PS5を今買うべきじゃない理由!PS5のデメリットと新型PS5PROの詳細スペック情報。特許が発表され、XboxSXを超える可能性を示唆【プレイステーション5PRO】

かれん
PS5が2020年に発売ですが、正直、今買うべきか迷っている方も多いはず。そんな中、PS5PROの情報が入ってきましたので共有します。PS5PROでるなら、それまで待つのがいいかも。
カテゴリー別新着記事

最新記事はこちらからどうぞ♪

PS5は買わない!PS5PROの詳細スペック情報。特許が発表され、XboxSXを超える可能性を示唆【プレイステーション5PRO】

スポンサーリンク

※あくまで予想(リーク)であり、公式のものではないことをご了承ください。

1PS5を今買わない理由

PS5がついに2020年に発売となり、PS4から数えるとちょうど7年ぶりとなります。

PS1リリース日 1994年12月3日
時間間隔 5年3ヶ月 – 1918日間
PS2リリース日 2000年3月4日
時間間隔 6年8ヶ月 – 2444日
PS3リリース日 2006年11月11日
時間間隔 7年5日 – 2562日
PS4リリース日 2013年11月15日(XBoxは7日で勝利)
時間間隔 およそ – 7年1日 – 合計2558日
PS5発売日 2020年11月12日

7年・・・。

ゲーム業界にとって7年という歳月の進化はとんでもないもので、実際10年前のゲームをプレイしてみると、グラフィックやら動作やらで「あれ・・・?こんな感じだったっけ?」と思うこともあります(逆に今でもめちゃめちゃ感動するソフトも多いですが)。

それくらい、PS5の進化っぷりに期待大なのですが、でも、よくよく考えると、

「あれ?PS4でも今めちゃめちゃすごいし、今慌ててPS5買う必要なくない?」

という意見も周囲には結構多かったりします。

※PS5の詳細スペックは↓に書いています。

PS5を買うか買わないかは、正直個人の問題なのですが、今回は別に今買わなくてもよくない?

というか、むしろ今プレステ5を買うべきではないんじゃない?という理由を書きたいと思います。

最近のメディアって商品のいいところばっかり紹介して買うのを煽るし。。。そうじゃなくてもいいんじゃない?と。

PS5を買うつもりの方は、どちらかというとPS5のマイナス(デメリット)の視点の記事になりますので、スルー推奨です。

1PS5は値段が高すぎる

価格は通常版が49,980円(税別)、デジタルエディションが39,980円(税別)です。

スペックは、正直ゲーム機としてはすごすぎるレベル。

もちろん、ディスクあり版とディスクレス版で値段が違うのですが、

コントローラー、ヘッドホン、充電器、リモコン、カメラといった周辺機器(別売り)+ソフトをそろえると、10万円は超えるでしょう。

ゲームにここまでのお金を出せるか?と迷う方も多いはず。

10万て…( ˘ω˘ ) スヤァ…

本体と周辺機器だけで10万であれば普通にPS4のソフト大量に買ってめちゃくちゃ遊べるし

というか、そんな大金あったら、もっといろいろやりたいことに使えそう。。。

2実際グラフィックはきれいだけど、PS4でも充分満足できるレベル

PS5の売りは何といっても、ロード完全なし!の超グラフィックです。

ただ、↑のバイオハザード8の画像を見ていただくとわかりますが、PS4のバイオ7とグラフィックがびっくりするほど違うか?と言われれば、そんなでもないのです。

それはドットだったゲームが3Dになった驚きだったり、

初代プレステのFF7の革新的な進化だったり、

FF8のよりリアルさだったり、

PS2になってのFF10でのボイスアンド超絶グラフィックの感動だったり、そういう激変とも言える進化が体験できるかと言ったら、うーん、かもしれません。

もちろん、PS5のシームレスやPS5のスペック自体はめちゃめちゃすごいので、今後ソフトによっては、激変を感じることになると思いますが、

少なくとも、今はPS4でも充分なほどの美しさや表現ができており、慌ててPS5を買うレベルの感動は得られないと思います。

画像は大分前に発売されたウィッチャー3。

というより、このレベルでグラフィックはほぼ完成形と言ってもよさそう。

それなら、PS4でまだいいんじゃない?というのが理由の一つ。

3ソフトもしばらくはPS4との相互互換になりそう

バイオハザード8はPS5単体での発売になります。

(だからこそ管理人はPS5を買うのですが・・・(´;ω;`))

これはバイオ8がPS4のスペックでは足りないため。

でも、しばらくはPS4のスペックでも充分かつ、PS4とPS5で同時に出すソフトも多いと思います。

つまり、いずれはPS5のソフトが主流になると思いますが、それまでは慌てて買わない方がよいということ。

その時には、新型のPS5が出ているはずです。

初期のローンチソフトもめちゃめちゃ買いたい!というものがないのであれば、狙った作品がPS5単体で出るまで待つのがいいかも。

バイオ8もいずれおそらくPC版とかいろいろ出そうだし。

4PS5は大きすぎる!

これが実際のPS5を持った大きさ。

これだけ見ると普通っぽいけど?

有志によるPS4PROとの比較を考えると、縦に結構というかかなりでかいです。

まぁ、このコントローラとの比較でなんとなく分かりますが、厚みとか考えても大きい。

うん、スリムが出るのを待つか・・・。ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙となるんです。

5初期型には大体不具合があるもの。PS5もしばらく待った方がよい

ご存知の方も多いと思いますが、PS3の初期型は100万台中10万台の初期不良があったそうです。

PS4の時はそれほどではなかったですが、発売直後に買った海外勢の方は結構大騒ぎしていました。

PS4も初期型はファンの音や排気熱がすごかったりして、新型のPS4だとディスク強制排出などのバグがでないように対策されているし、消費電力も少なくなったり、容量も増設されてかなり改善されています。

どんな商品でもそうですが、どんなに試験をしていても、実際に発売されると不具合はいろいろ起こって、ユーザーの意見等をもとに改善されていくもの。

そして、しばらくして改善版の新型が発売されています↓

つまり、PS5もすぐに買うよりもしばらく待ってから買った方がよいということ。

そして、改善されたPS5が出るころには、有名タイトルだったり、PS5専用タイトルも充実してきて、さらに値段も安くなって、いいことづくめ。

よっぽどのファンでないのなら、時流にのせられて買うべきではないという理由がここにあります。

そして、そんなメリットを裏付ける新型PS5PROの情報も入ってきています。

これがこの記事のメインでもあります(笑)。

スポンサーリンク

2新型PS5PRO のスペック情報。XboxSXを超えるか?

PS5も話題ですが、同時に新型XboxSXも海外ではめちゃめちゃ話題です。

日本だとPS5の方が有名だけどね・・・。(;^ω^)

その中に、実はPS5は開発のコストが高く、さらにPS5はスペック上4K画質でゲームを動作させるのに苦労するかもしれない、真の4K解像度かつ60fpsを期待しているプレイヤーにとっては、ある程度は覚悟しておくほうが良い、という言及があります。

『PS5』と『XboxSX』のコストについて

・「ソニーは500ドルにしようと全力を尽くしていると思うが、損することになるだろう。私は『XboxSX』の方が製造コストが高いと思っていたが、『PS5』の方がコスト高くて、性能が低いという声を聞く」

・有名インサイダーであるDusk Golem氏も「『PS5』で動作する『バイオハザード ヴィレッジ』に関して、初期開発に問題を抱えている。『PS5』の方が高価なゲーム機になる可能性があることを覚悟しておいたほうがいいと思います」

