マチだけがイルミ(ヒソカ)の正体に気付いていた!ヒソカはマチによって最後を迎えるのか?36巻背表紙カバーの意味とは(ネタバレ注意)【ハンターハンター考察】

かれん
ハンターハンター考察の続きです。今回はマチとヒソカをピックアップしてみます。前回の考察でまたも新しい発見をさせていただきましたので、そちらもご紹介します♪
カテゴリー別新着記事
モレナが遂に反逆!その目的と手段を考察!カキンマフィアの動向も分かりやすく解説してみた!ルイーニーvs幻影旅団【ハンターハンター考察】
【ネタバレ超注意】ツェリーニヒの念能力がついに判明!念獣に隠された悲しい伏線とテータの目的・今後について考察!384話ネタバレ注意。【ハンターハンター最新話考察】
【最新】ハンターハンター最強能力者考察!ランキング更新!王メルエムを超えた最強ついに決まる!?その脅威の能力とは【ハンターハンター考察】
【ネタバレ注意】幻影旅団は最後全滅?あの「予言」の伏線が衝撃!36巻表紙でイルミが持つ花の意味とシャルナーク・クロロの予言的中説について!【ハンターハンター考察】
【ネタバレ】冨樫義博先生の欅坂46仕込みの数々。仕込み多すぎ!どこまで好きなんや・・・【ハンターハンター考察】
【追記】11人いる(サイレントマジョリティー)の犯人確定か!(ネタバレ注意)ビルではなかった!【ハンターハンター考察】
【追記】イルミ敗北がネタバレされていた!?イルミvsヒソカ最強決定戦考察。イルミの変装能力についても考察。ヒソカがイルミに変装することは可能なのか?凝でわからないのか?【ハンターハンター考察】
【ネタバレ注意】唇のもう1つの意味!クラピカを襲う刺客の正体とビルの目的とは!「11人いる!(サイレントマジョリティー)」の正体確定か!36巻表紙裏冨樫先生の「ネタバレ。あえてね」のもう一つの意味!【ハンターハンター考察】
マチだけがイルミ(ヒソカ)の正体に気付いていた!ヒソカはマチによって最後を迎えるのか?36巻背表紙カバーの意味とは(ネタバレ注意)【ハンターハンター考察】
カチョウフウゲツの最後と念獣の悲しい能力!センリツの能力も!ついに船内から脱出したのに・・・ハンターハンター最新383話考察【ネタバレ注意】

最新記事はこちらからどうぞ♪

マチだけがヒソカの正体に気付く!ヒソカはマチによって最後を迎えるのか?36巻背表紙カバーの意味とは。【ハンターハンター考察】

以下ハンターハンター©より一部引用して考察します。

スポンサーリンク

前回の考察は以下をご覧ください。

そちらの追記+αとなっています。

1コメントより追記 マチはヒソカの正体に気付いている!

またもコメントより重要な部分の考察がありましたので、追記させていただきます。

マチがイルミ→ヒソカに気づいているは私も同じこと思ってました!

表紙からイルミがフェイタンを狙ってるとありましたがその考えがあると表紙カバーを取るとコミックを棚にする時に前になる縦に細いとこのイルミが裏はマチになっています。

とするとイルミがマチを狙ってるともとれます。逆もありで視線の線からマチがイルミをヒソカと気づいてて見てるとも取れ狙ってるとなると思っています。

by匿名さん(感謝)

マチがイルミの正体に気付いている!という考察です。

というわけで、もう一度幻影旅団の集合場面から、

よくよくマチの部分を拡大して見てみましょう。

たしかにマチがめっちゃイルミ睨んでる!( ゚Д゚)

ということは、この時点ですでにマチはイルミの違和感に気付いている可能性が高いです。

この自己紹介でイルミを大嫌いになって毛嫌いしている・・・という可能性もなくはないですが、(;´▽`A“

この考察を裏付けるもう一つのネタバレが以下にありました。

それが、36巻の背表紙。

これが今回珍しくカバーありとなしで描写が異なっていたのです。

36巻背表紙と、カバーを外した違いについて

早速36巻の背表紙と、カバーを外したものを見てみると・・・。

36巻背表紙。カバーバージョン。

カバーを外すと・・・↓

「マチがめっちゃ背後からにらんでる!( ゚Д゚)」

マチが裏からイルミとクロロをにらんでいる描写が描かれています

疑問に思っていたのですが、「マチがイルミの正体に気付いて、背後からにらんでいるネタバレ」という考察に当てはめて考えると、結構すっきりします。

ということは、冨樫先生は表紙にネタバレのイルミ=ヒソカを描き、さらに背表紙のカバーを外した部分にも「マチは正体気付いてますよ~」というネタバレを二重に仕込んでいたことになります。

う~ん、冨樫先生ならありえそう(笑)。

もちろん、これはイルミ=ヒソカ説という一つの考察ありきでの検討ですが、

逆にそれを裏付けている気もします。

※マチがにらんでいるのは団長クロロの可能性は?

「あれ?でも背表紙カバーってクロロもいるよね?ヒソカがクロロの可能性は?」

という疑問が出そうなので、こちらも検証してみます。あくまで蛇足的に見てみてください。

マチの視線の先にいるのは、イルミ、フェイタン、カルト、クロロの4人。

この中でヒソカが変装できるとしたら、イルミかクロロ。

ということで、クロロも怪しい・・・となるのですが、その根拠となるのが以下の2点。

情報のことを「カード」とまるでヒソカが言いそうな言い方をしたこと。

でも、これは情報をカードと呼ぶのはそこまで珍しいことではないため、根拠としては薄い気がします。

次に、その直後にシズクから「占い」のことを聞かれて、「本から消えた」と弁明しているところ。

占いというのは、ヨークシンで出会った占い少女「ネオン=ノストラード」のこと。

団長の説明通りだと、ネオンはすでに息絶えており、それゆえに団長の本から能力が消えた(クロロはネオンから占い能力を奪っていた)ということになります。

でも、ネオンはいったい誰が消したのか?という疑問。

占いができなくなり、つぶれてしまったノストラードファミリーが敵によって殲滅されたか、狂った父親によってやられた・・・という可能性があります。

ただ、それは定かではないのでここではおいておいて、

「本当はネオンは生きていたとしたら?」

つまり、シズクの「団長占ってくれませんか?」という疑問に対して、それをカワすために、ヒソカが「そういうことだ」と、嘘をついた可能性もなきにしもあらず・・・ということです。

これなら一応、あそこにいたクロロ=ヒソカだった、という考察も成り立ちます(イルミはイルミ本人)。

すでにクロロはヒソカによってやられたか、別の場所にいた、と。

ただ、それでも前回考察したイルミ=ヒソカ説と比べると根拠に弱い気がしてしまいます。

また先ほどのマチの背表紙のちょうど正面に来るのがイルミになっているので、その配置を考えてもやっぱりイルミがヒソカで、マチはヒソカvsクロロの戦いの行方を見届けた後、ヒソカと戦うのではないか?と勝手に思っています。

※逆にクロロはイルミ=ヒソカと気づいているのか?

これは個人的にはない、と思います。

前回のコメントで「カードは出し合った」というクロロの言葉はヒソカに気付いている団長の言葉から出たのでは?というご意見がありました(感謝)。

ですが、もし本当に感づいていたなら、あのクロロがその場で見過ごすかな、と。

私がクロロなら少しでも怪しいと思った段階で、イルミをまず拘束するなりし、

もしヒソカと分かったなら、その場で全力で狩りに行くはずかなって。

というわけで、クロロはまだ正体もヒソカの居場所もわかっていない、と考察します。

「クロロが見逃すか?凝はどうなる?」

という、その辺の疑問も↓に考察しています。

つまり、現時点でマチだけはこのイルミの違和感、あるいはヒソカの匂い・オーラに気付いており、今後イルミを狙っていく可能性が高そうです。

スポンサーリンク

2マチはヒソカが好きだったのか?そして、ヒソカはマチによって最後を迎えるのか?

冨樫先生の作品に以外とかかわってくる「男女関係」という要素。

幽遊白書の戸愚呂と幻海しかり。

ヒソカとマチの関係にもそれに近いものを感じていた方がいたかも?←私(n*´ω`*n)

天空闘技場がマチの初登場シーンでしたが、二人の出会いはまだはっきりと示唆されていなかったはずです。

ですが、「さっさと腕見せて」という言葉(また治すわの意味)から、以前から古い付き合いがあり、お金を通して長く付き合っていたことが分かります。

ちなみに「あの」ヒソカが女性を食事に誘うシーンは今となっては貴重・・・!

ヒソカはやっぱりマチが少しは好きだったのかな・・・?

そしてヒソカがクロロにやられて命を落としたとき、ただ一人だけ残ってヒソカの顔を縫ってあげようとしていたマチ。

「団長の除念・・・ありがと」

という姿は、単にお金の契約だけの付き合いではなく、ある意味親密な関係を見せています。

個人的には、二人の関係はお金以上に、友情関係が少しはあったのではないかなと。

そして、ヒソカとマチのこのシーン↓

「もしボクが団長をやったら・・?」

「ありえないわね。でも答えてあげる。どこまででも追いかけてあたしがアンタを〇す

「それいいね♦」

と答えるヒソカの顔が少し寂しそうに見えるのは私だけかな。。

本当のヒソカなら、たとえばクロロに「お前をこ〇す」と言われたら、

「ズキューン!」という感じで歓喜の顔をするはず・・・!

でも、このときだけは少し寂しそうな顔をしています(珍しく)。

ということは、やっぱりどことなくマチに好意があったのかも。

それでも「強い者を狩る」というヒソカの一番の欲求が彼にとってはすべてなので、最終的にヒソカはマチすらもその手にかける、という判断に至った、というのが私の見方です。

冨樫先生は恋愛も直球では書かないし、そもそもヒソカなので、また独特な関係をマチと作り上げている、というのが考察ですが、

もしも、冨樫先生がこの二人の関係と、「どこまででも追いかけて行ってあたしがアンタをこ〇す」という言葉の伏線を実現するとしたら

戸愚呂と幻海に近い感じの二人の決闘の末に、ヒソカがマチに最後は敗れる、というシーンが描かれる可能性もなきにしもあらずかな、と(妄想しすぎかも)。

そして、それがマチが一人だけヒソカの正体に気が付いた、ということにもつながってくるのかな、と(二人の関係性を象徴)

さらにちなみにですが、実はマチはこの時点でヒソカによって命を取られる可能性があったことを冨樫先生はコメントされていました。

ヒソカがマチを生き残らせたのは、

「単純に幻影旅団に伝える伝令が必要だったから」

「マチを生き残らせた方が面白そうだと(ヒソカも)私も思った」

からだそうです。

ということは、やっぱり今後のヒソカにはマチが大きく絡んでくるのは間違いなさそうですね。

かれん
というわけで、ヒソカとマチの関係性と今後の展開について妄想多めで勝手に考察しました(笑)。旅団は全滅するとして、もしかしたら最後はヒソカも一緒に・・・?という可能性もありそうなのでその辺も目が離せません!

スポンサーリンク

ネタバレ。あえてね。の意味についてさらに追記しました↓

『マチだけがイルミ(ヒソカ)の正体に気付いていた!ヒソカはマチによって最後を迎えるのか?36巻背表紙カバーの意味とは(ネタバレ注意)【ハンターハンター考察】』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/10/11(木) 00:35:39 ID:3fb5a1b71 返信

    声についてなにも言及されていませんが、ヒソカは声まで変えれる可能性もあるということでしょうか?

    • 名前:かれん 投稿日:2018/10/11(木) 00:40:36 ID:43551e7e8 返信

      たしかに、これまでのハンターハンターではヒソカが声まで変えられる描写はありませんでしたね。
      ドッキリテクスチャーまたはバンジーガムで声帯を調整する、またはイルミの協力で針によって変えている、あるいはそういう念の道具がある、など後付けは可能ですが、それはこの考察のネックにもなりそうです。

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/10/11(木) 07:00:00 ID:70330e530 返信

    そもそもイルミ=ヒソカであるなら顔にドッキリテクスチャーなど念による加工が施されてるのと、偽イルミの手足の欠損部分も自身の念により具現化されているわけですよね。
    その場合凝で見られたら一発でばれると思うんですが、逆に新メンバーに対してそれをしなかったとなると旅団も底が知れるといった事になってしまいます。
    念を使わずに変装しているとしても(整形や義足など)、ヒュリコフが体の念の流れを見ていることなどから旅団もそれぐらいは未知の相手への対処法として共通認識はありそうですし、仮にヒュリコフがその部分で長けているとしてもせめて団長ぐらいは見破れていないと旅団は念能力に一切対処できない集団に成り下がってしまいます。

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/10/11(木) 07:07:06 ID:70330e530 返信

    連投失礼します。
    よくよく考えると以前ヒソカはラブリーゴーストライターでの予言を改ざんした際それを団長に予言の書いた紙を見せていましたね。
    あの段階ではマチしかヒソカの念能力を知らなかった可能性もありますが、ドッキリテクスチャーは凝をしてもわからない可能性もあるかもしれませんね。

