【話題作】シュタインズ・ゲートネタバレストーリー考察(ネタバレ注意)!シュタインズ・ゲートゼロとの違いとあらすじも解説

かれん
シュタインズ・ゲート大好きなかれんです♪今回はアニメ化されたシュタインズ・ゲートについてストーリーをネタバレアリで考察しています!
カテゴリー別新着記事

最新記事はこちらからどうぞ♪

シュタインズ・ゲート&シュタインズ・ゲートゼロストーリー考察&紹介(ネタバレ注意)

以下にストーリー考察&聖地巡礼紹介もしていますのでよろしければどうぞ♪

スポンサーリンク

そして後半で、シュタインズ・ゲート及びシュタインズ・ゲートゼロのストーリーをご紹介しています。

ネタバレ満載なので、ご注意ください!

1シュタインズ・ゲートとシュタインズ・ゲートゼロの関係は?

個人的に今回のアプデで一番うれしかったのが、「シュタインズゲートゼロ」です!

シュタインズ・ゲートシリーズは私も大好きな作品なので、

またプレイしたいな~と思っていました。

今回のシュタインズゲートゼロは、「シュタインズ・ゲート」の外伝のような構成になっています。

アニメで見ると、β世界線のまま、紅莉栖を助けることができず

そのままうつ状態になった岡部倫太郎が描かれています。

主人公の倫太郎と紅莉栖。両想い。

紅莉栖は本当の天才科学者であり、倫太郎は中二病の自称「天才科学者」。

シュタインズ・ゲートって何?(。´・ω・)?という方のために簡単にストーリーをご紹介します。

2シュタインズ・ゲートストーリー紹介(ネタバレ注意)

秋葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーである厨二病の大学生 岡部倫太郎は、研究所のメンバー(ラボメン)である橋田至や幼馴染でもある椎名まゆり(画像)と共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。

2010年7月28日、岡部は椎名と共に向かった講義会場で、わずか17歳の天才少女、牧瀬紅莉栖(クリス)と出会う。

ところが、ラジ館の8階奥で、すでに息がない紅莉栖を目撃した岡部は、そのことを橋田へ携帯メールで報告する。

その直後、眩暈に襲われた岡部が我に返ると、ラジ館屋上には人工衛星らしきものが墜落しており、周辺は警察によって封鎖されていた。

先ほど送信したはずのメールは、なぜか1週間前の日付で受信されており、周囲が話すここ最近の出来事と岡部の記憶の間には、齟齬が起こっていた。

これがプロローグです。

岡部倫太郎は「電話レンジ(仮)」と呼ばれる、

電子レンジを改造した機械を作ったのですが、実はこれが簡易タイムマシンで、

そこに携帯からメール(通称Dメール)を送ると、それを受け取った人々の過去が改編され、「世界線」が移動します。

つまり、世界がガラッと変わってしまうのです。

秋葉原は、アニメのないただの電気街になってしまったり。。。(´;ω;`)

(なぜか岡部倫太郎の記憶だけはそのままなので、倫太郎はそのタイムマシンを使って、登場人物たちの過去をどんどん改編、都合のよい未来を作ろうと画策します)

しかし、その結果としての世界線(現在のまま進んだα世界)では、組織SERNによって仲間たちが次々と命を失い、大切なまゆりも、牧瀬紅莉栖も失ってしまうという結果に。。。

SERNの目的は、タイムマシンを独占し、世界を自分たちの思うままにすること。

それを邪魔する可能性のある倫太郎たちを消そうとしてきます。。

倫太郎はその事実を知り、それを食い止めるために、何度も何度もタイプリープを繰り返し、世界を変えようとするのですが、何度やっても失敗します。

(世界線の収束、と呼ばれている現象です。結局大きく世界を変えないと未来は同じ結末に収束するということですね(´;ω;`))

段々と絶望し、おかしくなっていく倫太郎。。。

さらに、実は家主であり親しくしてくれていた階下のおやっさんが、敵組織の人間だったことも判明。

本当は倫太郎を監視していたのです。

大切な人をどんどん失う倫太郎。

この結末を変えるためには、世界線を大きく変えて「世界線変動率1%台のβ世界線(もともとの世界から続く未来)」を目指さねばならないのですが、そのためには最初からの全ての過去改変をキャンセルしなければいけない、と気づいた倫太郎たち。

そこから再び過去の自分にメールを送り、過去改編を辞めさせようとします。

うまくいったかのように見えたのですが・・・。

しかし、実際はβ世界に行っても、牧瀬紅莉栖を救うことはできませんでした(´;ω;`)

過去改編をなくしても、最初の段階で彼女は既に命を失っており、それを根本から変えようとすれば、また別の彼女がやられる、という未来が生じるだけだからです。。

(β世界での収束の結果)

絶望する倫太郎。

牧瀬紅莉栖は倫太郎のことが好きだということ、そして倫太郎も彼女が好きだと自覚します。

シュタインズ・ゲートゼロでは、ここからのお話が描かれています

つまりβ世界線のままとどまり、牧瀬紅莉栖を救えなかった世界が舞台です。

絶望した倫太郎はそのまま何もできずに、中二病もやめ、普通の世界を送る・・・というところから始まります。

アニメや正史では、この後鈴羽(親しくしていた階下のバイトの人)の協力によって、本物のタイムマシンを使い、過去に飛びます。

本当は未来人だった鈴羽。未来世界はSERNによって支配されており、第三次世界大戦も発生している模様。

彼女はタイムマシンを作った父親を探すために過去に来ていました。

ちなみに、彼女の父親は↓の倫太郎の親友。橋田至(いたる)です。

うつ状態の倫太郎をビンタで元気づけるまゆりちゃん。

これで未来が変わった?

そして、未来の倫太郎から受け取ったビデオメッセージで、

「確定した過去を変えてはならない(変えようとしてもβに収束する)。そしてお前が経験したつらい事実を変えてはならない(だからこそ世界を変えられるし、未来の自分がいる)。自分自身をだませ!」

と教えられます。

この未来の倫太郎はβ世界で、クリスを救えずにそのまま大人になった倫太郎。

このビデオメッセージは、そんな彼から送った最後の希望だったのです。

(物語の最初の倫太郎の状態では、この悲劇を経験していないので、クリスを救う執念もすくなく、技術も未完成。そのため、未来からのムービーメールも失敗しています)

そしてタイムマシンで過去に戻った倫太郎。

彼はβ世界でのクリスがやられる、という事実を変えずに、クリスを救う方法を考えます。

それは、なんと過去の倫太郎自身をだますこと

過去の倫太郎は倒れたクリスをみて、すぐに「命がない」と思っていました。

そこからタイムリープが始まり、今につながるのですが、

ならば、本当は生きているのにそれを偽装すれば、過去の自分の記憶はそのまま(確定した過去は変えない)で、さらに今の自分の記憶と未来とも整合し、クリスを救うことができるのです。

ようは、クリスがやられた、という過去を根本から変えようとしたから失敗した(倫太郎はクリスがやられたと記憶をもっていて、それが確定していると信じて世界を変えていた)

のであって、クリスがやられた、という過去を変えずに過去の自分を勘違いさせれば、クリスは無事なまま、これまでの自分の行動とも一致する、ということですね☆

これが別の新しい世界線「シュタインズ・ゲート」に続く道。

そして、この結果、シュタインズ・ゲートに到達した倫太郎は、全員が無事な世界でハッピーエンドを迎えることができる――という終わり方でした♪

(プレイ&視聴したのは随分前なので、もしかしたら記憶違いもあるかも。。。(;´▽`A“

ご了承ください。)

スポンサーリンク

3シュタインズ・ゲートゼロのストーリーを簡単にご紹介(一部ネタバレ注意)

ここからは、最後のシュタインズ・ゲートに到達しなかった、絶望したままの倫太郎がいるβ世界が描かれます

これは実際にこれからプレイされる方もいらっしゃると思いますので、ストーリーは簡単にご紹介します。

クリスを救えなかった倫太郎。

過去の出来事を思い出し、苦しむ毎日。

さらに、中二病もやめ、平凡に暮らしています。

そんなとき、クリスのもとチームメイトである、レスキネン教授から

「クリスはAIとして生きている」

と知らされます。

天才少女だったクリスの記憶は「アマデウス」という人工知能にインストールされており、そのテスターとし倫太郎は選ばれます。

そこからクリス(アマデウス)と対話し、親交を深めていく倫太郎。

仲間たちと平和に暮らすはずだったのですが・・・。

再び謎の襲撃者が現れます。

一人は、かがり(画像)。

実は彼女も鈴羽と同じ未来人であり、戦争孤児。彼女もヒロインの一人。

あんまり書くとネタバレすぎちゃうので控えますが、

以下簡単にご紹介すると、

バッドエンドでは、実は敵だったレスキネン教授

彼は、タイムマシンを戦争の抑止力にしようと暗躍していました。

そのために倫太郎のなかまたちを洗脳したり、拉致したりします。

そして結局第三次世界大戦がおこり、世界はめちゃくちゃに・・・。(´;ω;`)

仲間たちもやられてしまいます。。

一方、トゥルーエンドでは、

西暦2025年。

第三次世界大戦は止められませんが、岡部倫太郎はタイムマシンの開発に成功しています。

一方、2025年には岡部倫太郎はこの世界から消える、という事実も確定しており・・・。

この事実を変えずに、過去に飛び立った仲間を救うため、

そして動画メッセージを過去の自分の携帯アドレスにメールするため、

タイムマシンに乗って旅立つこととなった2025年の岡部が描かれます

果たして彼は過去の自分にメッセージを送り、未来を変えられるのか――?

という終わり方です。

少し中途半端な終わり方。。。(´;ω;`)

でも、そこから他の世界につながると考えるとありなのかな?とも思います。

これも昔プレイしたままの記憶なので、間違いもあるかも・・・(;´▽`A“

なので、この機会にもう一度プレイしなおそうと思っています。

かれん
以上、シュタインズ・ゲートのネタバレ考察&シュタインズ・ゲートゼロのストーリーを一部ネタバレありでご紹介しました♪PSPLUSで無料なので、本当にぜひ入手だけはしておきたい名作です。よろしければぜひ♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク