クリーデンスの正体アウレリウスとアルバス・ダンブルドアの弟の真実とは?(ネタバレ注意)ファンタビ2で明かされた弟という伏線を考察!【ファンタスティックビースト2】

かれん
こんにちは!今日はコメントにもいただきました、「クリーデンスは本当にダンブルドアの弟なの?」という疑問を徹底考察してみたいと思います♪ファンタビ2で衝撃の告白となったクリーデンスの正体。果たして彼は何者なのか。本当にダンブルドアの弟なのか?について考察します。
カテゴリー別新着記事

最新記事はこちらからどうぞ♪

クリーデンスの正体アウレリウスとダンブルドアの真実とは?ファンタビ2で明かされた弟という伏線を考察!【ファンタスティックビースト2】

スポンサーリンク

ファンタビ本編の考察は以下をご覧ください♪

こちらはその追記となっています☆

1クリーデンスの正体がまさかのダンブルドアの弟という衝撃!

ファンタビ2で明かされた最大の謎がクリーデンスの正体が「アルバス・ダンブルドア」の実の弟という伏線でした。

コメントにて「クリーデンスは年齢からダンブルドアの弟ではないのでは?」というご意見をいただきましたが、

ダンブルドアの弟で、不死鳥の騎士団の創設メンバーかつホッグス・ヘッドのアバーフォースとは別人です。

彼は1884年生まれなので、1926年時点で42歳。

一方のクリーデンスはまだ20歳前後(1905年前生まれ)なので、年齢的にかなり違います。

アルバス・ダンブルドア校長は1881年生まれでファンタビでは当時45歳ですね。

ということは、20歳以上年齢が離れていることになります。

これまでダンブルドアには下に二人の弟と妹がおり、このアバーフォース・ダンブルドアと、彼らの妹であるアリアナ・ダンブルドアという3人兄弟姉妹だとされていました。

しかし、ファンタビ2で明かされたのが、グリンデルバルトによる衝撃の告白。

「君(クリーデンス)には実の兄がいる。そしてその兄が君の命を奪おうとしている。そして、その一族は危機に瀕した場合に不死鳥が現れるという・・・・」

君の本当の名前はアウレリウス・ダンブルドアだ

その言葉通りに、不死鳥が現れ、さらに杖を渡され解放されたクリーデンスの魔力は遥か彼方の岩山を破壊する力を見せました。

また、本来10歳で命を落としてしまうオブスキュラスの宿主でありながら、18歳まで生きていたという魔力の膨大さや、オブスキュラスを完全に制御してしまう才能も含めて、彼がダンブルドア一族であることは(おそらくファンタビ設定として)かなり真実だと思っています。

では、クリーデンスとは一体何者なのか?弟とはどういうことなのか?について考察します。

2クリーデンスとは?ダンブルドアの弟である真意を考察。

これまでクリーデンスはニューヨークで「魔法」に反対していたメアリーの養子として描かれていましたが、ファンタビ2で実はイギリスからニューヨーク行きの船の中で、リタによっていたずらに取り換えられた別の家族の赤ん坊であった、と判明。

関係ない家族の赤ん坊と弟のコーバスを入れ替え、結果的にコーバスの命を奪ってしまったリタはそのことで心に闇を抱えていました。

そのため、そのニューヨーク行きの船に乗っていた別の家族こそ、クリーデンスの本当の家族であり、母親だった可能性があります。

クリーデンスは氏名不詳の魔女のもとに生まれ、幼い頃に母を亡くしてメアリー・ルー・ベアボーンに引き取られた経緯があります。

つまり、この氏名不詳の母親がカギ。

しかし、ここで謎となるのは、ダンブルドアの実の兄弟(グリンデルバルトの言うことには)だとしたら、ダンブルドアすらもその存在を知らず、さらに母親も若くして亡くなっていますので、少しおかしなことになります。

ただ、可能性として考えられるのが、アズカバンに収容されていたダンブルドアの父親の存在。

もしかしたら、クリーデンスことアルレウス・ダンブルドアとは、アルバス・ダンブルドアの腹違いの兄妹ではないか?という可能性があるのです。

以下、その可能性についてダンブルドア一族について見ながら考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

3ダンブルドア一族とクリーデンスの関係!アウレリウス・ダンブルドアの父親と母親は?

最初に、クリーデンスの正体として考えられる「アルレリウス・ダンブルドア」の弟説には、3通りあることを考慮する必要があります。

1グリンデルバルドがクリーデンスのオブスキュラスを手に入れるために「嘘」と「不死鳥の演出」を行い、実際は名も知らぬただの子供だった。

本当にアルバス・ダンブルドアの実の兄弟

アルバス・ダンブルドアの兄弟だが、腹違いの子、または親族。

個人的には、1の可能性は、ファンタビ2の映画の最後に衝撃の真実として発表した以上、かなり低いと思っています。

実際に、不死鳥が現れ、オブスキュラスを完全に掌握し、魔力も膨大という演出上、ダンブルドア一族である、という可能性はかなり高いです。

一方、2と3は可能性として、3がかなり高いと思っています。

そして、クリーデンスが実際にダンブルドア一族として、考えられるのが、

1実はダンブルドア(アルバス)も4人目の兄弟を知っていた。

2ダンブルドアが知らないところでなんらかの事情で養子に出された。

3ダンブルドアが知らないところで、父親が他の女性との間に子供をもうけていた。

4ダンブルドアの兄弟ではなく、親族。

の4通りです。

これらについて考察します。

1アルバス・ダンブルドアの本当の兄弟であり、かつその存在をダンブルドアは知っていた?

これは、クリーデンスの年齢とアルバスの年齢が明らかに離れすぎており、アルバス自身が

「クリーデンスとリタは双子の姉弟なんだ」

と作中で話していた通り、完全にありえないと分かります。

少なくともアルバスは弟としては見てはいません。このことから、4兄弟である可能性はほぼ0です。

重要なのは、アルバス・ダンブルドアの両親パーシバル・ダンブルドアとケンドラ・ダンブルドア。

彼らの関係を見ることで真実が見えてきます。

2パーシバルとケンドラ・ダンブルドアとは?アルレリウスとの関係。

アルバスは1881年にパーシバルとケンドラの長男として生まれました。

しかし、アルバスが幼い頃に、妹のアリアナ・ダンブルドアがマグルの少年たちに魔法を使っているところを見られ、「異物」として認識した少年達によって大けがを負う、という事件が発生。

それによって、アリアナは以後魔力と精神が不安定となり、父親のパーシバルは攻撃した少年達を同じ目に合わせ、アズカバン送りとなってしまいます。。

その後、パーシバルはアズカバンで命を落とします。

一方、母のケンドラはアルバス達3人を連れて、ゴドリックの谷へと引っ越します。

そこからしばらくは平和が続き、アルバスはホグワーツを首席で卒業しました。

しかし、ここで悲劇が起きます。

1899年、アルバスが卒業旅行に出かける前日にアリアナの魔力が暴走。

母のケンドラが死亡してしまったのです・・・。

以後、アルバスは3人兄弟妹の家長として、生きていくことになります。

※この後にさらなる悲劇でアリアナが命を落とすのですが、それはグリンデルバルドの記事で解説します↓

この時点で分かることがあります。

アルバス・ダンブルドアの両親はアルバスがまだ幼い頃に、父親がアズカバン送りとなり、

さらに母親のケンドラが1899年に命を落としたということ。

クリーデンスことアルレリウス・ダンブルドアが、もし彼らの子供だとしたら、少なくとも母親のケンドラが命を落とす1899年前に生まれて、現在28歳ということになります。

一方・・・ファンタビ1では、クリーデンスは1926年時点でティーンネージャーという設定でしたので、おそらく18歳か19歳(1905年前生まれ)。

さらにリタが当時「赤ん坊として取り違えた」、という真実から見ても、これは正しいです。

クリーデンスは10代であることは確定

それなら、ケンドラの息子の可能性は0。

ケンドラと一緒にいたアルバス達がアウレリウスを知っていた可能性も消えます。

ということは、唯一ありえるのが、アズカバンに収容されていた父親「パーシバル・ダンブルドア」の息子ということです。

3アウレリウスはパーシバルの息子なのか?

アズカバンに収容されていたパーシバル・ダンブルドア。

史実では、その後に監獄で命を落とした・・・とされています。

しかし、実際いつ命を落としたのかは不明でした。

もし、パーシバルが監獄から別人に入れ替わって脱獄していたとしたら

あるいは、アズカバンにて何等かの事情で子供を設けたとしたら?

アウレリウスは確かにアルバスダンブルドアの腹違いの兄弟ということになります。

アズカバンの中で子供を作る、というのはほぼありえないと思いますので、考えられるのが脱獄したということ。

これは、個人的にですが、一番ありえそうな気がしています。

というのも、クリーデンスがアルバスの弟アウレリウスである、と知っていたのがグリンデルバルドであるから。

そして、グリンデルバルドは闇の魔法使いにして、仲間もアズカバンに収容されていた可能性が高いから。

それゆえに、アズカバンから仲間を救出する際に、一緒にマグルの子供たちに攻撃したパーシバルを連れて逃げ出し、以後、パーシバルがグリンデルバルドと行動を一緒にしていた可能性がありえる・・・と考えています。

特に、グリンデルバルドはアルバスの能力を高く評価していましたから、その父親(しかもマグルを攻撃してアズカバンの罪人)であれば、見逃すはずがありません。

そして、実際にアズカバンに収容されていたのは、ファンタビ2で見せたように全くの別人であり、命を落としたのも別人であった、という可能性を考えてしまいます。

アズカバンにダンブルドアの父親が収容されていたことは、もちろんグリンデルバルドは知っていたと思われます。

というのも、グリンデルバルドとアルバスはともにゴドリックでしばらく時を過ごし、アルバスとは親密な関係であり、アルバスが力を欲した理由もそこにあったから。

一方、もちろん父親がアズカバンにいたままという可能性も高いです。

ということは、アウレリウスはダンブルドアの実の兄弟ではなく、

グリンデルバルドの方便、または親族という可能性もあります。

ただ、わざわざ作中で「兄がダンブルドア」と言っていたことと不死鳥の出現を考えると、私は↑のダンブルドアの父親がアズカバンから脱走後に、別の女性との間に子供を設け、

その後1905年前にクリーデンスことアウレリウスが誕生し、

息子を危険に合わせないように、母親と一緒にニューヨーク行の船に乗せた・・・(そして母親は水没して、クリーデンスのみ生き残った)という可能性を考えてしまいます。

そして、ファンタビの作中でパーシバルを名乗る人物がいたことにも注目

4パーシバル・ダンブルドアは実はグレイブスだった?

それが、ファンタビ1で登場したパーシバル・グレイブス。

グリンデルバルドが変装していたアメリカ魔法省の魔法保安局長官です!

これはただの偶然でしょうか・・・?

年齢的にはパーシバル・グレイブスは長官という肩書からも結構上であったことが分かります。

しかし、アルバスがすでにこの時点で40歳以上だったとしたら、少なくとも父親のパーシバルは60代以上です。

また、グリンデルバルドが本人になり替わって変装していたこと、当のパーシバル自身は行方不明であり、グリンデルバルドがクリーデンスの正体を知っていたことにも、どことなく繋がります。

ありえなくはなさそうです。

ただ、アズカバン送りになっていたはずのパーシバルが、本名を名乗って長官をやっている可能性はほぼなく、パーシバル・グレイブスとの関係は深読みしすぎな気もしています。

個人的にはクリーデンスが物語的にまったくダンブルドアに関係なく、弟というのは「グリンデルバルドの嘘」だったり、親族であるよりも、その方が面白そうだなと思います(笑)。

この辺はファンタビ3~5の間に明かされていくものと思います♪

すっごく楽しみです!

かれん
というわけで、私の勝手な考察ですが、「クリーデンスことアウレリウスは、ダンブルドアの父親パーシバルが残した腹違いの子供である」説を一つの見方としてみたいと思います☆

スポンサーリンク

ラストの考察に戻る↓

『クリーデンスの正体アウレリウスとアルバス・ダンブルドアの弟の真実とは?(ネタバレ注意)ファンタビ2で明かされた弟という伏線を考察!【ファンタスティックビースト2】』へのコメント

  1. 名前:ころころ 投稿日:2018/11/28(水) 14:40:45 ID:55029818f 返信

    考察面白かったです!
    続きがどうなるか、考えるだけでわくわくしますよね!

    記事を読ませていただいたあとで、パーシバル・グレイブスのことで、ひとつ疑問が残ったので質問させてください。

    1で、最初パーシバルはクリーデンスに子供を探させてましたよね。
    周りの闇祓いよりもいち早くオブスキュラの事に気づいたパーシバルは、路地のような場所にクリーデンスを呼び出して、子供を見つけて来いと言っていました。見つけたら魔法を教えてやる、と。
    そして後半、クリーデンスの養母がころされたとき、家にいた女の子がその子だと思って近づいたところ、背後にいたクリーデンスが犯人だったので驚いていたと思います。

    そこで疑問なんですが、パーシバルはいつからグリンデンバルドだったんでしょうか?

    もし初めからグリンデンバルドだったのなら、ダンブルドア一族とクリーデンスの関係を知ったのは逮捕後〜パリへ探しにいく前までになると思います。
    (クリーデンスがパリにいる時にたまたまヨーロッパに移管されるっていうのも運が良すぎるので、もしかしたらグリンデンバルドの差し金や何かの心情操作による結果かもしれません。)

    また、もし昔からダンブルドア一族との関係を知っていたのなら、パーシバルは最初はただの闇祓いで、1のどこかで乗っ取られたということになると思います。

    もし良かったら、お考えを聞きたいです。

    • 名前:かれん 投稿日:2018/11/28(水) 16:36:26 ID:874221da9 返信

      すごく鋭い考察をありがとうございます( *˙˙*)
      おっしゃる通り、グリンデルバルドがいつから変わっていたかで、展開が変わりますよね。

      私としては、グリンデルバルドは1の最初から変わっていた、と考えています。

      実際、クリーデンスがオブスキュラスの宿主と知るまでは妹を宿主として探していましたから、クリーデンスが宿主と知った後で彼の過去を調べたら、実は…という見解かなと。

      そうなると上の考察で(あくまで一つの推測ですが)、ダンブルドアの父に聞き出したり、調べたのはその後になるかもしれません。

      ただ、パーシバルダンブルドアから、我が子にはオブスキュラスがいる、とあらかじめ聞いていたグリンデルバルドが、だからこそニューヨークで1の最初から探し求めていた、という考察もできそうです。

      • 名前:ころころ 投稿日:2018/11/29(木) 09:03:48 ID:7734e24b5 返信

        早速の返信ありがとうございます!

        >ダンブルドアの父に聞き出したり、調べたのはその後になるかも

        それって面白い展開になりますね!
        2の当時に、父がまだ生きてるなら、3で息子と再会したりとか?!
        じつはパーシバル・ダンブルドアも難破した船に乗っていたんでしょうか?その場合は、息子は死んだと思ってる…?!

        私は映画を観た時は、ダンブルドア一族なんてありえない、グリンデンバルドの嘘でしょ、と決めてかかってましたが、いろんな可能性があることがわかって、とにかく先が楽しみになりました。
        ありがとうございました。

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/12/02(日) 23:16:58 ID:74a8d256c 返信

    いやいやクリーデンスはダンブルドアの弟な訳ないでしょう。上手いことグリンデルバルドに騙されてんだよ、クリーデンスもあなたも。

  3. 名前:J 投稿日:2018/12/08(土) 00:26:57 ID:54e7d54a3 返信

    クリーデンスがアルバスの弟という話、さまざまな考察ができますよね。
    グリンデルバルドの達者な言葉で嘘を言っていた可能性はありますし、アルバスもまた、言葉遊びを巧みにハリー達を導く未来があります。
    アルバスは本当にクリーデンスを弟だと知らなかったのかはかなりの疑問です。
    「リタの双子の姉弟かもしれない」という言葉もアルバスの言葉遊びによる嘘だとしたら?可能性はありそうじゃないですか?
    それに、彼は自分の過去を話そうとしないということがハリーポッター本編でアバーフォースに言われています。
    つまり、クリーデンスが弟だと知っていたが、何かしら事情があり話すことができない。さらに過去アルバス、アバーフォース、グリンデルバルドの三つ巴の戦いや、「血の誓い」によって現状アルバスがグリンデルバルドと戦うことができないため、クリーデンスがグリンデルバルドの仲間にならないようにその前にニュートに1番に見つけ出してもらい「保護してほしい」と伝えていたら?
    この辺りがどうも気にしてしまう部分ですね。アルバスがクリーデンスが弟だと知っていた可能性は結構否定できない部分はあるかもしれません。

    • 名前:かれん 投稿日:2018/12/08(土) 01:45:45 ID:3e21ce19b 返信

      なるほど!
      アルバスダンブルドアの性格的に見ると確かにその可能性もあるかもしれませんね。(*´`)

  4. 名前:K-suke 投稿日:2018/12/09(日) 16:02:34 ID:ba753acf2 返信

    グリンデルバルトの正体がアズガバンを脱走して魔法で姿を変えたパーシバル・ダンブルドアの可能性は?
    脱走を偽装する為の獄中死だったとしたら?
    姿を変えたパーシバル・ダンブルドア(=グリンデルバルト)の息子がクリーデンスだったとしたら?

  5. 名前:通りすがりの匿名希望者 投稿日:2018/12/11(火) 02:51:21 ID:d236f5752 返信

    私の記憶違いでなければ、アズカバンの唯一の脱走者がシリウスブラックだったはずです。仮にパーシバルが脱獄していたとすると、この点で矛盾が生じてしまうことになります。したがって、パーシバルの脱獄は、ありえないのではないでしょうか?(勿論、過去の脱獄者について秘匿されていたら別ですけど、、、)

    • 名前:かれん 投稿日:2018/12/11(火) 10:13:18 ID:e5e5b26ec 返信

      記録では確かに…しかし、もしグリンデルバルドがパーシバルを別人に入れ替え、その別人がすぐ命を落として『パーシバル』が命を落とした、とアズカバンが勘違いしたとしたら…!
      と妄想です(笑)

    • 名前:∩^ω^∩ 投稿日:2019/08/12(月) 19:31:25 ID:e1f6c8720 返信

      しかし炎のゴブレットでにバーティー・クラウチ・ジュニアも脱獄していたことが発覚していますから可能性としては有り得なくはないと思います

  6. 名前:今日、映画見ました 投稿日:2018/12/23(日) 17:53:44 ID:97cac38bc 返信

    実は、グリンデルバルドがアルバスの腹違いの兄弟だったという可能性はありませんか?

    不死鳥は、クリーデンスの元に現れたのではなくグリンデルバルドに仕えているのでは?

    パーシバルの名前を使ったのもお父さんへの愛着とか?笑

    • 名前:かれん 投稿日:2018/12/23(日) 17:59:33 ID:97b5919fe 返信

      可能性はゼロではないかもしれません。
      詳しくはグリンデルバルドとダンブルドアのページに書いてますが、史実ではグリンデルバルドはダンブルドアとは血縁関係は無関係の北欧生まれのようです。
      ただ、もしそうなら面白いですね!

  7. 名前:サラマンダー 投稿日:2018/12/25(火) 10:25:40 ID:1ecdb2981 返信

    グリンデルバルドがアルバスと血の誓いをした事でグリンデルバルドに不死鳥が現れたとかはどうでしょう…
    血の誓いにそういう作用があるかもしれなくないですか?
    血の誓いについて詳しく知らないですが、、

    • 名前:かれん 投稿日:2018/12/25(火) 17:27:17 ID:982e40b99 返信

      血の誓いでグリンデルバルドに不死鳥が現れた可能性もゼロではないと思います。(*´`)

  8. 名前:アルカリ電池 投稿日:2019/05/09(木) 09:59:23 ID:3e1eaa953 返信

    ファンタビ2を見た後に考察を拝見させていただきまして、非常に楽しめました(‘ω’)
    ひとつだけ、私の予想(妄想)をコメントしますと、クリーデンスの生まれてからの一連の運命は、全てグリンデルバルトの計略ではないでしょうか?
    グリンデルバルトは革命を起こすために強力な力を欲していたと思います(しかも対アルバス用とも考えられる)。そして、ダンブルドアの血は強力であることも知っていた訳で、更に貴方の予想のように、アルバスの父親がアズカバンにいて、マグルを憎みやすい立場にあることも知っていた訳で、自分の部下に強い魔法使いを増やす(アルバスの父親)と同時に、その子供をもオブスキュラスにし、手に入れて、自分の為に利用しつくすという状況ではないかと思います(‘ω’)どうですかね?

    • 名前:かれん 投稿日:2019/05/09(木) 10:35:57 ID:e312f3df0 返信

      その可能性もかなり高そうですね!
      だからこそ、クリーデンスの出自を彼だけが知っていて、ダンブルドアが知らなかった…とも考えられそうです。

  9. 名前:匿名 投稿日:2019/05/20(月) 14:14:17 ID:f5fd41f34 返信

    「クリーデンスとリタは双子の姉弟なんだ」
    ↑なんですかこれ?
    アルバスはクリーデンスとリタが双子だなんて一切言ってませんよ
    アルバスが言ったのは噂でリタの弟の可能性がある程度ですよ
    オブスキュラスについての「闇の双子 唯一の友だ」のセリフに勘違いしたのかな?
    嘘を断定して書くのは良くありませんよ

    あとクリーデンスの母親が魔女と言い切っている理由はなんですか?
    そんな描写ありました?
    母親がマグルなのか魔女なのかまだはっきりしていないですよね

  10. 名前:のら 投稿日:2019/05/23(木) 07:09:13 ID:3c6d5c3c1 返信

    グリンデルがあちこちで作った子供の一人(もちろん存在知らなかった)とか、妹さんの子供とかは可能性ないのでしょうか?

  11. 名前:通りすがり 投稿日:2019/08/28(水) 10:58:53 ID:254c295c7 返信

    オブスキュラスは愛を知らない子の心の中に育つ闇の双子のようなもの。クリーデンスに兄弟がいればその愛でクリーデンスを救えるという説明ではなかったでしょうか?
    (吹替版)

スポンサーリンク
スポンサーリンク