  4. 名前:マルやん 投稿日:2018/10/11(木) 08:49:40 ID:303a47af4 返信

    確かに団長気づいてたらすぐにでも仕掛けそうな感じに思えてきた。さらに声帯のこと指摘されてあ!ってなりましたw盲点だった。とイルミ=ヒソカ説が私の中で薄れてきてました。そもそもヒソカ旅団に紛れなくてもいいんじゃね?とも思って改めて他の人の考えも見てきました・・・こんなツイートがありました!!!ハーイ!ボクはイルミ!これがこう見えたとツイートありました!ハーイボクはイルミ、ハイボクはイルミ、敗北はイルミ!鳥肌立ちましたがこれはたまたまなのかそれともヒソカは既にイルミを負かした(やった)のかだとすると死人に口なし説はかなり濃厚になりやはりイルミ=ヒソカ説がありな気がしてきましたがこれを踏まえてもう少し検証はしたいと思いました。

  5. 名前:匿名 投稿日:2018/10/11(木) 09:56:27 ID:e5fcaa083 返信

    私もイルミにヒソカが化けている可能性は考えつきましたが、やはり声まで変えられるものなのか?という点が引っかかります。
    十老頭の始末の件でクロロとイルミには繋がりがあるようですし、まして親族のカルトにはすぐバレてしまいそうです。
    ただクロロと、カルトは特に、変装を看破しても自分がやるためにメンバーには言わないという可能性もあるかなと…。

    イルミが本人だとするとヒソカの依頼を「キルア(アルカ)を手中に収める」ことより優先するだろうか?という疑問が浮かびます。
    依頼を受けないならキルア達を手にかけるというような脅しがありイルミが内心ブチギレている可能性もありますが。
    長々と失礼しました。今後の考察も楽しみにしています。

    • 名前:かれん 投稿日:2018/10/11(木) 10:37:49 ID:95a2d2488 返信

      ありがとうございます。(*´˘`*)
      イルミのアルカを手に入れる、という目的は今の所、全力で奪いに行って簡単に飛ばされた=イルミにも手が出せないキルアの力、という所で保留したのかも??と思ってます(笑)。

      あるいはゾルディック家の先祖がアイアイ(ナニカ本体)を手に入れた記録を知り(詳しくは伏線考察の記事に書いてますので、ぜひ♪)、そこからイルミの目的のお宝として暗黒大陸を目指している…という可能性もあるのかなって。

  6. 名前:マルやん 投稿日:2018/10/11(木) 10:14:38 ID:303a47af4 返信

    怪我は治しているんではないでしょうか?ゴムの念で形どったからイケるかもしれませんがちょっと状態的に中途半端な気がします。と言っときながどうやって治したの?と聞かれると分かりませんwとなりますがw

    • 名前:かれん 投稿日:2018/10/11(木) 10:31:17 ID:95a2d2488 返信

      そうですね(笑)。
      さすがに首がボロボロ、手は指無しで、さらに足首も無い状態でそのままいる可能性は低いかも…。

      シャルナークとコルトピは不意打ちとしてもその状態で戦いましたし、マチに治して貰えば良かったのに、と私なら思っちゃいますが、
      あの時は敗北の激情でそういう気持ちが飛んでいたのかもですね。

      今はどちらかと言うと冷静に蜘蛛を狙っている気がします。

  7. 名前:かれん 投稿日:2018/10/11(木) 10:26:46 ID:95a2d2488 返信

    ありがとうございます。(*´˘`*)
    皆様のご意見すごく参考になります。

    イルミ=ヒソカ説のネックは、声と凝でバレるリスクが高い、ということ。

    ハンターハンターの世界観はかなりシビアでもあるため、これをクリアしないと確実ではないですよね。

    ただ、3さんのおっしゃる通り、ヨークシンでヒソカは占いをドッキリテクスチャーでカモフラージュして堂々と見せたことがあるため、凝でも見破られにくいorたとえ見破られたらそれはそれで即戦闘の「スリルとリスク」がヒソカは案外好きかも?
    とか思ったり。

    もちろん「ネタバレ。あえてね」には刺客ビルみたいな別の意味を示している可能性もあるため考察しがいがありそうです(笑)。

    イルミが本人で、ヒソカと敵対してハーイボク(敗北)する可能性もあり、そのバトルは私も見てみたいです。(o´罒`o)ニヒヒ♡

  8. 名前:匿名 投稿日:2018/10/12(金) 22:52:53 ID:b4f08d09f 返信

    マチは勘が当たるんでしたっけ?
    良く練られた構図だなあ

スポンサーリンク
スポンサーリンク