マズローの欲求5段階説をわかりやすく。実は6段階目「自己超越」があった!具体例も解説します。

引用:ハンターハンターより(冨樫義博著)

さくら
これはハンターハンターの名シーンですよね♪
かれん
うんうん。個人的に大好きなシーンなんだ。実はこの「このために生まれてきたのだ・・・」っていいう感覚こそ、今日ご紹介するマズローの欲求段階説の6番目なんだよ♪
さくら
マズローという学者さんのお名前は聞いたことあるのですが、欲求段階説って何ですか?
かれん
欲求段階説は人間の行動の基盤は、5つの欲求の段階で成り立っていて、ピラミッドのように下の階層を満たせば、自然と上の欲求を満たしたくなる、っていう考えだよ☆
さくら
面白いですね♪あ、そうか!だからこのシーンもその段階に関係しているってことですね!
かれん
うんうん。これまでは5つって言われてたんだけど、実は6つあってその究極の段階に至るにはどうしたらいいのか、についても今日はご紹介します☆それでは、レッツゴー♪

最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

マズローの欲求5段階説をわかりやすく。実は6段階あった!?具体例も解説します。

スポンサーリンク

1 マズローの欲求5段階説って?

マズローの欲求段階説は、以下のようになっています。

%e3%83%9e%e3%82%ba%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%ac%b2%e6%b1%82%ef%bc%95%e6%ae%b5%e9%9a%8e%e8%aa%ac14

出典:https://www.kaizen-base.com/

分かりやすい図があったので、引用させていただきます。

人間の欲求にはこのように5つの段階があって、

それぞれ下の階層が満たされて初めて、上の階層の欲求を望むようになる、というものです。

また、一度上の欲求を知り、階層に乗ると、そこから下に降りることに不満を覚えるようになります。

しかし、下の欲求が満たされないと、上の欲求を満たす意欲が失われることになります。

順番に分かりやすく具体例をみていくと、

①「生理的欲求(食べ物などを求めること)」⇒食べる、飲む、眠る、などの生命にかかわる欲求です。

②「生の安全(恐怖がないこと、家があること)」⇒こちらは家があったり、全な状態にいたい、という欲求です。これがあるからこそ人間は戦争を忌避する方向に発展してきました。

この2つは特に根源的な欲求で、これが満たされない場合は、強い飢餓感や恐怖感、不安が出てきます。

そしてさらに上に行くと、

③「社会的認知(友人や家族があること)」⇒所属したいという意識。孤独回避とも言えます。友達や家族を求めます。

④「社会的尊敬(人に尊敬されること、社会的に認められること)」⇒人気者になりたい!名声を得たい!人の役に立ちたい!という欲求です。

⑤「自己実現(何かを創造すること)」⇒何かを作り上げたい。人生で何かを達成したい!という欲求です。

2 現代社会では4以上の欲求を持つ人が多いんです。

現代社会でも、途上国などでは1や2の段階で必死に生きている方が大勢いらっしゃいます。

しかし、先進国ではほとんどが4以上の、「何かを成したい、作りたい、人とつながりたい」という気持ちの人が多いと思います。

でも、だからこそ科学や哲学、文化が発展してきました。

それでも5の自己実現に至る方はまだ少数だと言われています。

そこに至るためには、ある程度の成功体験と社会的認知(家族や友人たちから認められること)が必要になります。

それを経て、「もっと自分にはできるはずだ!」という自信と共に自己実現欲求が出てくるんですね。

ある意味、モデルさんやボディビルダーさんはすごく分かりやすい例です。

どちらも肉体の美しさや表現の限界を求めていますよね。

芸術家や企業家、政治家など様々な分野で一流の方はこの5の段階を生きる指標にしています。

それぞれ次のステージに進むごとに、前の欲求は弱くなり、必死に求めるのは上のステージの欲求になります。

①の段階では、有名になりたいなんて考えてないのに、

④に至ると、評価を得たいと考えるようになります。

但し、前の欲求が満たされないと、そこに戻ってしまいます。

※欲求を求める力は、数字が若いほど強いので、①や②が満たされないと、すごくつらい状況になってしまいます。そのため、最低限の生活の保障というのが大切なんですね。

5まで至れた、というのはそれだけでもすごく恵まれた環境にあったということでもあります。

3 でも実はさらに上の6段階目があります。自己超越という段階です。

自己超越、という人間の究極の欲求段階。

ここに至れる人は本当に少数だと言われています。

その心境とは、まさに

「・・・そうか 私は この瞬間のために生まれて来たのだ・・・!!」

と言えるもの。

また、親鸞という、鎌倉時代に浄土真宗を興したお坊さんがいて、

このように言っています。

「よくぞこの世に生まれたものぞ!と想えるようなことを見つけられたとき、人は本当に救われる」

親鸞自身は、それを阿弥陀仏の教えに出会ったことだと言っていますが、

後に、人間の究極の姿は何かを研究していたマズローは、

上記の考えと同じようなことを言っています。

すなわち、人間の究極的な目的は

「このために生まれてきたのだ、と考えられるものに出会うことで、それを得られた人間は、至高の人間と言えるのではないか」と。

ちょっと、話しが難しくなりましたが、「ああ、このために生きていたんだ・・・」と思えることを見つけられたとき、人は最高の幸せを感じ、

欲求の最終段階「自己実現」のさらに先の「自己超越」というステージにたどりつけるようです。

4 6段階目の自己超越に至るには?

「自己超越(自我を超えて、このためにと思えることを見つけること)」

自分がしたいことをして、何かを成し遂げたい!とある意味自力なものが、5段階目の自己実現です。

しかし、それを極めて行くと

最終的に「自分がどうあろうがなかろうが、自然と、まるで天から与えられた使命のように」

「これだ・・・!生まれてきた理由はこれだったんだ・・・!」

と自分の意思すらも超越した感覚を得るのだそうです。

自我を超えて、その使命のために生きる。

このレベルに達するのは本当に一握りだそうです。

しかし、一流の宗教家や、科学者、起業家などはこの段階の人も多いと言います。

たとえば、車が欲しいからとか、家族のためにとか、会社を大きくしたい、認められたい、という段階はそれでも自分主体のものなので、5段階目までにおさまります。

自分という存在、欲求を超えて、「この使命が全て」と思えるものが得られたのなら、そのとき人は6段階に至れるようです。

そのためにも、まずは5番目までをしっかり満たすようにしてあげなくてはなりません。

この全てを満たすことができる人間はほとんどいないそうですが、

どういう感覚なのか、体験してみたいですよね。(#^^#)

同じような概念に、フローを超えたピークエクスピリエンスというものがあります。

こちらは以下に詳しく解説しています。

ここまでご覧いただきありがとうございました。ヽ(*^^*)ノ

スポンサーリンク

よろしければこちらもどうぞ♪

フォローする

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございました♪

もしお役に立てましたら、シェアやお気に入りなどしていただければすごくうれしいです☆(#^^#)

この記事をお届けした
まったり☆ストーリー考察部屋 otakaranet.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

以下は自由コメント欄です♪(n*´ω`*n)

批判や暴言などはお控えください(><)

また、管理人へはお問い合わせページよりお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