・500ドル以上の価格でこれだけの台数が売れるとは考えにくい。

・ブルームバーグでは、『PS5』の部品代が約450ドルで、ソニーの来年度の財務予測を見ると、ハードウェアでの損失は少ないと見ている模様。

出典:海外ゲームメディア『Games Beat』の記者であるJeff Grubb氏の配信より

PS5のグラフィック性能は最大10.28FLOPS、マイクロソフトのXbox Series Xは12FLOPSと公表されています。

つまり、実際はXboxSXの方が開発コストが低い(値段が安い)上に、スペックも上でゲーマーの要求を満たすものになることになりうるということ。

だからと言って、特に日本だとPS5の方が売れるでしょうし、そもそもスペック的にはPS5ですごすぎるレベルだし、ソフトのことも考えてPS5を買う方が多いと思います。

ただ、これを受けて、ソニーがさらにスペックの高い新型PS5PROをそう遠くないうちに出す可能性があるのです。

そして、実際にそのスペックに関連しうる特許が出されました。

A newly published patent has hinted at the possibility of a PS5 Pro console, or similar, eventually being revealed by Sony. A “high end” system mentioned in the patent summary could feature multiple SoCs. Coincidentally, it appears the Xbox Series X has been demoted from being “the most powerful console ever”.・・・以下略

出典:https://www.notebookcheck.net/

ソース:http://www.freepatentsonline.com/

簡単に書くと、

『家庭用ゲーム機とクラウドゲーミングのためのゲーム機のCPU/GPU設計』に関するソニーの特許の一部が公開された。

・内容は『PS5 PRO』、もしくはそれに類するものが開発されるのではないかと推測されている。

・特許の概要に記載されている『ハイエンド』システムは複数のSoCをクラウドゲーミングサービス(PS Now)に使用する可能性があるが、『PS5 PRO』のようなゲーム機や通常のゲーム機をより『ハイエンド』なものにするためのPS5アップグレードの可能性があることを示唆している。

・『ハイエンド』のシステムは、ランダムアクセスメモリ(RAM)などのメモリをより多く搭載することができ、同じゲーム機チップを使ったクラウド最適化版でも、より高い性能を持つものを提供する可能性があるとのこと。

・発売前に『PS5』のスペックを上げるという噂が以前からあったため、上記のメモリ増設についてと一致している。

・この特許が出現したせいで、『XboxSX』は『史上最強のコンソール』から降格された。

というものです。

これ自体、確実にPS5の新型がすぐ出ることを保証するものではないですが、

間違いなく、いずれはスペックの向上した新型のPS5PRO(仮)がでるでしょう。

実際にPS4の時と比較すると、

2014年2月 PS4発売

2015年7月 PS4slim発売

2015年10月 値下げ

2016年9月 PS4pro発売

つまり1年半後には、より小型化した新型が出ており、さらに、その少し後に値下げ。

そして2年ちょっとで新型のPS4PROが発売されています。

そして、PS4ソフトの盛り上がりを考えると、この期間はちょうどよかったとも言えます。

逆に慌てて買った人(私)は、初期型から結局2台買い替えています。。。_(┐「ε:)_

ファンの音とか熱とか、容量がね・・・。_(┐「ε:)_ズコー

スポンサーリンク

まとめ

つまり、PS5を買うベストタイミングは、

1PS5専用タイトルが充実するまで待つ

2絶対に小型&よりスペックの高い新型が出るから(しかも1、2年くらいで)、それまで待つ。

3今はとにかく値段が高いし、不具合もありうるから、それが改善されるまで待つ!

ということになって、1年後~2年後くらいがベストかと。

それまでは今の新型PS4PROで遊びつくしてればちょうどよさそう。

逆に今買うべき人は、お金がある、とにかく新型が欲しい、バイオ8をすぐやりたい(私)、不具合とかあってもサポートとかに電話するわ!っていう人ですね。(;^ω^)

いろいろ悪いことを今回は書きましたが、やっぱり新型ってわくわくするし、それだけでも体験として買う価値はあると思います。

どちらを取るかはやっぱり個人の問題なのですが、メディアとか見てると買い煽りが多いので、そこは慎重に見極めたいところ。

充実したゲームライフを♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク