ゼノブレイド2考察。帝国最強メレフ登場。ニアとハナが仲間に!第2話「機械仕掛けの人形」(ネタバレ注意)

かれん
ゼノブレイド2のストーリー考察第2話です。ゼノブレイド2では、実際に物語が「〇話」形式で進んでいきますので、まずはその通りに追ってみたいと思います♪第2話では、帝国最強のドライバー「メレフ」が登場します!
カテゴリー別新着記事

最新記事はこちらからどうぞ♪

ゼノブレイド2考察。帝国最強メレフ登場。ニアとハナが仲間に!第2話「機械仕掛けの人形」(ネタバレ注意)

スポンサーリンク

これまでのあらすじ。

主人公レックスは、仕事の依頼から「天の聖杯」ホムラに出会い、一度は命を落とすものの、彼女の力で生き返る。

ホムラの願いは世界樹の上にあるという「楽園に行くこと」

そして、それを阻むシンとメツの二人。

激闘の末、2人から逃げ切ったレックスたちだったが・・・。

1前回、命を落としたかに見えた、じっちゃんだったけど・・・

シンとメツの魔の手から、レックスとホムラを逃がしたじっちゃん。

無数に受けた傷。

彼は最後に「また会おう、レックス・・・」

とだけ残して消えようとします。

家族同然のじっちゃんを失って、泣き叫ぶレックス。

でも・・・。

実は生きておりました_(┐「ε:)_。。。

巨神獣である、じっちゃんは、傷の回復のために、新陳代謝を最大限に利用して、巨体を小さくすることで、生き残ったということです。

幼体まで変化し、元の姿に戻るには300年かかるということ。

ん?ということは、じっちゃんはある意味不死身ということ。

でも、よかった・・・(#^^#)

そして、じっちゃんはどうやらホムラとも知り合いの様子。

「セイリュウさん、お久しぶりですね」

「うむ。昔とは随分、印象が変わったのぉ?」

と、レックスが眠っている間に二人は言葉を交わします。

昔ということは、500年前に、ホムラが眠りにつく前の時代からの知り合いということです。

天の聖杯の宿命じゃの・・・」

という言葉に、

「はい・・・」

と悲しそうにつぶやくホムラ。

一体、500年前になにがあったのか。

ホムラ、セイリュウ、シン、メツ、この4人は500年の時を超えて、再び巡り合ったということですね。

2スペルビア帝国領グーラへ。帝国最強「カグツチ」登場

第1話でレックスを助けてくれた。ニアとビャッコ。2人はとても強い絆で結ばれている。でも、その正体は・・・。

グーラはお嬢様の故郷なのです」

シンとメツの仲間だった、ニア

でも、心は優しい彼女はレックスを助け、一緒に逃げてきていました。

そして、逃げた先のグーラは、彼女の故郷ということ。

街までは案内するよ。そしたらお別れ」

とすごく淡泊な彼女。

でも、彼女のキモチとしては、

「あいつら(シンたち)のことがあるから・・・一応、仲間だからね。アタシの居場所なんだ――」

とどうやら深い事情がある様子。

ここではまだ分かりませんが、ニアもまた悲しい過去を背負っており、それを助けてくれたのが、ある意味シンだったのです。

そこからスペルビア帝国を冒険することになります。

スペルビア帝国、と言っても、ゼノブレイド2の世界は全て「巨神獣」の上に成り立っており、画像のように、平原もすべてスペルビア帝国が保有する巨神獣の背中の上、ということになります。

トリゴの街へやってきた一行。

しかし、テロ組織「イーラ」として手配されていたニア。

ニアの手配書。ひ、ひどすぎる。。。_(┐「ε:)_

ちなみにニアに耳があるのは、グーラ人という種族です♪

そこに、やってきたのが、帝国最強のブレイド「カグツチ」。

「せっかくのお休みを楽しんでいたのに・・・」

と上から目線でかなり高貴な物言いをします。

青い炎を操る彼女は、スペルビア帝国の宝珠とも呼ばれ、500年以上前から代々受け継がれてきた存在でもあります。

※ブレイドとは、コアクリスタルから生まれる生命体のこと。人間のような存在でもあり、意志を持ち、強力な能力をそれぞれ持っています。

カグツチの圧倒的な力の前になすすべもなく、逃げるしかないレックスとホムラ。

ニアと彼女のブレイド、ビャッコは捕まり、二人を逃がします。

3かわいいトラと「人工ブレイド」ハナが仲間に!

カグツチや帝国兵の追ってから、必死に逃げていたレックスとホムラ。

そんな二人を助けてくれたのが、トラと呼ばれるノポン族の少年でした。

「トラ、威張り散らしてる帝国兵嫌いだも!アニキはドライバーだも?トラ、ドライバーにすっごく憧れていたんだも~♪」

と、レックスをいきなり「アニキ」と呼び、なついてくれるトラ。かわいいです(n*´ω`*n)

トラにも事情があり、実は彼は祖父から三代にわたって、「人工ブレイド」の研究をしてきたとのこと。

彼らはブレイドとドライバーにずっと憧れていたけれど、適性がなく、それゆえに、「自分たちで作ってしまおう!」と考えました。

すごし・・・Σ(´∀`;)

祖父がいなくなった後は、父と研究していたのに、その父は失踪。

そのため、今は一人で「いつか噂をきいてくれた父ちゃんが帰ってきてくれるように」

人工ブレイドの開発を行っています。

その事情を考えると、彼もけなげでとってもすごい子だと分かります。(´;ω;`)

実はトラはお金がなく、ほぼニートのような状態です(遺産などで暮らしてきた)。

そのため、人工ブレイドを完成させるために、レックスに協力をお願いします。

「お金だったら私がなんとかするから」

というホムラに

「ま、まさか体をっ!」

とスケベ心丸出しのじっちゃん( ´艸`)

そして、レックスのお金を使い、完成したのが、人工ブレイド「ハナ」。

実はこの技術はとんでもなく、すごいことなのです。。。

おはようございます。ご主人。ハナですも」

と、トラに忠実で、とってもかわいい女の子です♪

人工ブレイドは、機能もロボットっぽいですが、意志はちゃんとあり、人間と変わりません。

ハナちゃんはこれからかなり活躍します☆

4ニアを助けに!帝国最強の「メレフ」登場!

人工ブレイド「ハナ」とトラも仲間に加わり、ニアを救出しにいくレックスたち

「レックス あんた・・・」

と驚くニア。

絶対に誰も助けにきてくれない。

来てくれるとしたら、あの時と同じようにシンが・・・

とふさぎ込んでいたニア。

ニアは実はかつて人間に追い回された経験があり、それゆえに人間不信になっていました。

かつても同じく牢獄にいたニア。それを助けたのがシン。だからこそ、ニアはシンの仲間になり、「アタシの居場所はあそこしかない」と思っていたのです。

無事に救出したレックスたち。

しかし・・・そこを狙っていたのが・・・。

帝国最強のブレイド、「カグツチ」を使役する、これまた最強のドライバー「メレフ」

青い炎は全てを焼き尽くす破壊力を持っています。

男っぽいですが、実は女性です。

「そのブレイドが天の聖杯であるならば、私にはやるべきことがある。二度と世界を焼かせはしない!」

と、メレフの狙いは、天の聖杯であるホムラと判明!

そのために、ニアを閉じ込めていたのです。

メレフによると、3つの巨神獣をかつて500年前に雲海の底に沈めたのが、天の聖杯だというのです。

一体、どういうことなのか。

メレフはホムラこそ、悪の根源である、として消滅させようとします。

帝国最強の存在に、圧倒されるレックス達

しかし、最後に機転をきかせ、火のブレイドである「カグツチ」に水(貯水タンク)をぶつけることで、弱めることに成功。

なんとかその場を脱出します。

あの少年と共にあるのなら、解き放ってみるのもまた一興か」

レックスのまっすぐな気持ちと度胸、機転に感銘を受けたメレフ。

この場を逃がし、しばらく泳がせてみよう、と算段します。

メレフはこうして序盤は最強の敵として立ちはだかりますが、性格は実直で優しく、いずれ頼もしい仲間になってくれます♪

そして、逃げた先で、ニアが仲間に!

自分のいた組織「イーラ」に戻らず、

「世界樹の楽園に行くんだ!」

というレックスの想いを信じて一緒に同行することになります。

そして、新たな旅の始まりです。

ニア、ビャッコ、トラ、ハナを新しく仲間に加え、ひと時の休息を楽しむレックスたち。

「綺麗だな。やっぱりホムラの出してくれた火だからかな・・・あ!変な意味じゃなくて!」

と照れるレックス。

そして、それを見て微笑むホムラ。

ラブコメ要素も満載で、2人の絆も深まっていきます。

今思うと、すっごく幸せな瞬間だったんだなって思います。(#^^#)

ここからブレイドたちの悲しい宿命、天の聖杯の本当の意味、そして悲しい別れなどが連続していきます。。

そして、ついに天の聖杯「ヒカリ」が覚醒へ。

かれん
ここまでが第二話「機械仕掛けの人形」でした♪第二話は最強のメレフが登場したり、かわいいマスコット的なトラ、ハナが加入したり、わくわく展開が続きました。でも、まだブレイドや天の聖杯の意味は謎のまま。この先、それが明らかにされていきます・・・

スポンサーリンク

天の聖杯、そしてブレイドの宿命とは?第3話です↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク