

最新記事はこちらからどうぞ♪

ハルケンブルグの念獣の能力と本人の能力が覚醒!目的のため最強の能力者として参戦【ハンターハンター最新話382ネタバレ考察】

以下、ハンターハンター©より一部引用して考察します。

スポンサーリンク

1ハルケンブルグの目的と能力の覚醒!382話。

王位継承戦で唯一、王に反抗して「辞退するよ」と申し出たハルケンブルグ。

最初は一番にやられそうだと思ってましたが、ここにきて最強の能力者となりました。

ハルケンブルグはもともと争いを嫌い、民主主義を重んじる法学者でもあります。

それゆえにクラピカ達も信用していたのですが、

何度も何度も王にやめるようにお願いしたのに、聞き入れなかったため、最終的に凶行手段に出ます。

これが毎朝ホイコーローに話をしに行っていた本当の目的。

つまり、自ら暴君を討ち取るクーデターを起こすということ!

王を自ら倒しこの儀式を止めよう、と考えたハルケンブルグ。

ですが、「儀式」は一度始まったら止められず、王は絶対に安全な状態。

ハルケンブルグの銃弾さえも届きません。

やむなく、自分で自分の始末をつけようとしますが(儀式の強制度を試したともとれる)、

これも念獣によって失敗。

「残すべきは国!!国民の命に決まってるホ!!問題は誰がレバーを引くかホイ!」

「業を負わねば王にはなれぬ。王にならなければ国は変えられないホイ・・!王などいらぬと王になってから言えホ・・!」

とハルケンブルグに怒鳴るホイコーロー。

つまり、この惨劇を終わらせるにも、国民を救うにも、王にならなければ始まらないということ・・・。

ここで遂にハルケン王子の本気スイッチが入りました!

そこにベンジャミンから連絡が入ります。

ハルケンブルグは覚醒し全力で継承戦に挑むだろう。排除の最優先だ」

そして、能力が覚醒。

もはや遠慮なく、自らが王となるために。

ハルケンブルグもまた能力者になりました。

その後、この能力は本人のものではなく、守護霊獣によるものと判明。

能力は臣下のオーラを矢として打ち抜くことで、対象に絶対防御不可能な「意志操作」を行う、というもの。

これは臣下の意識を矢が貫かれた人間に乗り移らせる、というもの。

この能力を持って、ベンジャミンの送り込んでいた私設兵シカクに遠慮なく攻撃します。

シカクの能力は遊戯王(カルドセプト)という相手の能力をカード化する能力でした。

ですが、ハルケンブルグのガード不能攻撃に敗れて意志を操作されることに。

ハルケンブルグの念能力

臣下一名の命と引き換えに、敵のあらゆる防御を貫きその肉体から「意志」を奪う。(同時に臣下の意志を相手の体に憑依させる。相手の肉体が生存しなくなった場合はもとの肉体に魂が戻る。)

一度弓を引けば迎撃防御不能の矢が標的を貫く。対個人の戦闘において必勝の能力である。

その後、ハルケンブルグの部下一名は倒れます。

味方と引きかえにガード不能の攻撃・・・。

ある意味最強の能力でした。

優しそうに見えたハルケン王子でしたが、臣下を犠牲にする能力を持っていた以上、手段を選ばない冷酷な性格だとも分かります。

そして、矢に攻撃されたシカクは意志を操作され、代わりにハルケンブルグの部下となりました(中身は元臣下)

ある意味、味方一人失って、一人ゲットするという無限ループ。

矢さえ撃てれば、相手がよけない限り無敵です(隠密がよさそう)。

王子どうしの戦闘は禁止なので、味方をどんどん増やしていき、潜入させる戦法になるのでしょうか?

ちなみにハルケンブルグの念獣の能力は、相互協力型で、仲間が多いほど強力な念能力を発動する、というもの。

これと王子の能力を同時に使えば、ある意味最強と言えそうです。

これによって、冷酷無慈悲となったハルケンブルグは、クラピカたちにとってもかなりやっかいな相手になったのは間違いなさそうです。。

追記:ハルケンブルクの能力について追記しました。

かれん
一番やさしそうで、一番脱落しそうだったハルケンブルグ兄さんが本気に!あくまで攻撃型の能力ですが、守護霊獣もまた弾丸を防ぐなど防御が強そうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク