ニーアオートマタDエンド内容考察(ネタバレ注意)9Sの最後と彼の全ての心情とは?【画像付きニーア攻略】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

かれん
そして今回はDエンドの内容をレビューしてみます♪
さくら
前回のCエンドでは、A2さんを操作して最後は9Sくんを救う展開でしたが、9S君を操作するってことはやっぱり・・・
かれん
うんうん。9Sを操作するということは、汚染された9Sが勝利するってことだよね♪その後どうなったのか、今日は徹底的に考察してみたいと思います
最新記事

最新記事一覧はこちらからどうぞ☆

ニーアオートマタDエンド内容考察(ネタバレ注意)9Sの最後の選択とは?【画像付きニーア攻略】

9Sのこれまでのお話は↓からどうぞ♪

こちらがA2エンドになります↓☆

スポンサーリンク

1再び対決を迎えた9SとA2。今回は9Sを選択してみます。

前回はA2を選びましたが、今回はここで9Sを選んでみます

A2によって語られた真実に、もはや現実を受け入れられなくなってしまった9S。

思考も既に汚染されており、機械生命体のネットワークに取り込まれつつあります

そして9Sを選択した結果・・・。

2躊躇したA2にギリギリ勝利する9S。しかし・・・

戦いは熾烈を極め、

しかし、やはり汚染された9SではA2に勝てませんでした。

そしてA2がとどめを刺そうとした瞬間・・・、

彼女は2Bの「9Sを頼む・・・」という最後のメッセージを思い返します。

A2が使っているのは、2Bの剣であり、

彼女自身が、

この剣には2Bの記憶が残っている

と言っていたため、

きっと、その剣でとどめを刺すときに、無意識的な2Bの記憶がA2に流れ込んできたのだと思います。

そして最後の最後に9Sを攻撃する瞬間、

躊躇してしまいます。

これを好機と、9SはA2のスキをつきます。

そして、A2の剣が偶然9Sにも相打ちという形で戦いは終幕します。

二人とも倒れることに・・・。

もがく9S。

そしてA2はこの時点で最後を迎えます。。。

最後にやさしさから躊躇してしまったA2。。。

なんとも悲しい終わり方です。。。

スポンサーリンク

3Dエンディングへ。9Sのこれまでの悲しい心情が語られます。

ここから薄れいく意識の中で9Sの心情が全て語られます。

どうして9Sは2Bを愛したのか

2Bが自分を壊す存在だと知ったときどう思ったのか

など、真実が描写されていきます。

「僕は9Sです。貴方のサポートをするように指令を受けています」

2Bの印象は冷たい人だった。

きっと、僕と距離を取りたかったんだろう。

何度も壊さなければならない相手に、情が移らないように

でも、僕は・・・

「不安だった。頼れるモノもなく、信じる神もいない。」

「孤独だった。ただ一人。」

「本当にうれしかったんだ。誰かと一緒にいられることがうれしくて。」

まるで家族ができたようで。」

9Sがどうしてここまで2Bへ思いを募らせたのか、

自分を壊すための存在とうすうす感じていながらも、彼女を慕っていたのか。

それはずっと孤独だった任務のコマだった自分にとって、

唯一できた「一緒にいてくれる人」であり、

生まれてから信じるものもいなかった彼にとって、

家族のような存在だった」から。

たとえ自分を壊すために一緒にいたとしても、側にいてくれるだけでよかったんですね・・・。

普通のアンドロイドであれば、

人類こそが神であり、任務以外の感情をもたない

はずなのに、

9Sは最新型で高性能であるがゆえに、人間同様の感情を抱き、

神を信じていない(存在意義は人間のためではない)

という、本当に人間らしい、

ニーチェいう神はいない、この世界に意味はないという

ニヒリズム」に近いものを抱いていたんだと思います。

(ニヒリズムについては↓をどうぞ♪)

そんな彼にとっては、2Bや21Oはまさに「家族そのもの」で、

自分が生きる意味そのものだったと言えます。

だからこそ、たとえ理屈では分かっていても、

その二つが奪われたとき、

彼にとっての「生きる意味」は全て失われ、

もはやアンドロイドVS機械生命体

という戦いも、

人類も何もかもどうでもよくなりました

そして苦悩は最後に「復讐」という動機を与え、それによってのみ生きることができた、ということ。

逆に言えば、A2や機械生命体への復讐こそが彼の生きる動機を与えた、希望だったのかもしれません。。。

4そして9Sの記憶と魂は新たな世界へ。

全てのデータが汚染され、自分も消えていく・・・

それを悟った9S。

ここから、最後の結末まで物語は進みます。

段々と文字も薄くなり、9Sの自我が消えていくのが分かります。

この「神の塔」は、機械生命体にとっての「箱舟」であり、

新たな世界へ旅立つための宇宙船だったんですね・・・。

資源回収ユニットはそのための資材を集めるための存在であり、

彼らは最後に宇宙へ行こうとしていました。

そこにはアダムやイブの姿も。

汚染された9Sは機械生命体のネットワークに完全に同期しています。

「一緒に来るか?」

その言葉に憎悪はなかった。

何のために戦ってきたのか、

誰のために生きてきたのか、もう分からない。

そして・・・。

彼は「一緒に行くよ」を選択します。

ただ、やめておくよ、の場合は9Sは消えるだけなので、

ここでは「一緒に行くよ」にしておきます。

そして、9Sのデータを含め、機械生命体のネットワーク、そして汚染されていたアンドロイドの記憶全てをのせて、

箱舟」は打ち上げられました

これがDエンドになります。

もはや機械生命体にとっても戦う理由はなく、

憎悪や争う愚かしさから解放され、新しい世界へ旅立つ

そこには9Sの姿もあった・・・

という終わり方です。

彼の心情を描いた「同胞たちの行方」イベントでは、さらに彼の2Bへの想いとDエンドにつながる伏線が分かります。

スポンサーリンク

5Dエンドの感想

Dエンドの最後にまさか登場した、アダムとイブ。

アダムは「憎悪」こそが生きる理由であり、人類を解剖するため、生を感じるために戦っていました。

しかし、一度その生を終え、(最後を感じ)

イブを失ったことで、

最後は「穏やかな微笑み」と「憎悪もない」姿でイブを抱え、9Sを誘っています

アダム自身はデータをもちろんバックアップしていたはずなので、Cエンド以外は生き残ったということですね。

結局、機械生命体も、アンドロイドも最後は戦いの呪縛や愚かしさから解き放たれて、新たな世界へ飛び立つ・・・というのが、Dエンドでした。

個人的にはこれも一つの救いなのかな。と思います。

A2さんがちょっと悲しい終わり方でしたが・・・。

ですが、この先のEエンドでさらに物語は続きがあることが判明します

CもDもどちらも見た後に見られる真エンディング。

果たして彼らはどうなったのか。

次回はそこを見てみたいと思います。

かれん
今回は9Sを主点に、彼の心情や「どうしてあそこまで復讐に燃えたのか」という理由が描かれました。9Sくんの行動に理解できない部分もあったのですが、ようやくわかったという感じです。彼はずっと寂しかったんですね。。。
かれん
次回はいよいよすべてのエンディングの終点、「Eエンド」を考察します♪箱舟が飛び立った後、世界はどうなったのか。ハッピーエンドとは本当なのか、こうご期待です☆

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございました。

次回はEエンド、そしてその後、その他の26種類すべてのエンディングまで考察してみたいと思います。